« Norton Internet Security 2007が、おかしくなった | トップページ | Acronis True Image 9.0は SD37P2V2では使えない? »

2007年2月19日 (月)

Aterm WR7850S と COREGA CG-WLBARAG2

Corega 去年の春に急遽購入したNECの無線ルーターAterm WR7850Sが、昨年暮れからたびたび切れるようになってしまいました。紙筒でたたくと、再発呼してつながるので、もしかして接触不良かもしれません。丸一日大丈夫なこともありますが、頻繁に切れることもあります。もしかしたら、プロバイダー側の問題かもしれません。

そこで、確認のために、昨年暮れに予備に購入していたCOREGA CG-WLBARAG2(暮れに大安売りをしていました)と交換をしてみました。
まず、つないで見ると、こちらも負荷をかけると切れてしまいます。調べると、ファームウェアの新しいものが出ていましたので、Ver1.40にアップデートしてみました。結果的には、ここ3日間くらい、まったく切れなくなりました。

ただし、COREGAの無線ルーターの設定は、まことに複雑怪奇でした。よく言えば、機能が沢山あります。マニュアルをよーく読んでなんとかMACアドレスフィルタリングの設定までしましたが、かなり時間がかかりました。

これまで使った無線ルーターでは、NEC、IO-DATAの順に設定がし易かったです。バッファローのものも設定し易かった記憶がありますが、ルーター機能を無効にできなかったのと(最近はできるかもしれません)、IPアドレスの初期設定がちょっと変わっているので、私は使いたいと思いません。

話は別ですが、我が家では近くのお宅で2軒が無線を使っているのが分かります。その内の1軒はSSIDを隠して暗号もかけています。もう1軒はSSIDが丸見えですし、暗号もかけていません、なんと後者はCOREGAをお使いです。

« Norton Internet Security 2007が、おかしくなった | トップページ | Acronis True Image 9.0は SD37P2V2では使えない? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36154/13977555

この記事へのトラックバック一覧です: Aterm WR7850S と COREGA CG-WLBARAG2:

« Norton Internet Security 2007が、おかしくなった | トップページ | Acronis True Image 9.0は SD37P2V2では使えない? »