2018年2月 2日 (金)

Windows用 ESET Smart Security を ESET Internet Security にバージョンアップ


キヤノンITソリューションズから、次のようなメールが来ていました。


『2018年1月30日より、新バージョンプログラム
「ESET Internet Security V11.0.159」の提供を開始しました。
・・・現在、Windows端末でESET製品をご利用中のお客さまは
ぜひこの機会にバージョンアップ(無償)をご検討ください。』



これまでは ESET Smart Securityを使っていたので、まずこれをアンインストール。

それから ESET Internet Security をインストールした。
ちょっと面倒だし、かなり時間がかかった。


ESETは操作手順がとても詳しく書いてあるので問題ないが、新規インストールになるので「製品認証キー」の入力が必要になる。この「製品認証キー」がいつも分からなくなる。

今回、ESETライセンス管理システムを再確認、ESET CLUB というのがあることを見つけた。これで、今後は「製品認証キー」で悩まなくても済みそうだ。


2018年1月30日 (火)

Mac用年賀状ソフト「宛名職人 Ver.24」を使ってみた

年賀状の宛名印刷には、長い間「筆まめ」を使ってきました。最近まで使っているのは2010年発売のver.21です。年賀状以外にも、たまに封筒への印刷にも使ったことがあります。

2010年より前に「筆ぐるめ」や「筆王」も購入したことがありますが、「筆王」は気に入らなかったので結局使いませんでした。筆まめは1回だけ使った記憶があります。



年賀状の文面作成には10数年以上 Photoshop Elements を使っているので、「宛名だけ印刷ソフト」だけが欲しいのですが、何故か年賀状文面作成と一緒になったものしかないのが不満です。


2012年から本格的にMacを使い始めましたが、年賀状の宛名だけはWindows版「筆まめ」で行なってきました。

昨年暮れに「宛名職人 Ver.24」を購入して使ってみましたが、私の使い方では『かろうじて年賀状の宛名印刷には使える』レベルでした。

住所録の管理は2010年の「筆まめ」の方が断然便利ですし、宛名印刷のレイアウトや均等割付でも「筆まめ」の方が優れていると思います。



一番不満なのは価格で「宛名職人」は高すぎます。最近はMac用「筆ぐるめ」もあるようですがこれも高いようです。海外のMac用ソフトは一般に低価格で優れたものが多いのですが、なぜ日本のMac用のものは高いのでしょうか。



「筆まめ」の開発者にMac用「宛名だけ印刷+住所録管理ソフト」を開発してもらいたいと思います。



2018年1月22日 (月)

双六の公開が450点を越えました「絵双六コレクション」

Webサイト「絵双六コレクション」。

2018年1月15日 (月)

iPhone 5s は iTunesを使ってIOS 11.2.2 にアップデート

IOS 11.2.2へのアップデート、iPad Airは単体で簡単にできたのですが、何故かiPhone 5sはできませんでした。
そこで、MacBook Pro 13に接続して、iTunesを使ってアップデートしました。

2018年1月12日 (金)

絵双六の公開が400点以上になりました「絵双六コレクション」

Webサイト「絵双六コレクション」をご覧ください。
目標の500点まで、あと一息です。

2018年1月11日 (木)

USB-C接続の2.5インチHDDケースSalcarを購入

25hddusbc_2

Time Machine用などに使う、USB-CインタフェースのハードディスクケースSalcarを購入しました。

これまでは、USB3.0接続のケースを使っていましたが、MacBook Proに合わせてUSB-Cケーブルで接続するものを選んでみました。速度を測っていないのですが少しは早くなっているのでしょう。



Salcarのケースはとてもシンプルな構造です。残念なのは付属のケーブルがUSB-C to USB3.0なので別途USB-C to USB-Cケーブルを購入することになりました。

2018年1月 5日 (金)

絵双六の公開は300点以上になりました「絵双六コレクション」

Webサイト「絵双六コレクション」を、ぜひご覧ください。

2018年1月 1日 (月)

2018年の年賀状 イラストと双六

2018_3
あけましておめでとうございます。



年賀状のイラスト「犬ソリ」は、大正十五年一月一日発行「二年の小學生 新年號付録」『コドモアソビスゴロク』池田幸太郎先生画、からのものです。
753480
753480_2


MacのPhotoshop Elementsを使い、犬ソリの部分を拡大してから色を修正しました。原画の雰囲気を残すために、単色で塗りつぶさないで、いくつかの部分に分けて色を修正してから、再びそれらをつなぎ合わせます。そして、仕上げにおまじない加工をしました。

この犬ソリの図とよく似たイラストを、たまたま別の双六でも見つけました。
いずれも大正十一年一月発行「ワンワン双六」の『ソリヲヒク』および「犬づくし双六」の『ソリヒキイヌ』です。
468
430
年賀状のイラストに双六の画を使い始めたのは、2005年、平成十七年からです。この年だけはWordを使いましたが、2006年からはPhotoshop Elementsを使っています。



オリジナルのデジタルデータが粗いので、まず拡大をしなければならないのが不満です。次に、紙の折り目や汚れを修正します。その後、不要部分を消しますが、苦労するのは切り抜きです。

それから色を修正します。全体を一度に修正できないので、幾つかの部分に分けて色を修正してから、またそれらを組み合わせます。

もともとは平面的な画の背景をぼかしたり、不足部分を補ったりしたこともあります。周りをぼかしたり、影をつけたこともあります。

2017年12月26日 (火)

「絵双六コレクション」公開点数が200以上になりました

Webサイト「絵双六コレクション」をぜひ一度ご覧ください。

2017年12月23日 (土)

USB-C接続のEthernetエラー、Realtekのドライバインストールで解決

2017年11月27日、12月5日、12月19日の記事に書いた、USB-C LANで「大量のデータを出力するとエラーになる」件は、Realtekの最新ドライバインストールで解決しました。

MacBook Pro 13 Mid2017 Touch Barなし256GB、macOS High Sierra 10.13.1。
これをフィリップスの258B6QUEB/11にUSB-Cケーブルで接続し、有線LANで大量データを出力するとエラーになる、というものでした。



確認のために、BelkinのUSB-C to Gigabit Ethernet Adapterを使うと、エラーになりませんでした。

そこで、フィリップスモニター・サポートセンターに電話をしたところ、「似たような通信エラーで、Realtekのドライバ更新で解決した」とのことでした。



教えられたRealtek RTL8153のMAC OS 10.6 to 10.13用ドライバ Version 1.0.17 2017/12/19をダウンロードしてインストールした結果、エラーはなくなりました。
速度もかなり速くなりました。
4_2

BelkinのAdapterを使っても速くなりました。


ドライバのインストールは「RealTek ネットワークドライバ」と検索して、
「Network・・・」→「・・・Gigabit Ethernet」→「USB 3.0」→「Software」と進んで、Others の MAC用をダウンロードしました。
Realtek_3

«USB-C接続のEthernetがエラーになる