« Driver DetectiveをWindows Vistaで使う | トップページ | 無線ルーターの設定 »

2007年4月 5日 (木)

キヤノン インクジェット プリンターPIXUS iP4100の使い方

前にも書きましたが、我が家で使っているインクジェットプリンターは、PIXUS iP4100です。これを、Net Hawk EP100プリントーサーバーを介して、ネットワークプリンターとして使っています。今年のモデルがPIXUS iP4300、去年のモデルが PIXUS iP4200ですから、2年前のモデルです。したがって、購入してから2年ぐらいになりますが、これまでトラブルはありません。とても良く出来たプリンターだと思います。

印刷の主体はA4カラーもので、1か月に300枚~400枚印刷します。写真の印刷は、L判換算で1か月に20枚位でしょうか。インクの交換は、カラーインクは3か月~4か月に1回位の感じです。ただし、黒インクの3eBKだけは、2か月~3か月に1回位です。

もちろん、前方のカセットにはA4用紙を入れたままにして、写真・はがき印刷のときにだけ上部のオートシートフィーダを使います。
また、A4の印刷のときは、ほとんど『速い』を使っています。普通にWebページやWordの文書を印刷するのには、『速い』で十分です。『標準』を使うと、むしろインクが出すぎに感じられます。『速い』を使えばインクの使用量も少なくなるはずです。

さらに、PIXUS iP4100は両面印刷もできますが、これは年に数回しか使っていません。

強いて難点をあげると、時々給紙のときにカセットと、オートシートフィーダを間違えることです。これは、印刷のときに選べるのですが、うっかりすることがあります。

« Driver DetectiveをWindows Vistaで使う | トップページ | 無線ルーターの設定 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36154/14567486

この記事へのトラックバック一覧です: キヤノン インクジェット プリンターPIXUS iP4100の使い方:

« Driver DetectiveをWindows Vistaで使う | トップページ | 無線ルーターの設定 »