« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

デスクトップパソコンのメリット

デスクトップパソコンを利用する一般的なメリットは、それなりの機種であれば、『モニターを自由に選べて、色の調整などもできる』ということだと思います。その他では、『キーボードを交換できる』位ではないでしょうか。

ただし、これはセパレート型の場合に言えることであって、国内有名メーカーが主力製品として市販している一体型は、ノ-トパソコンと同じで、モニターでさえ自由に変えることができません。

本来、デスクトップパソコンは、CPUHDDDVDドライブを交換したり、グラフィックボードを追加できるようになっている筈なのですが、国内有名メーカーの製品は、購入後の変更・増設については、あまり考えていないのではないでしょうか。また、メモリーについては、ほとんどの人は購入時に容量を決めるようですし、ノートパソコンでも4GBという機種もありますので、デスクトップパソコンの優位性はないと言えるでしょう。

したがって、本来のデスクトップパソコンを希望する人は、DELLとかeX.コンピュータなどを選ぶしかないのでしょう。もう一つの方法は、自作するか、それに近い方法で購入することだと思います。
最近、パソコンの自作本がかなり出ているようですが、パソコンを自作した人は、どの位居るのでしょうか。

《文字の表示が記事ごとに変わって、読みにくいかもしれません。原稿の作り方によって、ココログでは、表示が変わってしまいます。》

2007年2月27日 (火)

印刷のための追加作業

NetHawk EP100経由の印刷ができるようになったので、いくつかの追加作業を行いました。

まず、iP4100には、「Vista標準添付ドライバに、キヤノン製プリンタドライバと同等の機能を追加するための機能拡張モジュール」があったので、これをダウンロードしてインストールしました。どこが機能拡張されたのかは分かりませんが、インストールしておいたほうがよいのでしょう。

次に、CD・DVDに印刷するための『らくちんCDダイレクトプリント for Canon』、および、写真データを直接印刷するときに使っている、『Easy-PhotoPrint』をダウンロードしてインストールしました。それ以外のキヤノン提供のソフトは、ほとんど使っていませんので、とりあえずここまでで、Windows XPでの印刷環境と同じになりました。

Widows Vistaデスクトップパソコンを選ぶ

Windows Vista搭載のデスクトップパソコンは、どれを選んだらよいか」と相談を受けたので探してみました。希望された条件は、「国産メーカー、テレビは無くてよい、あまり大きくないものがよい」ということでした。これまでWindows XPでかなりパソコンを使っていた人です。

デスクトップを希望されているので、パソコンとして割と性能のよいもの、具体的には「Windows Vista Home Premium搭載で、セパレート型、デュアルプロセッサー、グラフィックカードを使っているもの」で探してみました。

一応Webで調べてから、新宿ヨドバシカメラに見に行きました。 結論としては、国内メーカーで該当する機種は、店頭では見当たりませんでした。パソコンとして性能が良いものは、一体型やテレビが見えるもので、とても高価格なものでよければ、少しはあるようです。

店員の方は、デスクトップパソコンは、ほとんど無いと言っていましたが、本当にその通りでした。一体型のパソコン(蓋無しの縦置きノートパソコン?)と称しているものは、テレビ主体でおまけにパソコンが付いているものが多いようです。

国内メーカーにこだわるのであれば、エプソン。海外メーカーでもよければ、DELLでなければ、『デスクトップパソコン』らしい機種は無いようです。その他にも、ショップブランドのものはあります。

新橋「羅生門」

Photo_5今年初めての居酒屋研究会は、新橋ガード下の「羅生門」。今回の参加者は3人と、少なめでした。

煮込み、焼き鳥、湯豆腐、お刺身を食べて、お酒を詳細に研究した結果、一人3,000円でした。食べ物もまあまあで、いわゆるリーゾナブルなお店でした。

2007年2月24日 (土)

NetHawk EP100 がVistaに対応した

Ep100 我が家で使っているプリンターは、キヤノンのPixus iP4100、1台だけです。このiP4100を、NetHawk EP100プリントーサーバーでネットワークプリンターとして使っています。

ところが、これまでNetHawk EP100で使用中のファームウェア1.60は、Windows Vistaに対応していませんでした。したがって、Windows Vistaを使っているときは、印刷をすることができませんでした。サイトでは、2月下旬に公開のファームウェア1.70から、Vistaに対応となっていました。

本日見てみると、ファームウェア1.70が公開されていました。そこで、早速ファームウェアおよび設定ユーティリティーを1.70にアップデートしました。前にも書きましたが、キヤノンの説明書は、しつこいくらい、とても詳細に書かれています。説明書どおりに手順を踏めば、ちゃんとできるようになっています。

ところで、我が家で一番面倒なのは、NetHawk EP100が壁の上のほうに取り付けてあるので、机に乗って一度取り外して、設定後また壁の上に取り付けるところです。ともかく、これでやっとWindows Vistaを使っているときに、印刷ができるようになりました。

2007年2月22日 (木)

Acronis True Image 9.0は SD37P2V2では使えない?

自作3号機(SD37P2V2)で、試しにAcronis True Image 9.0の製品CDからブートしてみました。

すると、初めのメニュー表示までは問題ないのですが、Acronisのメニューからフル版を選んでしばらくすると、画面に「pc_keyb:controller jammed(0XFF)」が連続して延々と表示され、先に進まなくなります。どうやら、自作3号機ではAcronis True Image 9.0は使えないようです。自作3号機だけの問題なのか、SD37P2V2の問題なのかは、私には分かりません。

このエラーについて調べてみると、昔USBキーボードのパソコンでLinuxからブートするときに起こったことがある現象で、その後解消されているもののようです。SD37P2V2PS/2ポートがなく、USBだけなのでこういうことが起こるのかもしれません。
Linux
の問題といっても、Xenoppixなんかは問題なく使えますし、どうもすっきりとしません。Acronis True Image 10 Homeは使えるでしょうか。

2007年2月19日 (月)

Aterm WR7850S と COREGA CG-WLBARAG2

Corega 去年の春に急遽購入したNECの無線ルーターAterm WR7850Sが、昨年暮れからたびたび切れるようになってしまいました。紙筒でたたくと、再発呼してつながるので、もしかして接触不良かもしれません。丸一日大丈夫なこともありますが、頻繁に切れることもあります。もしかしたら、プロバイダー側の問題かもしれません。

そこで、確認のために、昨年暮れに予備に購入していたCOREGA CG-WLBARAG2(暮れに大安売りをしていました)と交換をしてみました。
まず、つないで見ると、こちらも負荷をかけると切れてしまいます。調べると、ファームウェアの新しいものが出ていましたので、Ver1.40にアップデートしてみました。結果的には、ここ3日間くらい、まったく切れなくなりました。

ただし、COREGAの無線ルーターの設定は、まことに複雑怪奇でした。よく言えば、機能が沢山あります。マニュアルをよーく読んでなんとかMACアドレスフィルタリングの設定までしましたが、かなり時間がかかりました。

これまで使った無線ルーターでは、NEC、IO-DATAの順に設定がし易かったです。バッファローのものも設定し易かった記憶がありますが、ルーター機能を無効にできなかったのと(最近はできるかもしれません)、IPアドレスの初期設定がちょっと変わっているので、私は使いたいと思いません。

話は別ですが、我が家では近くのお宅で2軒が無線を使っているのが分かります。その内の1軒はSSIDを隠して暗号もかけています。もう1軒はSSIDが丸見えですし、暗号もかけていません、なんと後者はCOREGAをお使いです。

2007年2月18日 (日)

Norton Internet Security 2007が、おかしくなった

2007 どういうわけか、M1210のWidows VistaにインストールしたNorton Internet Security 2007だけが、数日前におかしくなりました。症状としては、Live Updateのときにエラーになります。調べてみると、削除ツールを使ってアンインストールしてから、再インストールするように書いてあったので、その通りにすると、今度はNorton Internet Security 2007を開くことができなくなりました。

何度か、削除・インストールを繰り返してみましたが、症状は変わりません。セキュリティ センターで見たところでは、Norton Internet Securityは最新の状態で、問題がなさそうなのですが、ファイアウォールの設定ができないのは、困ります。

このようなことは、これまでにも何回かあった覚えがありますので、少し日にちをおいて、昨夜また削除・インストールをしたところ、正常に動作するようになりました。

2007年2月15日 (木)

藤沢周平の作品

3img_1102 212日の朝、NHKテレビで藤沢周平について放送していました。私も、昨年後半に初めて読んでから、とても面白くて、次々と15冊ほど読んでしまいました。テレビで本棚を紹介している人がいたので、私も順番に並べて見ました。左から、個人的に気に入った順に並んでいます。

テレビに出演した方々のお話を聞いているうちに、今年はじっくりと読み返してみようと思っています。これまでは、面白さにつられて夢中に読んでいました。

2007年2月14日 (水)

M1210 Vista用ドライバのアップデート

Vistab DELLのサイトに、SIGMATELのサウンドドライバとIntelのワイヤレスドライバが出ていたので、インストールしてみました。

DELLの場合、このようなアップデートは、ユーザーが自分で調べて行うのが標準のようです。動いていて不具合がなければ、特にドライバをアップデートする必要はないのですが、一般にはアップデートしたほうが良いはずです。SIGMATELの方は自動でインストールされましたが、Intelの方は、はっきりしなかったので念のために手動で行ないました。

ドライバなどのアップデート方法は、私が知っている範囲ではSONYのやり方が良いようです。(CLIEを止めていなければもっと褒めます)NECのやり方は余計なお世話があった、記憶があります。

2007年2月13日 (火)

SD37P2 自作3号機

3 自作3号機では、AMDCPUを使ってみたかったのですが、Core2 Duoの評判が良かったので、結局Intelにしてしまいました。

したがって、キューブ型ベアボーンはシャトルのSD37P2(チップセットは、Intel 975X + ICH7R)にしました。SD37P2は、2号機と比べるととても組み立て易かったです。

使用したパーツは次のとおりです。Core 2 Duo E6400DDR2 667 1GBx2ELSA GLADIAC 776 GS 256MB、シーゲートST3320620NS、パイオニアDVR-112

普通に使うためには少し贅沢な構成ですが、しばらくは新しいものを購入できそうもないので、3年間は使えそうなものを選びました。

ソフトは、Windows XP ProfessionalNorton Internet Security 2007Norton System Works BasicXP専用)をとりあえず揃えました。この先Office、バックアップソフト、Photoshop Elements等などを購入するとなると、とても資金が続きそうにありません。

2007年2月 9日 (金)

M1210 XP用サウンドドライバ

M1210xp_1 サウンドデバイスが変になっているのに気がついたので、サウンドドライバをダウンロードして、インストールしました。

これまで、おかしくなっていることには気がつきませんでした。多分、Sound Blaster関連のソフトを削除したためだと思います。

2007年2月 8日 (木)

Windows XPからWindows Vistaへの移行

Internet Explorer 7

これは、Windows XPでも使われているので、特に問題ありません。「お気に入り」と「Cookie」をエクスポート・インポートするだけです。

Norton Internet Security 2007

シマンテックのサイトで、個人/ホームオフィス Windows Vistaインフォーメンションセンターの互換性アップデートの指示にしたがって、ダウンロードしてインストールしました。

Adobe Reader 8

Vistaに対応しています。ダウンロードしてインストールしました。手動の処理が必要だったと思います。

Windowsメール

アカウントは、エクスポート・インポートで良いようです。メッセージは、Outlook Express 6からのインポートがありましたので、念のために、こちらを使いました。ただし、インポートを使うと、インポートされたメッセージのフォルダに入ってしまいます。後で手操作で直しました。
保存フォルダの変更は、空のフォルダでないと断られてしまいます。

2007年2月 7日 (水)

自作2号機の整備

2 自作2号機は、家族と2人で使っていたのですが、占有したいとの希望が出たため引き渡すことにしました。久しぶりにカバーを開けてみると、ファンの吸い込み側の、面積で半分くらいも、綿ぼこりがしがみついていました。掃除機できれいにしてから、ソフトの入れ直しです。

Windows XPのインストールから初めて、ドライバーのアップデート、10以上のアプリケーションのインストール、アップデータの適用など、数日かけて行ないました。

家族はホームページも作っていますので、ホームページビルダー11へのアップデート版を購入しました。これまで使っていたのは、6.5でした。

自作2号機のこの時点での主な仕様は次のとおりです。
キュ-ブ型ベアボーン AOPEN EZ915Pentium4 530DDR400 512MBx2ELSA GLADIAC 743 128MB、日立HDD 160GB、パイオニアDVR-110

2007年2月 6日 (火)

自作3号機もデュアルブートに

Vista アップグレード版到着までには、6~8週間かかると聞いていましたので、3号機はしばらくWindows XPで使おうと思っていました。でも、既に手元に届いたので、こちらもデュアルブートにすることにしました。

DVDからインストールしようとしたら、空きパーティションにはインストールできませんでした。これは、アップグレード版の仕様のようです。Windows XPから起動して、カスタムを選びXPとは別のパーティションにインストールしました。こうすると、WindowsVistaで使うときも、ドライブ文字は変わりません。ベースとなるパーティションがC以外だと、なんとなく違和感はありますが、少し使ってみたところ、慣れだけの問題のようです。

はじめは音が出なかったので、Shuttleのサイトから、Vista用のオーディオドライーバーをインストールしました。これでも音は出なかったのですが、5つのジャックを当たって、音が出るところを見つけました。また、ELSAのビデオカード用ドライバーもインストールしました。やはり、全自動という訳にはいかないようです。

私は、かなり沢山のアプリケーションソフトを使っているので、いきなりVistaにアップグレードする訳にはいきません。これから少しずつ確認しながらVistaに移行をして行きます。

2007年2月 4日 (日)

自作3号機 アップグレード版のWindows Vista到着

3_edited1 昨日2月3日に、Windows Vista Business優待アップグレードで申込んだDVDが到着。私が申込んだのは1月29日でしたから、予想外に早く送られてきたのに驚きました。Webの申込みでエラーが出たため、電話をして確認し、申込書と領収書はスキャンしてメールで送りました。

自作3号機パーツの空き箱と一緒に、記念撮影です。

自作3号機は、WindowsXPで一応使えるようになりました。

2007年2月 2日 (金)

M1210 Vista インストール補足

参考までに、私はDVDからインストールしました。
インストール前のパーティションは、F、C、D、Eですが、(ディスク上で多分この順だと思います)
Vistaで使った場合、これらのパーティションは、E、D、C、Fとなります。

Norton Internet Security 2007を使った場合、セキュリティセンターのマルウェア対策が緑にならなかったのですが、本日緑になりました。Norton Internet Securityでは最新になっているのですが、Vistaからは最新でないという警告が出ていました。緑になったのは、一番下の行の設定を変えたためだと思います。

M1210 CTMBHA.DLLのエラー

「CTMBHA.DLL」のエラーがやはり出ました。パーツを変えたり、HDDのパーティションを変えると出るということを読んでいましたが、その通りになりました。少し対策をしてみてもやはり消えないので、思い切ってSound Blaster関連のソフトを全てアンインストールしました。

したがって、エラーは出なくなりました。

その後、Sound Blaster Audigy Advanced HD Audioの再インストールを試みましたが、うまく行きませんでした。

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »