« 市販のノートパソコンで、ハードディスクをCとDとのパーティションに分けて使いたいときは | トップページ | Acronis True Image 11 Home 日本語版は2008年1月25日発売 »

2007年12月15日 (土)

Office IME 2007のKANAキーロックとNumロック

814日の記事で、Num Lock(ナムロック)について書きました。
Num Lock
と似ているのですが、KANAキーロックについても時々相談されます。

KANAキーロックの状態になっていると、例えばローマ字ひらがな入力で『あ』と入力しようとして「A」を押すと、『ち』が入力されます。
Kanal KANA
キーロックの状態になっているときは、「Microsoft Office IME 2007」の言語バーは図のように、KANAの文字が青くなっています。

KANAキーロックの状態を解除するには、青いKANAの文字をクリックするか、またはキーボードの「Alt」キーを押しながら「カタカナ」キーを押します。このとき、Vistaalthi 図のような確認メッセージが出ます。
また、KANAの文字をポイントすると、KANAキーロックの状態にかかわらず「(このKANAという文字は)KANAキーロック状態(を表わします、青くなっているとロックされています)」と表示されます。 

ついでに、我が家のDELL XPS M1210の「Microsoft Office IME 2007」では、Numロックの状態でu i oなどのキーを押しても4 5 6とはなりません。これはどういう訳でしょうか。

« 市販のノートパソコンで、ハードディスクをCとDとのパーティションに分けて使いたいときは | トップページ | Acronis True Image 11 Home 日本語版は2008年1月25日発売 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36154/17371157

この記事へのトラックバック一覧です: Office IME 2007のKANAキーロックとNumロック:

« 市販のノートパソコンで、ハードディスクをCとDとのパーティションに分けて使いたいときは | トップページ | Acronis True Image 11 Home 日本語版は2008年1月25日発売 »