« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月30日 (水)

録画したテレビ番組を、DivX Converterで変換する

NHK趣味悠々」のシリーズが一つ終わったので、録画してあった9回分を、DivX Converterで変換しました。
DivX
で変換をすると25分×9回 8GB弱のデータが、2.3GBほどになりました。全部で4時間半ほどかかりました。

まず、録画した番組の初めと終わりに、少し余計なものが付いているので、これをMPEG編集ソフトでカットします。今回は、CANOPUSの「MPEG Craft DVD」の体験版を使ってみました。あまり厳密にカットする必要もないので、GOP単位での編集(再エンコードしない)を使いました。

その後に、DivX Converterを使って変換を行ないます。
ここで今回も、ビデオ解析の後、変換前に応答しなくなってしまいました。以前にも時々起こったことがあります。
解決策として今回は、Norton SystemWorksでワンボタン検査を行い、修復をしてからパソコンを再起動すると、DivX Converterで変換することができました。

2007年5月29日 (火)

DELL XPS M1210 BIOS A07

M1210biosa07 久しぶりにDELLのサイトを見たら、BIOSのバージョンA07が公開されていました。我が家のM1210BIOS A05でしたので、A07にアップデートしてみました。
いつもながら、A07で何がどう改良されたのかは、よく分かりません。

米国サイトでは「Urgent Dell highly recommends applying this update as soon as possible. The update contains changes to improve the reliability and availability of your Dell system.」となっていますが、日本サイトでは「このプログラムは、弊社テクニカルサポートより指示があった場合にのみご使用ください。」となっているのです。

ついでですが、M1210の前面にある7つの細長いボタンの青いLEDは、購入した時すぐに消そうとしたのですが、消灯することはできないようです。BIOSLED Light ControlOFFにすると消えそうな気はするのですが、これでは消えません。

2007年5月25日 (金)

DELL XPS M1210 立ち上がるまでの時間など

本日、パソコンの立ち上がるまでの時間が話題になったので、我が家のM1210で計ってみました。時間は、おおよそのものです。時間は同じ機種・構成でも個々のユーザーによって違いますが、大体の目安にはなると思います。また、M1210はノートパソコンの性能としても、ごく普通ではないかと思います。

l  電源を入れてから、Windows XPVistaを選ぶ画面になるまでは、約7秒。

l  XPを選んでから、ログオンの画面になるまでは、約33

l  ログオンしてから、Norton Internet Securityの緑が出るまでは、約30

Windows XPでは、電源を入れてから使えるようになるまでは、約70秒かかります。

l  Vistaを選んでから、ログオンの画面になるまでは、約35

l  ログオンしてから、ガジェットの表示が終わるまでは、約10

Windows Vistaでは、電源を入れてから使えるようになるまでは、約52秒かかります。

l  シャットダウンにかかる時間は、どちらも約32秒。

l  Windows Vistaのスリープになるまでの時間は、約5秒。

l  スリープから立ち上がりログオン画面になるまでは、約2秒。

l  ログオンしてから、ガジェットの表示が終わるまでは、約1秒です。

2007年5月22日 (火)

インターネット入門1日目カリキュラム

2月に担当した、インターネット入門講座1日目のカリキュラムです。一応テキストはあるのですが、テキストに沿って講習を進めるとまったく退屈なので、今回は『映画を見に行こう』をテーマにしました。

l  Web(ウェブ)ページを見る(ウェブサーフィン、ホームページを見る)

·           IE(インターネット エクスプローラ)の起動

u  映画を見に行こう!---マウスのクリックだけでたどり着く

·           検索サイトYahoo!JAPANから
楽しむ「映画」→「話題の映画一覧」→《幸せのちから→予告編》
「幸せのちから」→

·           映画の評判は?---作品ユーザーレビュー→

·           どこで上映?---この作品の映画館検索で、全国から「東京」を選び「検索」→「渋谷」⇒上映時間が分かります。

·           映画館は?---「渋東シネタワー」⇒映画館ユーザーレビューで、映画館の評判も分かります。

u  映画を見に行こう!---文字を入れて検索する(この方法が一般的です)

·           練習:検索サイトYahoo!JAPANで、検索窓に『フラガール』と入力して、検索ボタンを押す。(または、検索ボタンが選ばれているので、Enterキーを押す)→「フラガール」(公式ページ)→「theaters」→「関東」→

·           「渋谷アミューズCQN」→「近日公開作品はこちら」→「フラガール春の大感謝祭上映」

·           「INFORMATION」で地図は一応見えます。

u  地図で「渋谷アミューズCQN」を確認する。住所は、『渋谷区渋谷1-23-16

·           検索サイト『Google』を検索。「お気に入り」→「お気に入りに追加」

·           検索サイトGoogleで、住所を入力して、「マップ」をクリック。
スクロールボタンをそおっと回す、「航空写真」、「地図+写真」

·           お宅の住所で検索してみましょう。

u  世田谷区の天気予報:「世田谷区 天気予報」で検索。幾つかを見て、気に入ったものを、「お気に入りに追加」

u  交通機関の経路・時刻表:「路線 時刻表」

u  アドレスが分かっているサイト(ホームページ)を見る:アドレスバーにURLを入力する http://www3.nhk.or.jp/gatten/
http://kids.nifty.com/game/mistake/

l  IEの使い方:「戻る」、「進む」、「ホーム」、「お気に入り」、「履歴」

l  IEの設定:文字の大きさを変える、ホームページを変更する

   インターネットを使う環境の例

·           申込み、プロバイダー、回線、モデム、無線

   セキュリティ対策

·           ウィンドウズアップデート、セキュリティ対策ソフト

エクセル入門3日目のカリキュラム

関数を使う

l  ツールバーを使う

·           SUM(合計)、平均、データの個数、最大値、最小値

l  キーボードから入力する

·           INT(整数)

·           ROUND(四捨五入)

·           IF(条件に合わせて処理を変える)

·           COUNT(数値データが入ったセルの個数)

·           COUNTA(空白でないセルの個数)

·           COUNTIF(条件に合うデータを数える)

·           DATEDIF(2つの日付の間隔)

表を並べ替える

l  コピー、貼り付け してから並べ替え

グラフの作成

l  「グラフを作る演習問題」でグラフを作成

·           グラフのタイトルを変える フォントサイズ16、太字、下線

·           グラフの色を変える

·           グラフの大きさを変える

·           グラフを移動する

その他の操作

l  作業ウィンドウ

l  枠の固定

l  ウィンドウの整列

·           ウィンドウ→新しいウィンドウを開く→整列

よく使う操作

l  書式→セル→表示形式、配置、罫線

l  書式→行→高さ、自動調整

l  書式→列→幅、選択範囲に合わせる

エクセル入門2日目のカリキュラム

表を作る(作る順番は色々あります)

l  表の罫線を引く()。《完成イメージがあるので》

l  表を移動する:表のセルを選んでドラッグアンドドロップ。《罫線を見やすくするため》

l  セルの結合(結合解除)。《文字が中央揃えになる》

l  文字、数字の入力と修飾:「,」を入れる、中央揃え、均等割り付け(前後にスペースを入れる)。

l  セルの塗りつぶし(解除)、全体、部分を太い罫線にする。

l  フォントサイズを12ポイントにして、セルの幅、高さを変える。

l  完成した表をコピー/貼り付けしてから、編集→クリア→ 。

住所録を作り、印刷する

l  A列をクリア(編集→クリア→数式と値)。オートフィル→連続データ。

l  氏名、住所を入力。

l  メールアドレスと携帯電話の列の入れ替え。元に戻す。

l  1行おきに色を付ける。オートフィルで書式のコピー。

l  印刷プレビュー⇒[設定]⇒ページで「印刷の向き」を選ぶ。

l  [余白]で、余白などを調節。

l  印刷する

数式を使う

l  エクセルファイルを使います。

l  オートSUM、範囲の指定。

l  数式の入力。= + - * / ^。

l  数式のオートフィル。書式の有り無し。

l  相対参照と絶対参照。「F4」キー。

エクセル入門1日目のカリキュラム

5月に、3日間のエクセル入門コースを担当しました。以下は、1日目のカリキュラムです。
本来は、特にエクセルに関係のない、Windowsの基本機能が、
かなり含まれています。

