« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月30日 (水)

バッファローのNAS LS-WTGL/R1シリーズ(LS-W1.0TGL/R1)の最新モデル(ファームウェア2.04) ここが変わった

Lswtglr1v2 たまたま、バッファローのNASLS-W1.0TGL/R1)の最新モデルを使うチャンスがあったので、これまでのモデル(ファームウェア1.xx)との違いを見てみました。

l 背面のレイアウト

電源スイッチ(緑ケーブルの上)は、一つのスイッチで『AUTOONOFF』に切り替えるようになった。
初期化スイッチは、FUNCスイッチとなった。
USBコネクタが2個になった。

l ファンの回転数が上がって、音がかなりうるさくなった。(個体差かもしれない)

その他、最新モデルとは直接関係ないが

l NAS Navigator2になって、機能・操作手順が変わった。

l ハードディスクの交換については、『ユーザーによる交換』から『バッファロー修理センターへの依頼』に方針を変えたようだ。

2008年4月29日 (火)

何故、ハードディスクのデータ末梢をするのか

以前、初期不良によるハードディスクの交換を依頼したことがあります。購入してから3週間くらい経っていたので、それまでにかなりの量の、私にとっては重要なデータを入れていました。

このときは、『データ機密保持につきまして』という表題で、「返品ハードディスク内のデータを外部に漏洩しない」という内容の文書をメーカーに作ってもらいました。ただし、この文書は『バッファローからヨドバシカメラ宛』でした。

また、『ハードディスクエラーのメッセージ』を信じて、ハードディスクが読み書きできないことを未確認のまま返品をしました。

もしハードディスクがまだ読み書きできるときは、自分でハードディスクの内容を抹消するのが、一番確かだと言えるでしょう。
そういうわけで今回は、ハードディスクのデータを抹消してみました。

2008年4月28日 (月)

500GBのハードディスク データ末梢にかかった時間は8時間30分でした

Drivecleanser もちろん、データ末梢中にもパソコンは普通に使えるのですが、こんなに時間がかかるとは思いませんでした。
また、末梢のパターンもいくつもあるので、1パスの方法ならば、ずっと早く消すことができるのではないかと思います。

2008年4月23日 (水)

Vista IE7でJavaがまた動かなくなった IEしか対応していないサイトは困る

IE7で動かなくなるのは、以前うっかりしてIE7で「Microsoftのもの」をインストールしてしまったからなのだろうか。それでもJava 6 Update 5の最新版で、FirefoxSafariも動くのに、IE7だけが動かないのは、誰が見てもIE7が駄目だということだろう。

したがって、現在はRadishの速度測定や、新生銀行の為替グラフをIE7で見ることができません。
実は、これには全く困っていません。むしろ、カブドットコム証券が事実上IEにしか対応していないのは、大いに困ったものです。

また、我が家の場合IE7でJavaが動かなくなるのは、2台あるVistaパソコンの内の1台だけです。動かなくなるのはSD37P2の方で、M1210の方は特に問題は出ていません。これは、機種の違いのためではなくて、恐らくSD37P2の方で実験的な使い方をすることが多いからだと思われます。

Windowsでは、パソコンによって1台1台症状が違うトラブルが出るのは、ごく当たり前のようです。これらのトラブルを解決しようとして、インターネーットが盛んに使われているようですね。

2008年4月22日 (火)

無線LANのセキュリに関するガイドライン

Lansec 社団法人 電子情報技術産業協会から『無線LANのセキュリティに関するガイドライン』(改訂版)が20044月に出されています。

具体的な使い方(設定)については『安全に使うためのチェックポイント』
http://it.jeita.or.jp/perinfo/committee/pc/wirelessLAN2/index.html
として、3点を設定することを勧めています。

公衆無線LANなどでない限り、この3点は必ず設定したいものです。

2008年4月21日 (月)

ミントブッシュが少し咲いた

Mb42148

4月18日、19日に書いた記事の補足

418日、19日の記事では、ルーターが『ユーザー名/ID』と『パスワード』を使って、自動的にダイヤルをしてプロバイダーに接続をする、と書きました。これは、例えば@nifty光ファイバーのような、PPPoE接続の場合を前提としています。

プロバイダーがYahoo! BBCATV会社のときは、接続方法が少し違います。この場合は、ダイヤルをしなくてもつながりっぱなし、と考えてください。

また、パソコン1台だけを有線接続で使うときは、ルーターなしでパソコンからダイヤルをしてプロバイダーに接続することが多いようです。もちろん、パソコン1台だけの有線接続なのに、ルーターを使っていることもあります。時には、ルーターがあるのに、パソコンからダイヤルをしていることもあります。

2008年4月19日 (土)

『ルーターのパスワード』は忘れないように 付属のマニュアルも大切に保存 しましょう

IP電話を使っている人、無線LANを使っている人、複数のパソコンをインターネット接続している人、はルーターを使っています。

IP電話を使っている人は、プロバイダーから白や黒の箱が送られてきたはずです。この箱がルーターです。
無線LANを使っている人は、プロバイダーから送られてきた無線ルーターを使っている人もあれば、無線ルーターを買ってきた人もいると思います。

ルーターを使っている場合、普通はルーターが自動的にダイヤルをしてプロバイダーと接続をします。つまり、例えば昨日書いた『ユーザー名/ID』と『パスワード』の情報がルーターに書き込んであります。
また、ルーターに書き込んだいろいろな情報をむやみに書き換えたりしないように、『ルーターのパスワード』が設定できるようになっています。

この『ルーターのパスワード』が分からなくなってしまうと、ルーターにどのような設定がしてあるかの確認ができません。そして、何か設定を変える必要が出たときに、変えることができないというわけです。
『ルーターのパスワード』が分からなくなったときは、最後の手段として「工場出荷時に戻す」リセットをすればよいのですが、その場合 すべての設定をゼロからやり直さなければなりません。そのためには、『ユーザー名/ID』と『パスワード』の情報、IP電話についての情報、無線設定についての情報など、が必要になります。
また、普通は
ルーターのマニュアルが必要になります。

もし、ルーターの設定を他の人に依頼した場合は、必ず『ルーターのパスワード』を確認しておきましょう。

2008年4月18日 (金)

『ユーザー名/ID』と『パスワード』は重要です プロバイダーから送られてきた資料は、大切に保管をしましょう

プロバイダーとの契約が済んで、インターネットが開通する少し前に、プロバイダーから『開通のお知らせ』などという『資料』が送られてきます。
この資料には、『ユーザー名/ID』と『パスワード』などが書かれています。この『ユーザー名/ID』と『パスワード』はとても重要な情報ですので、送られてきた『資料』は大切に保管をしておかなければなりません。

『ユーザー名/ID』と『パスワード』さえあれば、プロバイダーとの契約内容の確認・変更、メール設定内容の確認、料金の確認、などすべての操作をすることができます。また、プロバイダーが提供している「ホームページ作成」や「ブログ作成」を利用するときにも、『ユーザー名/ID』と『パスワード』が必要になります。

もともと、インターネットが使えているということは、『ユーザー名/ID』と『パスワード』を使ってプロバイダーに接続をしているので、最初に接続した時には必ず使っているのですが、送られてきた『資料』が見つからなくなってしまうこともあるようです。

もしこの資料が見つからなくて、『ユーザー名/ID』と『パスワード』が分からなくなったときは、再入手しなければなりません。@niftyでは、『パスワード』についてはホームページから申し込みができるようです。

2008年4月17日 (木)

コレガ無線ルーター CG-WLBARAGND 11aの電波が細って 初期不良で交換

実はこのために、昨日CG-WLBARAG2の動作確認をしました。

CG-WLBARAGNDは購入後5週間くらいになるのですが、初期不良のために本日交換をしてもらいました。症状は、11aの電波がだんだん弱くなって、ついに接続できないほど弱くなってしまいました。11gの方は大丈夫です。

今から思えば、使い始めてから2週間くらい経ってから、だんだんと11aの電波が弱くなったようです。前にも書きましたが、無線で使っているのはパソコン3台です。初めは3台とも11aで使っていたのですが、2週間くらい経ったときに1台がつながらなくなりました。3台の内では条件が一番厳しいところに置いてある自作2号機です。このときは、11gの方でつながったので、この1台は11gを使うことにしました。

次につながらなくなったのは、M1210でした。これはドライバの入れ替えなどをして、つながるようになったと思っていたのですが、後で確認すると実は11gでつながっていました。

11aの電波がとても弱くなっているのに気が付いたのは、3台目のシャープノートパソコンがつながらなくなった時でした。このときにも、初めは使っている11aのアダプターを疑っていました。M1210が実は11gで動いていたのを見つけたのは、この後でした。

2008年4月16日 (水)

iPod touchの無線接続で、ルーターのインターネット接続が切れる

本日、バックアップ用無線ルーターCOREGA CG-WLBARAG2の動作確認をしました。

このとき、iPod touchを接続しようとすると(接続したとたんに)、何故かルーターのインターネット接続が切れます。したがって、他のパソコンもインターネットを使えなくなってしまいます。

初めはルーターを疑ったのですが、411日の APPLE SUPPORT UPDATES No.435にあった「iPhone and iPod touch: Wi-Fi 使用時のヒント」に従って『DHCPリースの更新』を試してみたところ、インターネット接続が切れなくなりました。

2008年4月15日 (火)

Windows Vistaでワードの文書に地図を入れる

Snipping_tool ワードで作った案内文書などで、地図を入れたいことがあると思います。地図は、googleマップなどで、パソコンの画面上に表示されているものとします。

ワードには『図をファイルから挿入する』機能がありますので、パソコン画面上に表示された地図の必要な部分をコピーして、ファイルにして保存できれば問題は解決します。地図の場合は、単純に長方形に切り抜いて保存すればよいので、Windows VistaではSnipping Toolが使えます。

アクセサリにあるSnipping Toolを開くと、画面全体が半透明になって図のようなウィンドウが出てきます。テキストボックスを作るときと同じ要領で、地図の切り取りたい部分の左上でクリックして、右下までドラッグします。すると、画面上の選んだ範囲が切り取られます。ここで「ファイル」→「名前を付けて保存」とクリックして、ファイルとして保存をします。

規定値では、切り抜いた周りの線が赤になっていたと思います。オプションでインクの色を銀色などにすると、周りの線があまり目立たなくなります。

2007811日に、関連記事があります。

2008年4月14日 (月)

規定値ではメールの字が小さくて読みにくい

Outlook Expressの規定値では、メールを作るときの文字の大きさが10ポイントになっています。文字の大きさはフォントによっても変わりますが、既定のフォントUI Gothicでは、10ポイントでは少し小さすぎます。そこで、一般的には文字の大きさを12ポイントで使うことが多いようです。

Outlook Expressを使って12ポイントでメールを作成するためには、「ツール」→「オプション」とクリックして『作成』タブを選び、『作成時のフォント』メール:の右側で「フォントの設定」をクリックして、『サイズ』で「12」を選び「OK」を押します。

念のためですが、『クリック』、『選ぶ』、『押す』は同じ操作です。おまけですが、『ダブルクリック』と『開く』は同じ操作です。

 

2008年4月10日 (木)

インターネットラジオを聴くのなら、iTunesが便利

Itunes2 iTunesは、起動すると左側ライブラリの下に『ラジオ』が出てくるので、これをクリックすると、ジャンルが出てきます。ジャンル左側の『三角形』をクリックすると、放送局の一覧が出てきます。聞きたい『放送局』をダブルクリックすると、放送が聴けます。

Windows Media Playerでも iTunesと同じようにして、インターネットラジオを聴くことができるのですが、操作方法を知っている人は少ないのではないでしょうか。

2008年4月 9日 (水)

iPod touchは楽しい

Ipod_touch_0409 皆さんもiPod touchのことはご存じだと思いますが、本当に良くできています。

iPod
はとても多くの人が使っているので、電車の中などでよく見かけます。iPod touchはまだあまり街で見かけたことがないのですが、ヨドバシカメラなどの売り場に行くと、買っている人を見かけます。お店の人も売れていると言っていました。

iPod touchはとても良くできているだけに、多くの機能を使いこなすのは少し大変です。それでも、パソコンでワードやエクセルを勉強するよりは、パソコンとiPod touchの使い方を勉強するほうが、はるかに楽しいと思います。

パソコンを買い替える時は、4万円ほど安いパソコンにして、その4万円でiPod touchを購入する方が、楽しめることが多いのではないでしょうか。

2008年4月 8日 (火)

Microsoft Office Outlook 2007でメッセージをサーバーに残す

少し見つけにくかったので、改めて書いておきます。(2008.06.26一部修正)

「複数のコンピュータでPOP3電子メールメッセージを読む」というタイトルで、マイクロソフトのサイトに詳しく書いてあります。

手順を簡単に書くと、「ツール」→「アカウント設定」とクリックし、変更したい『POP3電子メールアカウント』を選び、「変更(A)」をクリック。「詳細設定」をクリックして「詳細設定」タブの『サーバーにメッセージのコピーを置く』を選びます。

2008年4月 7日 (月)

Windowsメールとアドレス帳 変ではなかった

Winmailaddr 20071224日の記事に、 Windowsメールで「メールの作成」→「宛先」とクリックすると、名前が『名・姓』の順に並んで表示されます。 と書きました。

この時に出てくる『受信者の選択』ウィンドウで、『名前』のところをクリックすると、
並び方を『名・姓』⇒『姓・名』⇒『名・姓』・・・と変えることができるようになっていました。

2008年4月 5日 (土)

コレガ無線ルーター CG-WLBARAGNDのデバイスドライバはありません

20071027日の記事に書いたように、無線ルーターのデバイスドライバは存在しません。つまりCG-WLBARAGNDのドライバはありません。したがってCG-WLBARAGNDのドライバのアップデートもありません。ただし、CG-WLBARAGNDのファームウェアのアップデートは大いにありそうです。

例えばネットワークアダプタはデバイスです。したがってデバイスマネージャで型番などを確認することができます。一方無線ルーターはデバイスではないので、デバイスマネージャで確認することはできません。無線ルーターは、ネットワークをクリックすると見ることができます。

2008年4月 4日 (金)

パソコンの音が出ないときはまずミュートを確認

Mute パソコンの音が出ないときは、まずタスクバーの右端にある「スピーカー」の形をしたアイコンを確認してみましょう。「スピーカーアイコン」をクリックすると、図のような音量調整のスライダーがでてきます。

下のスピーカーのところに『図のようなマークや赤い×マーク』が出ているときは、『ミュート』が押されていて音が出ないようになっています。この場合は『スピーカーマーク』を押して、赤いマークを消すと音が出るようになります。

また、図のように音量調整のスライダーが最小になっていると、音がとても小さくなっているので、音が出ないように感じることがあります。このときは、スライダーを中間の位置に動かしてみます。

2008年4月 3日 (木)

Windows Vistaアドレス帳のグループ化

「アドレス帳」は「メール用アドレス帳」と考えがちですが、「メール専用アドレス帳」ではありません。

「アドレス帳」で『アドレス』をグループ化するには、まずアドレス帳を開きます。ここでは、「スタート」→「アカウント名」(スタートを押したとき右側の一番上に出る)とクリックして、出てきた「アドレス帳」を開きます。

メニューバーの「新しい連絡先グループ」をクリックして『グループ名』を入力します。このとき注意するのは、「アドレス帳」のフォルダの種類が「連絡先」になっていないと「新しい連絡先グループ」が出てきません。

グループにアドレスを登録するには、「連絡先グループに追加」をクリックします。出てきた「アドレス帳」の中から、グループに登録するアドレスを選んで「追加」を押します。

『連絡先グループ』のメンバーを確認してから「OK」を押します。

2008年4月 2日 (水)

「筆まめ」(Ver.18)で「宛名のレイアウト」を登録保存する・使う

Fudemame18l「 筆まめ」で宛名を印刷するとき、例えば縦書きのはがきでは住所が妙に右に寄りすぎたりします。また、タック紙ではなぜか字がとても小さくなります。そこでレイアウトなどを調整して、繰り返しそのレイアウトを使いたいことがあります。

例えばタック紙の場合、2007726日の記事にしたがって、「宛名ウィンドウ」で郵便番号、住所、氏名などの文字を大きくしたりして位置を調整します。このレイアウトを保存するときは、まず「宛名ウィンドウ」の「登録」をクリックします。「宛名フォームの登録」ウィンドウになるので、ここでも「登録」をクリックします。Ver.18ではここで「宛名レイアウト名」入力ウィンドウになるので、『レイアウト名』を入力して「OK」をクリックします。これで、レイアウトが登録保存されます。

登録保存した「宛名のレイアウト」を使うときは、「宛名ウィンドウ」で「用紙」をクリックすると、「用紙フォームの選択」ウィンドウが出てくるので、『ユーザー』の中から登録保存したレイアウトの名前を選んで、「決定」をクリックします。

このことは、「筆まめ18ユーザーガイド」のP.106P.107に書いてあります。

2008年4月 1日 (火)

Windows Vistaで夢メール 使い方はWindows XPのときとは少し違う

Windows Vistaで夢メールの『投稿ひな形』を使いたいと言われたので、夢メールのサイトで「投稿ひな形」→「ひな形使用方法詳細説明」とクリックして『投稿ひな形使用方法』(Outlook ExpressということはWindows XPでの説明)の通りに操作してもうまくいきませんでした。

後で調べてみると、『Windows Vistaで夢メールを使う準備から』以下、とても丁寧な解説がありました。『Vistaで夢メール』で検索すればすぐに見つかります。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »