« XPパソコンで、Vistaパソコンで作ったワードやエクセルファイルを使えるようにする | トップページ | Windows Vistaノートパソコンの選び方(「普通の人」用) »

2007年7月 4日 (水)

@niftyが用意している迷惑メール対策を利用する

迷惑メール、最近は本当に多いです。迷惑メールを出す方も、差出人メールアドレスを毎回変えるので、差出人メールアドレスなどでは、ブロックをすることができません。

私は、プロバイダーが@niftyなので、迷惑メールを判定して「迷惑メールフォルダー」に振り分ける機能を、無料で使うことができます。
このような機能は、So-netでも無料ですが、OCNでは有料のようです。

「迷惑メールフォルダー」に振り分けられたメールは、パソコンで受信することもできますが、一般的には「受信しない」を選ぶのが良いと思います。注意しなくてはいけないのは、間違って迷惑メールとされたメールでも、標準で7日経つと消されてしまうので、週に1度は「迷惑メールフォルダー」を確認した方が良いでしょう。
設定はWebメールで行ないます。設定の説明は旧Webメールで書いてあるようなので、少しわかりにくいですが、オプションの『迷惑メールフィルター』から設定できます。

また途中で気がついたのですが、@niftyの通常のメールボックス容量が、5GB5120MB)に、保存期間は無制限に、改良されていました。調べてみたら、5月の連休明けからでした。
5GB
になったので、主にOutlook Expressで使う場合は、
「サーバーにメッセージを置く」が良いのかもしれませんが、使い方に工夫が要りそうですね。

« XPパソコンで、Vistaパソコンで作ったワードやエクセルファイルを使えるようにする | トップページ | Windows Vistaノートパソコンの選び方(「普通の人」用) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36154/15647991

この記事へのトラックバック一覧です: @niftyが用意している迷惑メール対策を利用する:

« XPパソコンで、Vistaパソコンで作ったワードやエクセルファイルを使えるようにする | トップページ | Windows Vistaノートパソコンの選び方(「普通の人」用) »