エクセルの基本

l  エクセルの起動・終了(始め方・終わり方)

l  エクセルの画面

·           タスクバー、スクロールバー

·           タイトルバー、メニューバー、ツールバー

l  エクセルの設定

·           ツールバー、作業ウィンドウ

l  エクセル特有の画面

·           ブック、シート、セル

·           列番号、行番号、数式バー、シート見出し

l  セルを選ぶ 《アクティブセルの移動》

·           複数のセルを選ぶ

·           連続、飛び飛び 

l  列、行、表を選ぶ、解除する

表の作成

l  セルにデータを入れる

·           日付、文字、数字 《入力と表示の違い》

·           連続したデータの入力(オートフィル) 

l  データを消す、修正する 《実際に表を作る》

l  作成した表の保存

·           名前をつけて保存、上書き保存

l  作成した表を開く

l  セルの幅や高さを変える

·           一つだけ、複数

·           自由に、データに合わせて、指定して

l  セル、列、行の挿入と削除

l  セルを移動する

·           ドラッグ&ドロップ (切り取り/貼り付け)

l  セルをコピーする

DivXビデオをDVDから見ると変?

例えば、テレビから録画したものをDivX Converterで変換したとします。
変換したDivXビデオを、ハードディスク上のファイルから再生するときは問題ないのですが、DVDなどに書き込んで、そのDVDから再生すると音がずれたりします。画像の方も、コマ落ちなどしているのかもしれませんが、こちらについては良く分かりません。
原則的には、DivXビデオは、ハードディスクから再生した方が良いです。

2007年5月16日 (水)

Windows Vistaのメイリオフォント

Meirio たまたま本日、あるWebページを見たら、なんとなくイメージが違います。有名なあの会社のサイトです。よく見ると、フォントにメイリオを使っています。こういうサイトは、たぶん少しずつ増えているのでしょう。メイリオフォントがインストールされていればメイリオで、そうでなければMS Pゴシックで表示されるのが、一般的のようです。
メイリオは、Web画面でも、かなり読みやすいと思いますが、何となく文字が大きく行間が開くのが気になります。したがって、インターネットオプションでフォントをメイリオにしてしまうと、字がくっついてとても見にくくなってしまうサイトもあります。

一方、メールの方は、Windowsメールで「ツール」→「オプション」→「読み取り」タブで、「フォント」として『メイリオ』を選ぶと、受信したメールのフォントが、メイリオになります。これは割りと読みやすいので、Windows Vistaをお使いの人は、試してみる価値はあると思います。

この記事は、Windows Vistaをお使いの人は、フォントがメイリオになると思います。Windows XPをお使いの人は、フォントはMS Pゴシックでしょう。

2007年5月14日 (月)

メールの仕様を確認する

メールの仕様は、プロバイダーごとに違います。したがって、使っているメールの仕様がどうなっているのかは、一応確認しておきたいものです。我が家の契約は、@niftywith TEPCOです。つまり、プロバイダーは@nifty、回線はTEPCO光です。メールの仕様について確認してみると、次のようになっています。

メールボックスの容量:100MB。(ダイアルアップ契約、セカンドメールでは20MB。有料で300MB1GBのサービスあり。)
メールの保存期間:30日。(300MB1GB契約の場合は、30日~360日に設定可能。)
1
通の最大受信容量:100MB。メールボックスの空き容量に依存する。
1
通の最大送信容量:100MB。送信先メールボックスの制限に依存する。

私が普通使っているメールアドレスはセカンドメールなので、メールボックスの容量は20MB、メールの保存期間は30日です。したがって、メールを長い間読まなかったりすると、30日以上経った受信メールは自動的に消されてしまいます。

先日、「同じメールアドレスを2台以上のパソコンで使う」で、「サーバーにメッセージを置く」の□にチェックを入れるように書きました。こうすると、30日以内にサーバーにメッセージが20MB以上たまると、メールの受信ができなくなってしまいます。私の場合、2年に一度くらいの割合でメールボックスが一杯になったことがあります。

(一杯になった)メールボックスを空にするには、Windowsメールなどで、一時的に「サーバーにメッセージを置く」の□でチェックを外して「送受信」を行ないます。

@niftyでは、Windowsメールなどで使うメールアドレスと同じメールアドレスを、Webメールとしても使うことができます。Webメールとして使うときは、もちろんサーバーにメッセージがないと、メールを読むことができません。また、Webメールとして使うときは、サーバー内のメールを選んで消すことができます。

