2018年11月12日 (月)

Mac Firefox 重い、サイトが表示されない ときは「プロキシを使用しない」

少し前から、突然 Firefox が重い感じになりました。具体的には、他のブラウザでは表示されるサイトでも、止まったようになって表示されません。
調べても対策情報が多く有りすぎて、迷いました。結局、これが一番効きそうなので「プロキシを使用しない」にしたところ、表示されて速く動くようになりました。

デフォルトで「プロキシを使用しない」ようにしないと、個人ユーザーは減るのではないでしょうか。
20181112_11092420181112_110947_2

2018年11月 8日 (木)

Mojaveのソフトアップデート

Mojaveでは、システムのアップデートは「システム環境設定の ソフトウェア・アップデート」から、アプリケーションのアップデートは「これまで通りAppストア」から、になったのですね。
20181108_144723

2018年11月 7日 (水)

Parallels Desktop 14 でWindows 10を使ってみた

Parallelsから図のようなメールが届いていました。Parallels 11ユーザーがParallels 14にアップデートできると書いてあります。ParallelsのサイトにはParallels 12以上でないとアップデート版はダメなように書いてあります。
20181105_154628
2013年春 Parallels 8 とWindows Vistaで動作を確認、Windows 7で使い始めました。その後、YosemiteのときにParallels 9とWindows 8.1に、El CapitanのときにParallels 11とWindows 10にしました。 その後Sierraのときまで使っていました。
しかし、macOSがアップグレードする度にParallelsを購入するのはもったいないので、最近は使っていませんでした。

少し時間ができたので、Parallells Desktop 14無償トライアル版で、Windows10をインストールしてみました。インストール中にWindows 10をダウンロード インストールできるので、前よりも簡単になっていました。

私は、自作パソコンを組み立てていたので、Windows 7のライセンスが複数個あります。最近組み立てた自作パソコンでは、これらのプロダクトキーを使ってWindows10が使えました。Parallelsでも無償でWindows10が使えるようならば、Parallels Desktop 14を購入しても良いかなと考えています。

2018年11月 6日 (火)

macOS Mojaveへのアップグレードをお手伝い

毎年9月末に新しいmacOSが公開されるので、私が勧めて買い替えたMacについて、年1回の定期点検を兼ねて、必要ならばアップグレードをお手伝いしています。
今年は、3台でお手伝いをしました。

1.セキュリティソフトESETを購入してインストールしてありましたが、アクティベーションしていなかったので、使われていませんでした。
アクティベーションして、最新バージョンにアップデートしてから、Mojaveにアップグレードしました。
Time Machine(自動バックアップ)は正常に使われていました。

2.既にMojaveにアップグレードしてありました。ウイルスバスターが古いままだったので、Mojave対応の最新版にアップデートしました。macOSを先にアップグレードしたとき用のインストーラーが用意されていました。
ESETでは、このような場合アンインストールと再インストール・アクティべーションが必要でした。
Time Machine(自動バックアップ)は正常に使われていました。
少し前に購入された、iPadの使い方説明を行ないました。

3.暫くあまり使っていないということで、Sierraのままでした。ESETをアップデートしてからMojaveにアップグレードしました。
Time Machine(手動バックアップ)も数ヶ月間使われていませんでした。
こちらは、OnyXの最新版を入れてメンテナンスを実行しました。

2018年11月 5日 (月)

Macユーザーとe-Tax(その3)MACでWindowsを使う

日本国内では、Mac関連の技術者が少ないのでしょうか。e-Taxを使うための前準備は、WindowsのほうがMacよりもずっと簡単です。
したがって、Macユーザーでもe-TaxのときはWindowsを使うのが良いかもしれません。

