« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月30日 (日)

ココログを2年間ほど使ってみて

Kokologmail トラックバックやコメントについては、掲示板と同じような感覚もあったのですが、ココログでは少し違うようです。

トラックバック:
トラックバックがあると、メールでトラックバック通知が来ます。最初の内は、ほとんどを承認していたのですが、流出画像系のトラックバックが多くなってから削除することが多くなりました。最近は、広告の入ったブログは、基本的に削除です。初期の頃からのものは、そのままにしているものもあります。

コメント:
私は知らなかったのですが、例えばこのブログで記事にコメントを書くと、まず私のところにメールが来ます。コメントについては、承認、削除、または編集をすることができます。編集も出来るというのが面白いと思います。
また、コメントを書くときは、メールアドレスを記入するように要求されます。この「記入されたメールアドレス」は、私は見ることができますが、ブログには表示されません。「記入されたメールアドレス」は、もしかして間違っているのかもしれません。

2007年9月29日 (土)

iTunesのアップデートとiPod

Itunes74 iTunesは、かなり頻繁にアップデートされている感じがします。このプログラムは、開始したときに自動的に新しいバージョンが有るかを調べて、有ったときはインストールしたいと言ってくるので、ハイハイと対応していれば、新しいバージョンをダウンロードしてインストールしてくれます。

iTunesも、とても機能が多いソフトです。また、iPodと連携をすると、更にいろいろなことができます。私は、普通に使う機能以外については、あまり詳しく調べてはいません。
例として、iPodを購入時の状態に戻したり、iPodのアップデートをしたりすることができます。音質や音量の調整もいろいろと出来るようになっています。

2007年9月28日 (金)

DELL XPS M1210 NVIDA GeForce Go 7400のドライバ

Gfg6400drv 久しぶりに、日本DELLサイトのドライバを見てみると、200778日付で7400用のドライバが出ていました。2007715日の記事に書いたように、私はこの頃にWindows Vista Updateでドライバを新しくしました。その時には確か日本DELLのサイトには無かった、という記憶があります。

Driver Detectiveで確認してみると、米国DELLのサイトに最新のドライバが見つかりますが、インストールしてあるものと同じであることが分かります。

日本DELLのユーザーは、日本DELLのサイトからドライバをダウンロードするのが、一番良いと思います。日本DELLは米国DELLよりも若干発表が遅くなるようですが、安心して使えます。つまり、
④(パソコン)メーカーのサイトからアップデートする
のが一番無難です。

2007年9月27日 (木)

DVR-112不具合 続き ドライブを発送した

921日の記事に書いたDVR-112の不具合については、26日夕の状況まで21日の記事を修正していましたが、それ以降を続きとして書きます。

926日夜-----エスティトレード テクニカルサポートからメールが来ました。明確な指示が書いてないところが面白いのですが、「ドライブを着払いで送付するように」ということのようです。納期は「弊社サポート到着より1週間から10日程となります」とあります。
余談ですが、ブログに返事が来ないと書くとメールが届く偶然が2回続きました。偶然は大切にしたいものです。

927日朝-----DVR-112をパソコンから外して梱包し、お昼前に宅配便で発送しました。自作3号機もベアボーンなので、ドライブを外すのは結構手間がかかります。関係のない部品を外してからでないと、DVR-112を外せません。また、10日ほどDVDも使えなくなりますが、仕方がありません。

2007年9月26日 (水)

コンパクトデジカメの使い方 あれこれ。いろいろな使い方があります。

Bfia_2

l L版印刷専用カメラとして使う
1600
1200画素 に設定して使っている人を、数人見かけたことがあります。皆さん、「画像に日付を写し込む」設定にしていました。デジカメでは、画像に日付を写し込まなくても、印刷のときに撮影した日付などを入れることができるのですが。
また、撮った写真をA4で印刷している人もいました。少しカクカクになった花の写真を、「きれいだ」と言っていました。

l ホームページ/ブログ専用カメラとして使う
一人しか知りませんが、カメラは確かIXY DIGITAL 600だったと思います。1/1.8CCD710万画素の、きれいな写真が撮れるデジカメです。このカメラを「S スモール」640 x 480画素に設定してありました。とても贅沢な使い方なのですが、このカメラで撮った写真は、ホームページ/ブログだけでしか使いません。つまり、印刷はしないのです。

l メモリーカードを初期化しない
パソコンを持っているのに、メモリーカード内の写真を消さない人も何人か見かけました。そのためにメモリーカードを何枚も持っている人がいます。また、少しでも多くの写真を撮るために、記録画素数を「ミドル」にしている人もいました。

2007年9月25日 (火)

コンパクトデジカメの設定例 キヤノンPowerShot A620の場合

Psa620 キヤノンPowerShot A620は、1/1.8CCD(総画素数 約740万画素)を使った、有効画素数約710万画素のデジカメです。A620は、コンパクトデジカメの内では、比較的にきれいな写真が撮れる方の機種だと思います。きれいな写真が撮れるコンパクトデジカメは、第一にCCD1/1.8型または1/1.7型などの比較的大きなサイズでないと、難しいのではないかと思います。

以下は、主な私の設定です。「」は初期設定のまま、『』は変えているところです。

l  記録画素数:「Lラージ」3072 x 2304(特別な理由がなければ、カメラの性能を生かすのが普通だと思います)

l  圧縮率:「ファイン」(少しでもきれいな写真を残すために、スーパーファインにすることがあります)

l  デジタルズーム:「切」(パソコンがあるので、当然です)

l  オートフォーカス枠:『中央』(AiAFで使ってみたのですが、どうもしっくりしないので)

l  グリッドライン:『入』(水平垂直の目安と、構図に便利です)

l  カスタム登録:焦点距離を35mmフィルム換算50mm強で登録してあり、普通は『C カスタム』で撮影します。(電源を入れたとき標準レンズくらいになります)

2007年9月22日 (土)

Acronis True Image 11 Home と BartPE

Acronisti11h Acronis True Image 11 Homeが発表されていたので、SD37P2V2(自作3号機)で確認しようとして、DVR-112の不具合に気がつきました。
したがって、Acronis True Image 11 HomeCDSD37P2V2でブートできるかどうかは、確認できていません。

ついでですが、2007313日の記事で「ちょっとしたヒント」と書きましたが、次の二つを確認すれば、BartPEでCDを作成できます。

l 「PC Japan 4月号 P.118」の特集記事

l 「魔法のキキ」さんのサイト

私は、BartPEで作成したCD(10 Home)からブートして、Acronis True Image 10 Homeが動作するのを確認して以来、BartPEは触っていません。こういうのは、続けて使っていないと、すぐに忘れてしまいます。また、最近はVistaPEというのもあるようです。

2007年9月21日 (金)

DVR-112不具合

Dvr112e 昨日、CDに書込みをしようとして不具合に気が付きました。マウント出来ないようなので、CDを読むこともできません。

最近CDを使っていなかったので、気が付くのが遅れました。ブログのDVR-112関連記事を読む人が多いのには、気が付いていたのですが。

9月20日夜-----CDに書けないことに気が付く。エスティトレードのホームページで不具合を確認。エスティトレード テクニカルサポートにメールで問い合せ。

9月21日夜-----当然、読むこともできないことを確認。エスティトレードから音沙汰なし。対応遅い。
ブログ記事更新後、メールで問い合わせの24時間後位に、連絡メールあり。

9月22日朝-----MFD、シリアルナンバーなどを記入して、エスティトレード テクニカルサポートに受付依頼のメールを送信。

9月26日夕-----その後、いまだに連絡なし。以前保守会社に居たことがあり、24時間365日対応の体制作りに参加したことがあるので、まことにのんびりとした対応だと感じますが。

2007年9月19日 (水)

FirefoxとInternet Explorerで違うのかと思ったのですが

Firefoxie 95日の記事にも書きましたが。ココログの記事をInternet Explorerでアップすると、エラーになることがあります。そこで、最近はFirefoxで更新することが多くなっています。

最近、ブログのサブタイトルやプロフィールを少し変更しました。サブタイトルは、前から気になっていたのですが、改行が効かないようです。この変更はFirefoxで行なったのですが、本日見てみると、FirefoxInternet Exploreでは少し違っていました。
図では左がFirefox、右がInternet Explorerです。

しかし、この違いはFirefoxやInternet Explorerのせいではありませんでした。うっかり、文字サイズを小さくすると、右図のよう見えてしまいます。

2007年9月18日 (火)

Norton Password Manager(ノートンパスワードマネージャー)

Nortonconfidential Norton Password Managerは、Norton SystemWorks 2004に入っていたプログラムです。このプログラム用のユーザー名とパスワードだけを覚えておけば、色々なWebサイトで「ID」、「パスワード」、「パラメ-タ」などを入力するときに自動的に覚えてくれて、次回同じサイトを開いたときに、覚えている「ID」、「パスワード」、「パラメ-タ」などを自動的に入力してくれます。
つまり、色々なWebサイトで使っている沢山の「ID」や「パスワード」などを、いちいち入力する必要がありません。
ただし、使っている人が「ID」や「パスワード」を忘れてしまう危険性はあります。