受信するメールが多い人は、「下の2つの□」に、チェックを入れて、適当な日数を入れるとよいと思います。メールを受信してから、指定した日数が経つと、メールが消されるようです。

2007年5月13日 (日)

Windows XPで使っていたプリンターを、Windows Vistaで使う

Ip4100enh Windows Vistaのパソコンを購入して、これまでWindows XPで使っていたプリンターをつないで使う人は多いと思います。パソコンでプリンターを使うためには、パソコンのOSに合った、そのプリンター用のドライバー(ソフト)が必要なことは、言うまでもありません。

Windows Vistaの場合、これまで使っていたプリンター用のドライバーが、あらかじめ用意されていること、用意されていないこと、があります。
例えば、キヤノンPIXUS iP4100用のドライバーはあらかじめ用意されています。したがって、接続すると普通は自動的にドライバーがインストールされて、プリンターを使うことができます。

一方、例えばHPPhotosmart C3175用のドライバーは、Windows Vistaには含まれていません。また、プリンターを購入したときのCDに入っているドライバーは、Windows XP用のものですので、正式には使うことができません。

幸いHP C3175Windows Vista用ドライバーは、HPのホームページに公開されています。したがって、これをダウンロードしてインストールすれば、使えるようになります。メーカー/機種によってはWindows Vista用のドライバーが提供されないこともあり得ます。この場合、そのプリンターは、Windows Vistaでは使えないということです。

また、先に述べたキヤノンPIXUS iP4100用のドライバーは、Windows Vistaに含まれているもので一応は使えるようになりますが、キヤノン製のプリンタドライバーと同等の機能にするためには、機能拡張モジュールをインストールしなければなりません。

2007年5月10日 (木)

同じメールアドレスを2台以上のパソコンで使う

Mailacct_1 最近、Windows XPからWindows Vistaのパソコンに買い替えて、しばらくは2台を並行して使う方も多いと思います。特に買い替えでなくても、2台以上のパソコンで、WindowsメールやOutlook Expressを同じメールアドレスで使うときには、ちょっとした注意が必要になります。
既定の設定では、WindowsメールやOutlook Expressでメールを受信すると、受信したメールは受信したパソコンの中に入り、プロバイダーのメールボックスからは消されてしまいます。
したがって、このままでは 1台のパソコンでメールを受信すると、2台目以降のパソコンでは同じメールを受信することができません。

これを防ぐためには、次のように設定を変えます。
「ツール」→「アカウント」とクリックして、メールのアカウントを選び、「プロパティ」をクリックします。「詳細設定」タブで、下のほうにある、『サーバーにメッセージのコピーを置く』の□にチェックを入れます。さらに下の2つの□には、チェックを入れなくても良いでしょう。
これで、2台目以降のパソコンでも、同じメールを受信することができます。

また、送信については、必要に応じて自分宛にBCCでメールを送ることにより、送信したメールも、2台目以降のパソコンに保存することができます。

これからは、WindowsメールやOutlook Expressだけに頼らないで、Webメールを使う方法が一般的かもしれません。Webメールならば、どのパソコンからでも自由に同じメールアドレスを使うことができます。


さらに、例えばGmail2850MB使える)などを申し込んで、これまで使っていたアドレスで受信したメールは、すべてGmailへ転送する設定にしておきます。こうすると、受信したすべてのメールは、Gmailのサーバーに保管しておくことができます。

2007年5月 9日 (水)

『みすゞ』の『ゞ』は、どうやって入力する

昨日ある方から、「『みすゞ』の『ゞ』は、どうやって入力するのか」と質問されました。
とりあえず、『文字一覧』からの入力をご説明してから、もしかしてと思って『おなじ』と入力して変換すると出てきました。これまで、『ゞ』を入力したことはありませんでした。

後で調べてみると、『ゞ』のような文字を 踊り字 と言うそうです。
また、『みすゞ』 の場合は、人名・地名で『みすず』と入力して変換すれば出てきます。

2007年5月 8日 (火)

DELL XPS M1210で デュアルディスプレイをテスト

M1210dual_1

DELL XPS M1210で、デュアルディスプレイを少しだけテストしてみました。外付けしたのは、1280×1024のディスプレイです。

M1210のビデオコントローラはGeForce Go 7400です。上図は、互いに独立して設定(DualView)した場合です。実際には、もちろんM1210と外付けディスプレイとの間には、隙間ができます。また、大きさも違います。

外付けのディスプレイが1024×768のような場合は、BIOSLCD Panel Expansionの設定で、M1210側の表示が歪まないようにできますが、こちらは確認していません。

2007年5月 7日 (月)

Drivers Detectiveの使い方

Dd070506 前に、Drivers DetectiveWindows Vistaでも使える、と書きました。最近、DELL XPS M1210でスキャンしてみたところ、図のように3つのドライバーが古くなっている、つまり新しいドライバーが公開されている、と出ました。
このうちの1つは、Intel Wirelessアダプタ用、他の2つはLogitechマウス関連のものです。

Intel Wirelessアダプタ用のものは、一応インストールしてみましたが、途中で何かメッセージが出ていました。Logitechマウス関連のものは、最終的にはインストールしませんでした。こちらは確か、余計なものが付いてきたような記憶があります。

Drivers Detectiveで新しいドライバーが見つかったからといって、なんでもかんでもインストールすれば良いということではありません。場合によっては余計なユーティリティーみたいなものまで、インストールされてしまいます。
特に多いのは、英語版のドライバーがインストールされてしまうことです。まあ、希望しない形でインストールされた時は、ドライバーを元に戻せば済むことですけれど。
したがって、どちらかというと、新しいドライバーが出ているかを探すことを中心に使って、日本語のドライバーなどを自分で探してインストールする方が良いのかもしれません。

2007年5月 2日 (水)

Windows VistaでDivXビデオを見る

Msg070502 たまたまDivXVista対応状況を調べていたところ、「色調への悪影響」を気にして、DivXのインストールをしない人もいるようです。

確かに、DivXをインストールするとき、「色調への悪影響」および「Vistaでは今のところConverterが使えません」というようなメッセージが出ます。

インストールして実際に使うと、次のようになります。
DivX Player
を開いて、DivXムービーを開始すると、その瞬間 自動的にWindows AeroからWindows Vistaベーシックに切り替わります。DivX Playerを閉じると、元のWindows Aeroに切り替わります。こちらは、メッセージが出るので、はっきりと分かります。
Web
サイトのDivXムービーを直接見るときは、DivX Web Playerで見ることができますが、こちらのときもWindows Vistaベーシックに切り替わります。ただし、メッセージは出ません。ブラウザを閉じると、Windows Aeroに戻ります。

面白いことに、Windows Media Playerから再生するときは、Windows Aeroのままです。
この場合も、「色調への悪影響」は気になりません。

2007年5月 1日 (火)

Windows XPのプリンター共有は、ワークグループが異なっても可能?

私が3ヶ月に1度ほどお手伝いしている、パソコン教室でのことです。ここでは、Windows XP ProfessionalのパソコンをLANで使っています。元々は、私が設定したネットワークで、全てのパソコンを同一ワークグループ名にしてありました。使用方法は、主にプリンター共有だけで、ファイル共有はほとんど使われていません。1ヶ月ほど前から、突然にネットワーク経由の印刷ができなくなったそうです。その後、印刷はできるようになったそうですが、先日教室に行く機会があったので、確認をしてみました。

確認してみると、なんと2つのワークグループができていました。そこで、異なるワークグループのパソコンに接続された、共有プリンターで印刷してみたところ、印刷することができました。

プリンター共有については、これまで、周辺機器メーカーの『ワークグループ名はどのパソコンも統一しておく必要があります』という記述を信じていたのですが、必ずしもそうではないようです。
Windows Vista
についての記述なのですが、マイクロソフト社は次のように書いています。『ホームネットワーク上のすべてのコンピュータを同じワークグループ名で構成することを強くお勧めします。・・・』

我が家では、NetHawk EP100プリントサーバーを使っているので、全く関係ないのですが、少し気になったので書いてみました。
このNetHawk EP100は、通常の共有とは少し違った方式をとっているのでしょうか、WP100/EP100ユーティリティ-を使わないと、設定ができませんでした。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »