2017年11月22日 (水)

双六、絵はがき、古写真、コレクション

KONITANとパソコン(Mac)Webサイトの「コレクション」ページに、「古写真コレクション」を追加しました。
「双六」と「絵はがき」も少し増えています。

2017年11月17日 (金)

Amazon Prime ビデオをみようとしたらHDCPエラー

Hdpc
Amazon Prime ビデオをみようとしたら、HDCPエラーになりました。
調べてみると、Safariだとエラーになる、Chromeなら大丈夫と出ていました。

Firefoxでも大丈夫、エラーにはなりません。

2017年11月16日 (木)

MacBook Pro とフィリップスの258B6QUEB/11の組み合わせは、クラムシェルに最適

Photo
2017年11月11日の記事で、「MacBook ProのUSB-Cとフィリップス25インチWQHDモニタとの相性は抜群」と書きましたが、もう一度書き直します。



258B6QUEB/11を選んだ理由の一つは、将来的にMacノートを買い換えたときに、USB-Cケーブル1本の接続で、外付けディスプレイを使いながら、充電でき、LAN接続、USB機器接続ができることでした。
今回MacBook Pro 13 2017になったので、USB-Cケーブル1本でこれらの機能を使えるようになりました。



MacBook Pro 13 2017は、電源が切れているときに、蓋を開けるだけで電源が入ります。また、蓋が閉じていて、外付けディスプレイに接続されていると、電源アダプタに接続されると、電源が入ります。
つまり、MacBook Proと258B6QUEB/11とを接続しておいて、ディスプレイの電源を入れると、MacBook Proの蓋を閉じたままで電源が入り起動します。



MacBook Pro 13 2014のときは、クラムシェルでMacを起動するために、スタンドから外して蓋を開け、電源ボタンを押す必要がありましたが、MacBook Pro 13 2017では、ディスプレイの電源を入れるだけで、クラムシェルで使えるようになりました。


2017年11月13日 (月)

譲ったMacBook Pro 13 2014は

2017年11月6日の記事に書いたように、MacBook Pro 13 2014はMacノートを使いたい知人に譲りました。

Appleの「Macを売却または譲渡する前に」に従ってバックアップを作成し、iTunes、iCloud、iMessageからサインアウトし、ペアリングしたキーボードとトラックパッドを解除しました。
その後、macOS High Sierraをクリーンインストールして、「ようこそ」画面でシステム終了しました。



Apple製品を譲渡するときは、いくつかの儀式が必要なので、注意が必要です。

2017年11月11日 (土)

MacBook ProのUSB-Cとフィリップス25インチWQHDモニタとの相性は抜群

Usbclan
2017年9月の記事に書きましたが、9月にフィリップスの25インチWQHDモニタ258B6QUEB/11を購入していました。

購入時はMacBook Pro 13 2014だったので、接続はThunderbolt → Displayportケーブルを使っていました。つまり、単に外付けディスプレイとしてだけ使っていました。



このモニタを選んだ理由の一つは、将来的にMacノートを買い換えたときに、USB-Cケーブル1本の接続で、外付けディスプレイを使いながら、充電でき、LAN接続、USB機器接続ができることでした。


今回MacBook Pro 13 2017になったので、USB-Cケーブル1本でこれらの機能を使えるようになりました。つまり、外付けディスプレイとUSB-C アダプタとして使えるようになりました。



実際に使ってみると、これはとても便利です。私は最近MacBook Proをデスクで使うことが多いのですが、持ち歩くことも多い人は、もっと便利に感じるでしょう。

2017年11月10日 (金)

MacBook Pro 13 2017への移行 JetDrive Liteは

これまでは、MacBook Pro 13 Mid2014 128GBのSDXCスロットに、JetDrive Lite 330 128GBを入れたままで使っていました。

MacBook Pro 13 2017では、このJetDrive Lite を使うことができないので、フラッシュストレージは256GBにしました。
Mac_data_2


この256GBのストレージは、High SierraではAPFSフォーマットになっており、「ボリュームをAPFSコンテナに追加する」で「Mac Data」という名前でボリュームを作りました。
それから、「JetDrive Lite」の内容を「Mac Data」にコピーしました。



これまで、Macintosh HDとJetDrive Liteとを使い分けるのに慣れていたので、このようにしてみました。

2017年11月 9日 (木)

MacBook Pro 13 2017へ移行後のパスワード入力など

2017年11月8日の記事で、移行のときにすべての情報を転送したと書きました。



移行前に、これまで使っていた2014にインストールしていたPhotoshop Elementsはアンインストールしました。これは、ホームページに書いたように、以前トラブルになったためです。最近はアンインストーラーがついているので、これを使います。

また、Boom3は登録解除しました。これは、たまた注意書きを読んだときに「他のMacに移行のときは、登録解除してから」というのを見つけたためです。


App Store以外で購入した、その他のアプリケーションについては、何もしていません。



移行後は、登録コード、ライセンスキーンなどを入れ直さなければならないものと、何もしないでそのまま使えるものとがありました。


またHigh Sierraの「メール」では、メールのパスワードを入れる必要がありました。


2017年11月 8日 (水)

MacBook Pro 13 2014から2017へ移行

今回は急いで移行する必要があったので、セットアップ時に「このMacに情報を転送」でTime Machineからすべての情報を転送することにしました。



MacBook Pro 13の箱に書いてある出荷日は10月10日なので、てっきりHigh Sierraがインストールされていると思ったのですが、実際はSierraでした。

そのためHigh SierraでバックアップしたTime Machineデータを受け付けませんでした。


仮のセットアップでHigh Sierraにアップグレードしてから続けたのですが、バックアップと同じユーザー名になり引っかかりました。

面倒なので、High Sierraをクリーンインストールしてから、すべての情報を転送しました。



これらの過程で、起動時の「ジャーン」が鳴らないので心配になりましたが、MacBook Proの2016年モデルから、起動音が鳴らなくなったそうです。

2017年11月 6日 (月)

High Sierra で、消せなかったメールボックスを削除


2017年9月29日の記事で書いた方法で、メールデータを移行したのですが、自動的に作成されたメールボックスで、削除できないものがありました。



今日たまたま「ようやく解決 Mac Mailでメールを削除できなくなる問題」というサイトを見つけ、そこに書いてある方法で、削除できました。



方法は、削除したいメールボックスを選んで、[メールボックス]→[再構築]とクリックしてから、削除したいメールボックスを右クリックして[削除]します。

MacBook Pro 13 2014を譲って、急いで代替機を購入

これまで使っていたMacBook Pro13 2014を急に譲ることになり、代替機を購入しました。



代替機は、直前に在庫確認をした、整備済MacBook Pro13 2016にするつもりでしたが、譲る話が決まってから確認すると、残っているのは高額なTouch Barモデルだけになっていました。



米国では、整備済MacBook Pro13 2017が販売されているので、日本でも扱うのは時間の問題だと思われます。しかし、あまり待てないので、若干高くなりますが、MacBook Pro13 2017の新品を購入することにしました。

量販店で価格交渉をしてみたところ、ポイント還元を考慮すると、割りと安くなる店はありました。しかし、一時的に支払う額を少なくしたいので、今回は価格comに出ていた店で購入しました。


機種は、Touch Bar無しの、256GBモデルです。

«KONITANとパソコン(Mac)Webサイトの更新 2017.10.24