« ノートパソコンのディスプレイ解像度 | トップページ | 解像度1280×800壁紙の例 »

2007年4月18日 (水)

Photoshop Elementsで写真から1280×800の壁紙を作る

Kabegami 前に書きましたが、デジカメで撮った写真をそのまま壁紙に使うと、横長ディスプレイでは、写真がゆがんでしまいます。

1280×800の壁紙を作る手順は、次のとおりです。
1.写真の横縦比を1280×800にする。
2.解像度を1280×800にする。

Photoshop Elementsを使った具体的な手順は、
写真編集モードで、写真を開きます。
②切り抜きツールで、縦横比を選択を「カスタム」にして、幅に「1280」、高さに「800」と入力(単位は何でもよい)→ドラッグして切り抜き範囲を指定して、位置が決まったら「○」をクリック⇒これで横縦比1280×800になります。
③「イメージ」→「サイズ変更」→「画像解像度」をクリックして、「画像の際サンプル」にチェックを入れ、幅(W)を「1280pixelにします。高さ(H)は自動的に800pixelになります。そして「OK」を押します。このあと、必要に応じて画質調整をするとよいかもしれません。
④「ファイル」→「別名で保存」→ファイル形式「JPEG」を選び→保存する場所を選んでから「保存」(元のフォルダのままだとオリジナルの写真が無くなるので、必ず場所またはファイル名を変えます)JPEGオプションは、画質「高」くらいを選んで、「OK」を押します。

以上で、指定した場所に、指定したファイル名で、1280×800の壁紙が保存されます。

« ノートパソコンのディスプレイ解像度 | トップページ | 解像度1280×800壁紙の例 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36154/14711128

この記事へのトラックバック一覧です: Photoshop Elementsで写真から1280×800の壁紙を作る:

« ノートパソコンのディスプレイ解像度 | トップページ | 解像度1280×800壁紙の例 »