私は、Norton Password Managerをとても便利に使っていたのですが、何故かWindows Vistaには対応してくれません。Windows Vistaに対応しているNorton Confidentialが同じような機能を持っているとのことで、体験版で確認したところ確かに同じように動きます。
ただし私の場合は自動入力が目的ですので、数千円を払って1台のパソコンで使う気はしません。
また、「パスワード」を管理するフリーソフトもあるのですが、これも気が進みません。

2007年9月15日 (土)

デジカメと色空間(カラースペース) 仕様にsRGB Adobe RGBと明記していないのは?

Eoskisscs_2 一般的に、デジカメの画像データに使われている色空間はsRGBですが、ハイエンドの機種では、Adobe RGB色空間の撮影画像データも得られるそうです。また、詳しいことは良く分かりませんが、Photoshop Elementsで処理をするようなときは、sRGB よりもAdobe RGBの方が良さそうです。

新宿ビックカメラで(新宿ヨドバシカメラもよく行きます)「キヤノンEOS Kiss デジタルX」のカタログを見ると、主要性能に「色空間・・・sRGBAdobe RGB」とあります。店員さんに声をかけられたので、「sRGBAdobe RGBとの切り替えはどこでセットするのか」尋ねましたが、ご存じではなかったです。
実際にカメラを操作してみて、「sRGBAdobe RGBとの切り替えがある」ことを確認しました。(EOSでしたが機種は覚えていません)

ところで、一眼レフデジカメでもカタログの仕様に「色空間・・・sRGBAdobe RGB」と書いてあるのが見つからないメーカー・機種がありました。仕様には書いてないのですが、カラーモードとして説明があるメーカーもあるようです。

2007年9月14日 (金)

ノートンインターネットセキュリティ2008 パッケージ版は、9月21日発売だそうです

10月1日の記事も、参考にしてください。

Nisupgrade 昨日、新宿ビックカメラで聞いたのですが、「ノートンインターネットセキュリティ2008」のパッケージ版は、921日(来週の金曜日)発売だそうです。(発表されています)

私は、「ノートンパスワードマネージャー」をとても便利に使っていたのですが、Windows Vistaに対応していません。説明員の話ですと、「ノートンインターネットセキュリティ2008」には似たような機能が組み込まれている」とのことです。「ノートンパスワードマネージャー」と同じように使えると、ありがたいのですが。

もう一つ、私は知らなかったことですが、例えば現在「ノートンインターネットセキュリティ2007」を使っていて、ライセンスがあと150日残っている場合、「ノートンインターネットセキュリティ2008」を購入してインストールすると、『「ノートンインターネットセキュリティ2008」を150日+365日使えるようになる』そうです。つまり、私の場合これまで新しいバージョンが発売されても、古いバージョンが期限切れになってから買い替えていたのですが、新しいバージョンが出たらすぐに買い換えても、問題がなくなったそうです。(実施は、自己責任でお願いします)

9月22日に実施してみたところ、366日になりました。2007の残りは足されませんでした。やはり、2008へのアップグレードのときは、前にインストールされていた2007の残りの有効期限がなくなるようです。

2007年9月13日 (木)

昨日の夕焼けです

Sunset カメラでどのくらい色が出るのか、確認してみました。もう少し早く写真を撮れば良かったのですが、あっという間に暗くなってしまいました。

2007年9月12日 (水)

デジカメと、パソコン、ディスプレイ、プリンター、とのバランス

Psixy パソコンを持っている人ならば、かなりの割合でデジカメを持っていると思います。デジカメも、写真が写れば良いレベルから、高級一眼レフまで色々とあります。

一般には、高級一眼レフを持っている人は、10色や8色インクを使ったA3まで印刷できるプリンターをお使いなのでしょう。また、ディスプレイはナナオや三菱などの、安いノートパソコンが一台買えるような価格のものを使っていると思います。さらに、RAW現像までしている人は、クアッドコアのCPUで、ハードディスク3TBなんていうパソコンを使っている人もありそうです。もちろん、ADOBE PHOTOSHOP CS3などもお持ちだと思います。

そういう人達と比べると、私の使っているデジカメは、キヤノンPowerShot A620IXY DIGITAL 55、まことに可愛らしいものです。また、自作3号機のディスプレイは三菱RDT178VRDT1712VMという普及機。したがって、プリンターも4色(5色)インクのPIXUS iP4300というわけです。

これまでは、デジカメと、パソコン、ディスプレイ、プリンター、とのバランスが大切だと思っていたのですが、よくよく考えてみると、まずはデジカメに一番お金をかけた方がよさそうです。デジカメは入力部分にあたりますし、今日しか撮影できないものがあります。パソコン、ディスプレイ、プリンターなどは、後からゆっくり揃えればよさそうです。ただし、今日1200万画素のデジカメで撮った写真も、数年後には「この写真1200万画素なの、解像度低いね」ということになるかもしれません。

そうは言っても、私は一眼レフデジカメを使う気は未だに全くありません。フィルムカメラではニコンやキヤノンの一眼レフを使っていましたが、今ではとにかく軽くて小さいことが第一です。

2007年9月11日 (火)

PIXUS iP4300紫色っぽいものと 直ったもののサンプル

Ip4300pc 上の図は、昨日の記事にある、PIXUS iP4300で印刷した写真のサンプルです。
左側が最初のころに印刷したもの、右側が本日印刷したものです。印刷は両方とも、Easy-PhotoPrintで行ないました。実際印刷したものを、スキャナーで読み込んだので、色合いなどはかなり変わってしまっていますが、雰囲気は分かると思います。

2007年9月10日 (月)

PIXUS iP4300で写真を印刷すると紫色っぽくなっていた のが直った

825日の記事に書きましたが、7,000枚以上印刷して2年以上使ったプリンター、PIXUS iP4100が故障したので、PIXUS iP4300に買い替えました。ところが、写真をPIXUS iP4300で印刷すると、何となく紫色がかってしまいます。写真の印刷には、Easy-PhotoPrintまたは、Photoshop Elementsを使っています。

PIXUS iP4100で写真を印刷していたときは、紫色っぽくなりませんでした。また、ディスプレイの色とも、余り違わない感じでした。
また、PIXUS iP4100では、何か設定をしたのかも知れませんが、2年以上前のことなので、記憶にありません。

そこで、試しにPhotoshop Elements 5.0を使って、ディスプレイとプリンターとの色合わせをして印刷したところ、ディスプレイに表示されたものに近い色で印刷できました。

何枚かテスト印刷をしているうちに、Easy-PhotoPrintを使って印刷しても、紫色っぽくなくなりました。このことは、Easy-PhotoPrintだけで印刷しているほかのパソコンからも、確認しました。

PIXUS iP4300では、少し使い込まないと色がうまく表現できないのでしょうか。理由は分からないのですが、結果オーライでした。

2007年9月 8日 (土)

ハードディスクの使い方 Windows Vistaの方がWindows XPよりもお行儀が良い?

以前から少し気になっているのですが、Windows Vistaの方がWindows XPよりも、ハードディスクをきれいに使うのではないでしょうか。

私は、ハードディスクの最適化にはNorton System WorksにあるSpeed Diskを使います。そのときの最適化マップを見る限り、どう見てもWindows XPのパーティションよりも、Windows Vistaのパーティションの方が、きれいに使われているように思われます。

話は少し変わりますが、最近のWindows Updateは、すればするほどWindows XPパソコンの動作が遅くなるような気がします。自作2号機、3号機、およびDELL XPS M1210では遅くなる感じは全くないのですが、CeleronSempronを使ったメモリーが1GB未満の、遅いハードディスクを使ったノートパソコンでは、遅さがとても目立ちます。

ついでにWindows Vistaですが、IMEWindowsメールのトラブルは、実際に起こったときの対策に結構時間を取られそうです。もう少し落ち着くのを待つ、というのも一つの考え方かも知れません。

2007年9月 7日 (金)

Photoshop Elementsで作った1280×1024ミントブッシュの壁紙

3 ミントブッシュの壁紙は、結構気に入ったので、3号機でも使ってみました。こちらは1280×1024の壁紙です。デュアルディスプレイなので、図のようなイメージになります。

2007年9月 6日 (木)

Windowsリモートアシスタンス

830日の記事の東芝さんの対応についてですが、初めの内は電話で、途中からは「遠隔支援サービス」で対応したそうです。「遠隔支援サービス」というのは英語では「リモートアシスタンス」ですが、Windowsのリモートアシスタンスそのものではないようです。なんでも、遠隔で操作された赤いマークのところを、ユーザー自身が操作するというものだそうです。

Windowsリモートアシスタンスというのは、インターネットを利用して、パソコン操作のお手伝いをするものですが、実際に使うときは幾つか注意しなければならないところがあります。

l インターネットに接続されていないと使えない
光、ケーブルテレビ、ADSLなど、いわゆるブロードバンド接続されていないと、使うのは無理と考えた方が良いでしょう。

l パソコンがまともに動いていないと使えない
インターネットを使うので、例えば「パソコンが起動しない」、「インターネットに接続できない」などのトラブルでは使えません。「メールが送れない」ときも難しいと思います。

l 本当に信頼できる人でないと頼めない
依頼するパソコンの画面は全部見られてしまいますし、遠隔ですが操作もすべてお任せしてしまいます。もちろん許可をすればの話ですが。
東芝さんのやり方は、ここが改善されているようです。

それでも、チョットしたソフトの使い方や、トラブルの対応などには、大変有効だと思います。

連絡を取り合うのには、普通は電話、チャットを使いますが、skypeを使えばもっと便利になります。

2007年9月 5日 (水)

ココログとInternet Explorer 7では不具合 Firefox 2なら大丈夫

Kokoerr ココログの記事を作っているときに、時々図のようなエラーメッセージに悩まされていました。
私は、ココログのバグではないかと考えていたのですが、たまたま
Mozilla Firefoxを使ってみると、図のようなエラーにはなりません。

となると、怪しいのはInternet Explorer 7ですが。

Windows XPだけのときは、Mozilla Firefoxをかなり使っていたのですが、Windows Vistaではあまり使っていませんでした。理由は、今でもInternet Explorerにしか対応していないという、時代遅れのオンライン証券会社があるからです。
DELL
も昔はInternet Explorerでないと注文を受け付けない時代がありましたが。今では、Mozilla Firefoxでも注文できるようです。

2007年9月 4日 (火)

Internet Explorer 7の要らないツールバーを消す 

Ie7tb Internet Explorer

は、色々なソフトがツールバーを出したがることが多いです。
有名なものとして、『Nortonツールバー』の「詐欺サイトの監視がオンです」という訳のわからない日本語が出てくるものがあります。こういうツールバーは、何かのご利益があるのでしょうが、画面が1行分狭くなってしまうのが困ります。
特に最近のパソコンの画面では、横長のものが多いので、ツールバーで2行、3行と使われてしまうのは、うれしくありません。

これらのツールバーは、「お気に入りセンター」と書いてあるあたりを右クリックして、例えば「Nortonツールバーの表示」左側のチェックを付けたり、外したりすることにより、「詐欺サイトの監視がオンです」の表示、非表示を切り替えることができます。

2007年9月 3日 (月)

Photoshop Elementsで作った1280×800ミントブッシュの壁紙

ミントブッシュの壁紙は、クリックすると1280×800の画像になりますので、個人的に壁紙として使って結構です。

『紫色』の感じがすれば、元の色に近いです。M1210では、何となく青みがかってしまうようです。

解像度1280×768のパソコンでも、違和感なく壁紙として使うことができます。

Photoshop Elementsで写真から1280×800の壁紙を作る(ミントブッシュ)

1280800_2 2007418日の記事で壁紙の作り方を書きましたが、とても細かいところですが少し違っているようなところがありました。
『縦横比を選択のところ「カスタム」にして、幅に「1280」、高さに「800」と入力』とありますが、幅や高さに何も入力していないと、「カスタム」が出ないようです。したがって一番初めは、『まず「自由な形に」を選んで、幅に「1280」、高さに「800」と入力』の方が正確だと思います。幅や高さに
数字が入ると、「カスタム」が出るようになります。

写真の壁紙では、アイコンが並ぶ左の方が少しぼけている写真、を使ってみました。これでもアイコンが見にくいようでしたら、左の端の方を何色かにぼかせば良いと思います。

2007年9月 1日 (土)

Word 2007で、余白にあるものは印刷されるのか

Word2007a_2Word 2007A4用紙を縦に使って、図のような文書を作ったとします。A4用紙縦の場合、標準では余白が上35.01mm、下30mm、左30mm、右30mmとなります。
この標準の余白のまま、イラストと文字を余白内に入れてあります。

また、通常のA4用紙の印刷なので、特に「フチなし全面印刷」は使わないことにします。
プリンターが例えばPIXUS iP4300の場合は、「フチなし全面印刷」を使わないときは、紙の端から上3mm、下5.1mm、左3.4mm、右3.51mmの範囲は印刷できません。
この印刷できない範囲は、プリンターによって違います。

ところで、図のような文書を印刷すると、イラストや文字は、A4用紙の余白にあるのですが、プリンターの印刷可能範囲内にあるので、印刷が行なわれます。このことは、特にWordが2007でなくても同じです。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »