« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月31日 (水)

ノートンインターネットセキュリティ2008のIDセーフ機能を使いたくないときはオフにする

Idsafeoff 私は、一応IDセーフ機能を使っています。ただし、102日の記事に書いたように、「ノートンパスワード マネージャー」と比べて、大変に不満です。

また、IDセーフ機能を使いたくない人もいると思いますが、その場合は「IDセーフをオフにすれば良い」と書いてあります。ところが、このオフが見つけにくいところにあると思います。

IDセーフをオフにするには、「Norton Internet Security」の画面で、『設定』⇒『トランザクションセキュリティ』とクリックすると、IDセーフをオフにすることができます。

洋書バーゲンセール

Bookbg 秋の洋書バーゲンセール、会場は神保町の三省堂でした。場所は分かりやすいのですが、去年よりも狭くなっていました。

Bookpc 猫の写真、バスの形をした本、イタリアの変てこなCDなどなど数点を購入しました。

Bookold 古本まつりもやっていましたが、こちらはさっと眺めただけです。

2007年10月29日 (月)

Windows Vista ノートパソコン こんなに動作が遅い機種があったんだ その後

Akinomi 1012日に、遅いノートパソコンについての記事を書きました。
その後の対応については、知人にお任せしたのですが、結果の報告がありました。
1.ウイルスバスター2007?を購入されていました。
2、メモリーの増設はしませんでした。

1.については、Norton Internet Security 2008の購入をお勧めしたのですが、何故か、ウイルスバスターを購入されていたとのことです。したって、数分で済むはずの作業の代わりに、再度アンインストール、インストール、アップデート、スキャンなどを行なったようです。

私が、Norton Internet Security 2008の購入を勧めた理由は、次の二つです。

l 2007と比べて、反応速度が22%、クイックスキャンが39%高速化、メモリ使用量は69%減少、完全スキャンは12%高速化などと発表されていました。また、私も使ってみて早くなった実感がありました。

l Norton Internet Security 2008をインストール後、2時間かけてアップデートおよび完全スキャンなどを行なったので、あとは数分かかるプロダクトキー入力だけで、当分使える状況になっていた。

2.については、1GBまたは512MBの増設をお勧めしたのですが、お店の人に1GBの話をしたところ、「512MB+1GBはバランスが悪い。1GB+1GBが良く、それには2万円かかる」と言われて、断念したそうです。お店の人は、デュアルチャネルのことを気にしたのでしょうが、それならば512MB+512MBを勧めてほしかったと思います。

1GBまたは512MBのメモリ増設をお勧めした理由は、次のとおりです。

l 「1GBのメモリを増設したところ、とても速くなった」と言う口コミがありました。ただしこの方は、1GBのメモリを4,000円を切る価格で購入したとのことです。デスクトップ用のメモリを増設するのでなければ、この価格でノート用の新品1GBメモリを購入するのは、大変難しいと思うのですが。

l デュアルチャネルの効果については、条件によって一概には言えないようですが、「あまり効果がない」とか、「デュアルチャネルよりも容量の多い方が効果がある」という意見があります。

2007年10月27日 (土)

「デバイス ドライバ」って何だ

Cpudrv 「デバイス ドライバ」は単に「ドライバ」と呼ばれることも多いです。
少し余談になりますが、カタカナ英語では、最後の『ー』は付けても付けなくてもよいと昔に教わりましたが、今はどうなのでしょうか。例えば「ドライバ」と「ドライバー」のどちらでも正しい、と教わりました。
もっと余談ですが、カタカナ英語もどき日本語では「ドライバ」は『ねじまわし』のことです。これは、「コストダウン」、「シュークリーム」などもそうですが、英語としては通じません。 

ところで「デバイス ドライバ」ですが、実態は「ソフトウェア」です。したがってKONITAN流では、インターネットを使ってダウンロードをすることができます。
「デバイス ドライバ」は、装置を制御するための「プログラム」です。ここで装置と書いたのは、周辺機器だけでなく、パソコンの内にある部品のようなものに対しても、「デバイス ドライバ」があるからです。

「デバイス ドライバ」の主なものはWindows Vistaの内に用意されているので、ほとんど気にすることはありません。例えば、CPU、ハードディスク、DVD/CDドライブなどの「デバイス ドライバ」は、あまり話題になることもありません。上の図はCPUの「ドライバ」です。

パソコンで普通話題になるのは、『プリンター』や『ディスプレイアダプタ』の「ドライバ」です。 

また、例えば『無線ルーター』の「デバイス ドライバ」はありません。一方、ノートパソコンの『無線アダプタ』に対する「デバイス ドライバ」はあります。『プリンター』の場合は、無線で接続されているときでも使うためには「ドライバ」が必要です。 

『プリンター』や『ディスプレイアダプタ』などの「デバイス ドライバ」は、時々メーカーから新しいものが提供されます。これをインターネット経由でダウンロードして、新しいものに入れ替えることにより、不具合を直したり、機能を改良することができます。

3日間、「ハードウェア」、「ソフトウェア」、「ファームウェア」、および「デバイス ドライバ」について書いてみました。これらについては、分かりやすい説明を心がけたつもりですが、如何でしょうか。したがって、正確性を欠くところもあると思います。

2007年10月26日 (金)

「ファームウェア」って何だ

Akigumob 現在では、パソコンや周辺機器などの「ハードウェア」そのものの内にも小さなコンピュータのようなものが入っています。さらに、携帯電話機、デジカメ、デジタル放送対応のテレビ、DVDレコーダーなども同じように作られています。
このような「ハードウェア」が動作するための「プログラム」のことを「ファームウェア」と呼んでいます。
例えば、デジカメの電源をONにすると、『ランプがついて、レンズカバーが開いて、レンズが出てきて、液晶画面にあと何枚撮れると表示される』などの動作は、すべてこの「ファームウェア」のおかげです。 

パソコン関連機器では、「無線ルーター」、「DVD/CDドライブ」などが、主に相性に関する機能を改良するために、「ファームウェア」アップデートの対象になることが多いようです。また、パソコンの「ハードウェア」本体を動かすための「ファームウェア」に相当するものを、特に「BIOS(バイオス)」と呼びます。 

「ファームウェア」の実態は「ソフトウェア」なのですが、「ハードウェア」部品の中に入れられており、「ハードウェア」に近い「ソフトウェア」という意味合いで、特に「ファームウェア」と呼ばれます。
したがって、このような「ハードウェア」では、メーカーの提供する「ファームウェア」をインターネット経由でダウンロードして、新しいものに入れ替えることにより、機器の不具合を直したり、機能を改良することができます。
この手順のことを、『ファームウェアのアップデート』と呼び、普通は私たちユーザーが意識して実行をします。 

ただし、デジタル放送対応のテレビ、DVDレコーダーなどは、放送の電波を利用して、メーカー側が一方的に『ファームウェアのアップデート』を行なうようにしています。したがって、テレビなどでは私たちが『ファームウェアのアップデート』を意識することは、ほとんどありません。
個人の所有物を、改良と称して勝手に直してしまうのには、議論の余地があるかもしれません。

2007年10月25日 (木)

「ハードウェア」って何だ。「ソフトウェア」って何だ。

Tombow_2 「ハードウェア」とか「ソフトウェア」というのは、元々はコンピュータ用語です。それぞれを略して「ハード」、「ソフト」とも呼ばれます。
また、「音楽ソフト」、「映像ソフト」などと言うのは、どうも日本だけのことのようです。ここでは、本来の意味であるパソコン関連について、考えてゆきたいと思います。

まず、「ハードウェア」とは、実際に目で見ることができて、触ったりもすることができるもののことです。例えば、ノートパソコン全体はハードウェアです。ノートパソコンの裏ぶたを開けたりすると、ハードディスクやメモリーなどを見ることができます。それらもハードウェアです。それから、プリンターなどもハードウェアです。液晶の画面は、押してみると少し柔らかいですが、もちろん「ハードウェア」です。

一方コンピュータ用語では、「ソフトウェア」とは「プログラム」のことを指します。「ソフトウェア」はそれを直接に目で見ることや触ることができません。Windows VistaWord 2007Photoshop Elementsなどの「ソフトウェア」すなわち「プログラム」は、一般にノートパソコンのハードディスクの中に入っていたり、CDDVDに書きこまれた状態で販売されています。

少し見方を変えて、インターネットを使ってダウンロードできるものが「ソフトウェア」、ダウンロードできないものが「ハードウェア」、というのが分かりやすいかも知れません。
そうなると、たしかに音楽や映像も「ソフトウェア」の仲間と言えそうです。

2007年10月24日 (水)

インタラクティブ:Word2003の機能に対応するWord2007のコマンドリファレンス

Inyw37 Windows XPからWindows Vistaに変えたために、Word2007を使い始めた人は多いと思います。Word 20022003で使いなれた操作をWord2007で行なおうとすると、機能によってはツールがすぐには見つからないことがあります。

上の図のサイトで、『ガイドを開始する』⇒『スタート』とクリックすると、見慣れたWord2003の画面が現われます。

そこで例えば『ファイル』⇒『開く』とクリックすると、Word2007の画面に切り替わって、どこをクリックすれば良いかを、ガイドしてくれます。
実際には、Word2007を開いておいて、このインタラクティブを使うとよいと思います。

もちろん、Excel2007PowerPoint2007に対応した、同じようなサイトが用意されています。このブログを見ている人ならば、タイトルのサイトなどは、簡単に検索することができます。

2007年10月23日 (火)

Windows メールエラー これも、Norton Internet Security 2008のせいかな?

Windowsmail01 Windowsメールの送信で、図のようなエラーが出ました。

試しに、Norton Internet Security 2008を起動して、Norton Internet Security画面で、「設定」⇒「電子メールとメッセンジャー」とクリックして、『発信電子メールスキャン』の『オン』を選び、『オフにする』をクリック⇒15分を選び、「OK」をクリック。
その後にWindows メールを開き、メールの送受信を行なうと、エラーが表示されないで終わりました。

その後、オフにしたところを、オンに戻しました。

2007年10月22日 (月)

Adobe Photoshop Elements 6.0 売っていました

Adobepse61 新宿ヨドバシカメラで、Adobe Photoshop Elements 6.0のデモを行なっていました。1019日発売だったそうです。
デモを少しだけ見たのですが、2.0から5.0迄ほぼ同じだったユーザー インターフェースが、6.0で一新されたようです。

925日以降に購入したAdobe Photoshop Elements 5.0などは、無償アップグレードの対象になるそうですが、私は春に買ったので、もちろん対象外です。

2007年10月21日 (日)

Windows XP KB936181の不具合 その後

この件については、816日の記事に書きました。かなり見に来る人が多かったので、818日に若干補足をしました。ポイントは、プログラム「MSXML 4.0 SP2」を削除して、手動でインストールすることです。少しぼかしてあるのは、正式な対策ではないですし、その時点で他の人が書いたものが既にあって、私はその通りに行こなっただけ、だったためです。

未だに悩まされていたり、再発している例があるようなので、
参考までに、私の行なったことを、もう少し詳しく書いておきます。

まず、プログラム「MSXML 4.0 SP2KB936181)」を削除(アンインストール)しました。手順は、『スタート』⇒『コントロールパネル』⇒『プログラムの追加と削除』とクリックして、「MSXML 4.0 SP2KB936181)」を選び、削除します。
次に、手動で「Windows Update」を行ないました。手順は、『スタート』⇒『すべてのプログラム』⇒『Windows Update』とクリックして、暫くしてから『高速』をクリックします。先ほどアンインストールしたので、当然
KB936181をインストールしたいと言ってくるので、これをインストールします。

私の場合は、これで症状は治まっています。主にWindows Vistaで使っているのですが、1日に1時間ほどはWindows XPで使いますが、不具合は起きていません。

2007年10月20日 (土)

「筆まめVer.18」 と「Word 2007」で 往復はがきを作る

Fudemame21 10月になると、同窓会などが行われることが多いようです。案内と出席欠席には、今でも往復はがきが多く使われています。

住所録の管理や宛名を印刷するのには「筆まめ」がとても便利ですが、文面を作成するのには、「筆まめ」よりも慣れている「Word」で作りたい人が多いのではないか、と思います。
したがって、往信面、返信面ともに、住所・名前などは「筆まめ」で作成して、文面は「Word」で作って「筆まめ」にコピーをするのが一般的だと思います。
ハガキサイズの文書を作るのは、2007831日の記事「名刺の作成」について書いてありますので、それを参考にしてください。名刺と違うところは、『サイズ』で「はがき」を選び、印刷の向きを「縦」にして、『余白』はすべて「5mm」程度にすると良いと思います。

Word 2007」で文面ができたら、ホームタブで『編集』⇒『選択』⇒『すべて選択』とクリックしてから、『コピー』をクリックします。
その後に、「筆まめ」の「
往復はがき」画面で『編集』⇒『貼り付け』とクリックすると、文面のところに貼り付けが行われます。あとは、全体の位置を少し修正して、完成です。

 

2007年10月19日 (金)

パイオニアDVR-112その後

Dvr112124 昨日CD3枚ほど書き込んでみましたが、快調でした。私は、CD/DVDの作成にはB’s Recorder GOLD9を使っていますが、1.24という数字が見えたので確認してみたところ、ファームウェアはV1.24のようです。


ついでですが、先週秋葉原でパーツを見ているときに面白いことに気がつきました。バルクCD/DVDドライブの場合、ものによっては製造年月が見えるものがあります。製造年月日を確認して新しいものを買うのは、スーパーの食料品だけかと思っていたのですが、パソコンパーツも同じなのですね。


また、ショップで見て感じたのですが、CD/DVDドライブもSerial ATA接続の時代になりました。

2007年10月18日 (木)

Norton Internet Security 2008 「Symantec Service Frameworkは動作を停止しました」また出た

Norton20082 先ほどもまた同じエラーが出ました。対策が分かっているので、どうということはないのですが。修正にはまだ時間がかかりそうですね。

Norton Internet Security 2008のIDセーフ IDカード

Norton23 Norton Internet Security 2008の「IDカード」機能を使うと、名前、住所、メールアドレスなどを一度登録しておけば、必要な場面で自動的に入力してくれます。私は、最近新しく登録することはほとんどないので、実際にどのくらい有効に使えるかは確認できていません。カードを複数個作成できるところが、面白いと思います。

Norton Internet Security」の画面で、『IDセーフプロファイルの管理』をクリックして、『IDセーフの設定』をクリックします。

Norton Identity Safe 設定」画面で、「カードの管理」をクリックします。
初めての場合は、『カードの追加』をクリックします。

Norton Identity Safe カードの管理」画面の『一般』タブのところで、『名前』などを入力し、普通は「パスワード」を設定します。更に場合により『連絡先』タブ、『クレジットカード』タブなどで情報を入力します。

『カードの編集』でカードの内容を変えることができますし、不要になったカードは、『カードの削除』で消すことができます。

2007年10月17日 (水)

新宿「きくや」

Kikuya_2

久しぶりの 今回は、新宿西口線路際の「きくや」で軽く一杯。の予定でしたが、中くらいの一杯でした。二階の提灯と、一階の看板が目印です。

周りの様子とは違ってかなりきれいな店で、もつ焼き、お刺身も美味しかったです。値段は、決して安くはないと思います。かなり研究したので、一人4,000円弱になりました。

メンバーの一人が「ブログに自分の写真を載せて欲しい」と言っていたのですが、写真を確認してやっぱり止めました。

2007年10月16日 (火)

キヤノンEasy-PhotoPrintの設定

Easyphotoprint キヤノンEasy-PhotoPrintの最新版はVer.3.6.1です。Ver.3.6.0からWindows Vistaに対応しています。最新版は、勿論キヤノンのホームページからダウンロードすることができます。 

Easy-PhotoPrintで写真をきれいに印刷するためには、次の設定を行なった方が良いようです。
ファイル⇒設定とクリックし、『設定』『印刷』の画面で、『印刷品質:』の「画質優先」を選び、さらに『オプション』をクリックして、『[画質優先]を選択した場合・・・』にチェックを入れます。 

プリンターによって効果が違うようですので、実際に試してから使うのが良いと思います。

2007年10月15日 (月)

Norton Internet Security 2008 「Symantec Service Frameworkは動作を停止しました」

Errmsg1012 私も、1012日にWindowsメールを開始したときに、タイトルのエラーが表示されて、それ以降Windows メールを開くたびに同じようになり、メールが使えない状態になってしまいました。
正確に言うと、@niftyはダメになりましたが、Gmailは大丈夫でした。

対策を探してみたところ、シマンテックからの回答として次のような手順が書いてあるのを2か所ほど見つけました。

Norton Internet Security 2008を起動して、Norton Internet Security画面で、「設定」⇒「電子メールとメッセンジャー」とクリックして、『着信(発信)メールスキャン』の『オン』を選び、『オフにする』をクリックする。


以下は、私の操作した手順です。

セキュリティ要求画面で、期間15分のまま、「OK」をクリックする。
Windows メールを開き、
エラーが表示されないで、メールの送受信が終わったら、先ほどオフにしたところを、オンに戻しておきます。これは、放っておいても15分経てばオンになります。


その後は、エラーが起こらなくなっています。

2007年10月12日 (金)

Windows Vista ノートパソコン こんなに動作が遅い機種があったんだ

Karasuuri 今年5月の連休前に購入したWindows Vista ノートパソコンが、「とても動作が遅いので見てほしい」と言われたので確認をしてみました。
機種は、NEC LaVie LL370/HDWindows Vista Basic)でしたが、本当に遅いです。例えば、キーボードを押してもすぐには文字が現れませんし、変換キーを押すと暫く考えてから変換します。
あまりに遅いので、購入店に持っていったところ、「こんなものです」「しばらく使えば早くなります」と言われたそうです。

とりあえずは、ウィルスバスターの使用期限が切れていたので、Norton Internet Security 2008体験版をインストールしてから、2時間ほど延々とWindows Updateなどを行ないました。その後ざっと見たところでは、特に問題はなさそうなので、元々こういう性能なのでしょう。

Webで調べてみると、メモリー512MBを+1GB増設したら早くなったという記事がありました。(実施していない、書いただけの記事のようですが)
購入後5カ月経っているので、交換・返品は難しいと思いますので、増設メモリーの購入および、Norton Internet Security 2008の購入をお勧めしました。果たしてどの位早くなるでしょうか。

ところで、今日は秋葉原の「ヨドバシカメラ」をのぞいてみたところ、パソコンの秋冬モデルが大体出揃っていました。気がついたのは、国産メーカーのものにはWindows Vista Basicモデルがないことです。
今年の春に、Windows Vista Basicならばメモリーが512MBで、Celeronでも大丈夫と思って発売したところ、評判が悪かったということではないでしょうね。

10月29日に続きの記事があります。

2007年10月11日 (木)

Windows XPのときに使っていたハードをWindows Vistaで使う

Kosumosub 2007224日の記事ではNet-Hawk EP100について、513日の記事ではプリンターについて書きましたが、もう一度整理しておきます。

結論から言うと、使えるときは大きく分けて次の3通りがあります。ただし、常に例外があり得ます。
1.特に何もしなくても、接続するだけで使える。2.Windows Vista用ドライバーをインストールすれば使える。3.使うためにパソコンの設定は必要。
その他に、Windows Vistaでは使えないハードがあります。

1.接続するだけで使えるもの(実は既にドライバーがインストールされているなど)
USB
メモリー、外付けハードディスク(USB接続)、カードリーダー(USB接続)、スピーカー(ジャック接続)などは、接続するだけでそのまま使えます。デジカメも使えると思います。LANケーブルも感覚的には、接続するだけで使えるでしょう。

2.Vista用ドライバーをインストールすれば使える
プリンター、スキャナ、無線カードなどは、Windows Vista用ドライバーを、パソコンにインストールしなければなりません。スピーカー(USB接続)、Webカメラなどもそうでしょう。
つまり、Windows XPで使ったときにWindows XP用ドライバーをインストールしたものは、Windows Vistaで使うためには、Windows Vista用ドライバーをインストールしなければ使えないことが多いです。
ただし、Windows Vistaが用意したドライバーを自動的にインストールしてくれることがあります。このときは、1.と同じように感じられます。
もし、Windows Vista用ドライバーが提供されていないときは、原則的にそのハードをWindows Vistaで使うことはできません。