MacでWindowsを使うときは、Boot Campによる方法と、Parallels Desktopなどの仮想ソフトによる方法があります。
私は、Parallels DesktopでWindows 8.1や10を使ったことがありますが、とても便利でした。この場合、Parallelsを購入しなければならないのですが、ブートし直さないでmacOSとWindowsを並行して使えます。
e-Taxの他にも使いたいWindows用のソフトがあるときは、お薦めです。
もちろん、Windows 10も購入しなければなりませんが、私の場合は自作パソコンで複数個Windowsを購入しているので、無償でアップグレードできる可能性があります。

MacユーザーがWindowsを使いたい場合、いっそ安いWindowsノートパソコンを購入してしまう方法もあります。そして、これは単純明快です。低スペックのWindowsノートならば、半年前のOffice付きモデルが、数万円で叩き売られていることがあります。

2018年11月 2日 (金)

Macユーザーとe-Tax(その2)古いmacOSとSafariを使う

平成30年分の確定申告では、恐らくmacOS 10.13とSafari 11で使えるようになると予想されます。
最新のmacOSは10.14 ブラウザはSafari 12なので、どうやって古いOS、ブラウザを使うかです。これには、いくつかの方法が考えられます。

1.e-Taxが終わるまで、新しいmacOSへのアップグレードをしない

一番簡単なのは、毎年新しいmacOSが発表される9月末ではなく、e-Taxで確定申告などが終わってから、例えば翌年の3月末になってからアップグレードをする方法です。

このとき注意するのは、自動でアップデートされないように設定しておくことです。macOSのアップグレードは多分手動ですが、Safariは自動でアップデートされる恐れがあります。また、SafariのアップデートはmacOSのアップグレードより前に行なわれます。

2.古いOSとブラウザのシステムを別途作成する

Macの標準機能として、複数のシステムディスクから選んで起動することができます。例えば、内蔵SSDにはmacOS 10.14とSafari 12を入れ、外付けSSDにmacOS 10.13とSafari 11を入れておけば、起動時にどちらかを選ぶことができます。
内蔵SSDなどに余裕があれば、別パーティションに入れておくこともできます。

具体的には、8月末頃にでも例えばCarbon Copy Clonerを使ってシステムをコピーします。実際には、e-Tax専用のシステムを作るのが良いかもしれません。そうすれば3年間はそのままで使えます。

以前は、古いmacOSの再インストールやTime Machineからの復元が簡単にできたのですが、最近は殆どできないようです。

2018年10月31日 (水)

Macユーザーとe-Tax(その1)

長くなりそうなので、何回かに分けて書く予定です。

Macユーザーにとって、e-Taxを利用するときに一番面倒なのは、古いOSとブラウザを使わなくてはならないことだと思います。
下図は、29年分の確定申告用です。30年分については、恐らくmacOS 10.13、ブラウザSafari 11が使えるようになると予想されます。

20181031_100204

一方、最新のmacOSは10.14 ブラウザはSafari 12です。
参考までに、カブドットコム証券では動作環境は次図のようになっています。

20181031_84712
つまり、カブドットコム証券では最新のmacOSで使えるのですが、e-Taxでは周回遅れのmacOSとブラウザを使わなくてはなりません。
民間会社が1ヶ月も経たないで対応できるのに、国税庁では対応に1年以上もかかるのです。

macOSとブラウザ以外にも、Windowsと比べると面倒なところがありますが、それはなんとか対応できることを確認したことがあります。
しかし、最新のmacOSとブラウザでは、e-Taxのサイトを使えないようになっています。

macOS 10.14.1アップデート

20181031_85844

2018年10月16日 (火)

OnyX 3.5.1 が公開されていました 実行前に設定が必要です

Mojaveで実行する前に、重要事項として「フルディスクアクセスを許可しなければならない」と書かれています。

[システム環境設定]→[セキュリティとプライバシー]→[プライバシータブ]で OnyX のアクセスを許可します。
20181016_101507

2018年10月10日 (水)

5KPlayerの自動起動をやめた

20181010_93138
何かの拍子に入ってきた 5KPlayer、悪いソフトではないようだけど自動起動が気に入らない。調べたら見つかったので自動起動しないようにした。

«OnyXがMojaveに対応しました