« Windows Vistaは売れているのか その後(1週間のデータでは) | トップページ | 「半角」と「全角」の文字入力 »

2007年11月 9日 (金)

文字の「半角」と「全角」

Hanzen まず覚えておきたいのは、次のようなことです。

l 「漢字」、「ひらがな」には、「全角」だけがあります。「半角」はありません。

l 「英数字」には、「半角」と「全角」の両方があります。
一般的には、「半角の英数字」を使います。
ただし、日本語の文章では、文字の大きさやバランスを考えて「全角の英数字」を使うこともあります。
また、「英数字」の中には記号も含まれています。

l 「カタカナ」にも、「全角」と「半角」とがあります。
「半角」の「カタカナ」は、今ではほとんど使われません。特にメールでは「半角」の「カタカナ」は、文字化けをするので、絶対に使ってはいけません。

 よく「半角文字」は幅が「全角文字」の幅の半分だと言われます。確かに文字の幅が半分になることもあるのですが、これは固定幅の同一フォントを使ったときだけのことです。「半角のカタカナ」は見た目でもわかることが多いのですが、英数字のときは、フォントによって幅はかなり違います。

「半角」と「全角」を使い方で整理すると、原則は次のようになります。

1. 「英数字」は半角を使う。

2. 「カタカナ」は全角を使う。

自分で文書などを作成するときは、「全角の英数字」、「半角のカタカナ」などを使うのは自由ですが、なるべく原則に従うのが良いと思います。


« Windows Vistaは売れているのか その後(1週間のデータでは) | トップページ | 「半角」と「全角」の文字入力 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36154/17021665

この記事へのトラックバック一覧です: 文字の「半角」と「全角」:

« Windows Vistaは売れているのか その後(1週間のデータでは) | トップページ | 「半角」と「全角」の文字入力 »