3.設定をすれば使える(無線機能などは自動的につながるのですが、通信をするための設定が必要です)
これまで使っていた無線ルーターなどは、普通はWindows Vistaパソコンでもそのまま使えます。ただし、接続のためのパソコン側の設定は、必要だと考えてください。
また、
Windows Vistaパソコンで無線ルーターそのものの設定を変えるときは、Windows Vistaに対応した設定用のソフトをインストールしなければなりません。もし、Windows Vistaに対応した設定用のソフトが提供されていないときは、無線ルーターなどの再設定は、Windows XPのパソコンで行なう必要があります。
例えば、MACアドレスのフィルタリングを使っていたときは、当然無線ルーターの再設定が必要になります。

4.その他
我が家で一番面倒だったのは、Net-Hawk EP100です。ファームウェアをアップデートし、設定ユーティリティをアップデートしてから、使うための設定を行ないました。内蔵型のハードでは、こういうタイプが多いかも知れません。

2007年10月10日 (水)

Windows Vistaここがおかしい(チルダ)

l  チルダって本来こういうのだったと思うのですが。Tilda1

Internet Explorerのアドレスバーに入力すると

l  Windows Vistaでは、こんな風になります。Tilda2

2007年10月 9日 (火)

Norton Internet Security 2008 IDセーフ ログイン管理機能の使い方

Nistoolbar IDセーフを使うためには、初めに「IDセーフのセットアップ」を行なう必要があります。一度「IDセーフのセットアップ」を行なうと、次回からは「IDセーフにログイン」するだけで、IDセーフを使うことができます。

2008の「Nortonツールバー」は2007よりも可愛らしくなっているので、出しっぱなしにしておいても良いと思います。
その場合、ログインは「Nortonツールバー」の「ログイン」から行なうことができます。
Idslogin ログイン画面は、必要になったときに自動的に出てきます。

ID」、「パスワード」入力が必要なサイトでそれらを入力すると、入力したものを保存しておくかどうかを聞いてきます。「はい」をクリックすると保存され、次に同じサイトを開いたときに、「ID」、「パスワード」などを自動的に入力してくれます。

2007年10月 6日 (土)

Acronis True Image 11 HomeはSD37P2V2でブート出来た「pc_keyb:controller jammed(0XFF)」エラー出ない

Acrois11b DVR-112不具合のため、Acronis True Image 11 HomeCDからブートできるかどうかの確認が遅れていました。DVR-112が新品交換されたので、CDからブートしてみると、無事に起動出来ました。

Acronis True Image 10 HomeなどでCDからブート出来なかったのは、恐らくSD37P2V2PS/2ポートが無いためだと思われますが、同じ様にLinuxを使っているXenoppixが問題なく動いていたので、解決するのは時間の問題と思っていました。これからも、新しい構成のパソコンでは、同じような問題が起こる可能性があります。

ところで、なぜCDからブートできることが重要かという理由は、皆さんご存じだと思いますが、念のために少しだけ書いておきます。

例えばTrue Imageで、システムのハ-ドディスクを、外付けのハードディスクにバックアップしたとします。トラブルが起きてバックアップから修復をしなければならないときは、一般的にWindowsが起動しなくなったときです。このようなときは、Windows無しでCDからTrue Imageを起動して、システムのハードディスクを復旧しなければなりません。


また、テストしたAcronis True Image 11 Homeは、米国の体験版です。日本語版は、株式会社プロトンからの発売を待たなければなりません。

2007年10月 5日 (金)

パイオニアDVR-112不具合は一件落着

本日午前中に、ST-Tradeから宅配便でDVR-112が届きました。

対応は、結果的に新品交換になりました。届いたドライブの製造日は、SEPTEMBER 2007とあります。自作3号機に取り付け直して、CDおよびDVDの書き込みと読み出しができることを一通り確認しました。

920日に不具合に気付き、921日にメールで連絡、927日にドライブを送りました。2週間で解決したのは、早い方なのでしょうか。
(これまでの経過については、92127日の記事にあります。)

はっきりしないのですがファームウェアがV1.09のときは特に問題なかったような気がするのですが、V1.22にしたのが原因なのでしょうか。
(ファームウェアの更新については、815日、16日の記事にあります。)

また、前にも書きましたが、ファームウェアの更新については、Windows Vistaに対応していないのが気になります。

2007年10月 4日 (木)

Word2007で切り取り線を作る

Kiritori 水平な切り取り線は、文字の両側に『マイナス キー』を押して、いくつかの『マイナス』を入れることにより、作ることができます。
ただしこの方法では、余白のところに切り取り線を作ることができません。

余白のところまで伸びた切り取り線は、テキストボックスを使うことにより、作ることができます。
また、線については、「ページ罫線」を使ったり「図形の線」を使うと、色々な形の線を引くことができます。

上の図では、メイリオで「✂キリトリ線」と入れてみましたが、斜めに切り取り線を入れるところで、ワードでは文字が化けたりしてしまいました。そこで、斜めの線を作るのにPowerPointの助けを借りました。

2007年10月 3日 (水)

Windows Vistaここがおかしい(起動できない、開けない)

Start

l スタートメニューから「Microsoft Office Word 2007」をクリックしても、ワードを起動できません。(多分、起動できなくなりました)
デスクトップアイコンをダブルクリックすれば、ワードを起動できます。

l スタートメニューから「コンピュータ」を右クリックして、「プロパティ」クリックすると、システムの画面になります。ここで「タスク」の「デバイスマネージャ」をクリックしても、「デバイス マネージャ」を起動できません。(多分、起動できなくなりました)
「デバイス マネージャ」を起動するためには、「スタート」⇒「コントロールパネル」⇒「システムとメンテナンス」とクリックして、「デバイス マネージャ」をクリックします。

2007年10月 2日 (火)

ワード2007で写真(図)の周りをぼかす

Fuurinichic 721日の記事の写真は、Photoshop Elementsで加工したものですが、ワード2007でも、上図のように写真の周りをぼかすことができます。

作成した手順は、挿入した写真を選び、「書式」タブで「トリミング」してから、「図の効果」→「ぼかし」→「25ポイント」としました。
ぼかしの度合いをポイントで指示するところが面白いですね。

ハガキなどを作る時に便利だと思います。


さらに、「図の形状」→「基本図形」を使うと、下図のようにもできます。

Fuurinichid

Norton Internet Security(ノートンインターネットセキュリティ)2008のIDセーフ機能

IdsafeliIDセーフ機能」を使ってみましたが、「ノートンパスワードマネージャー」とほぼ同じに使えそうです。

もともと私が使っていたのは、「IDセーフ機能」の「ログインの管理」に当たるところが主だったので、まず「ログインの管理」を使ってみました。


IDセーフにログインをしておくと、「ID」、「パスワード」が必要なサイトで、入力した「ID」、「パスワード」を保存して、次回から自動入力してくれることを確認しました。


ただし、「ノートンパスワードマネージャー」で対応できていたサイトで、「IDセーフ機能」では対応できないサイトがあります。つまり、「ID」および「パスワード」を入力するサイトなのに、図のようなウィンドウが出て来ないサイトがあるのです。また、「ID」、「パスワード」以外の「パラメータ」保存・入力がうまくいかないサイトもあります。

最低「ノートンパスワードマネージャー」と同じ機能は欲しいところですが。


9月18日に関連記事があります。

2007年10月 1日 (月)

Norton Internet Security(ノートンインターネットセキュリティ)を2007から2008に変える

9月14日の記事に書きましたが、私は2007の残りの有効期限を使えなくしてしまいました。理由は、2008のパッケージ版を購入・インストールして、パッケージ版のプロダクトキーでアクティベーションをしてしまったためです。

私はどちらかと言うと事前に調べる方なのですが、今回は失敗をしてしまいました。基本は、『アクティベーションしたプロダクトキーは、1年間有効』ということのようです。
具体的な方法については、調べれば簡単に見つかると思います。

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »