« DELL XPS M1210 ディスプレイ 色の調整 | トップページ | ノートパソコンのハードディスク パーティションの例 »

2007年11月19日 (月)

ハードディスクのパーティション ノートパソコンの場合

ここでは、購入する人が多いと思われる、ノートパソコンを見てみました。

最近のノートパソコンのハードディスク容量は80GB200GBとなっていますが、多いのは120GBまたは160GBのようです。

ハードディスクのパーティションについては、次のような例があります。

1. 2パーティションにすることを選べ、パーティションの大きさを指定できる。
例えばDELLノートパソコンの場合は、Cドライブとして40GBまたは60GBを指定できます。残りがDドライブの2パーティションとなります。もちろんCドライブだけの、全体を1パーティションにすることも選べます。

2. 全体が1パーティションとなっている。
例えばソニーノートパソコンの場合はCドライブだけです。
ソニーも昔は2パーティションでCドライブとDドライブの大きさをほぼ同じにしている機種がありました。

3. CドライブとDドライブの2パーティションになっている。Dドライブは10GB程度で残りがCドライブになっている。
たとえば東芝の場合、Dドライブは10.7GB、残りがCドライブです。

« DELL XPS M1210 ディスプレイ 色の調整 | トップページ | ノートパソコンのハードディスク パーティションの例 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36154/17124269

この記事へのトラックバック一覧です: ハードディスクのパーティション ノートパソコンの場合:

« DELL XPS M1210 ディスプレイ 色の調整 | トップページ | ノートパソコンのハードディスク パーティションの例 »