« SSIDのステルス化、良いのだろうが つなぎにくい | トップページ | これまで使っていたUSBコネクタと違う場所のUSBコネクタを使うと、接続機器が動かなくなることがある »

2008年5月21日 (水)

スリープから復帰した後で、無線LANに自動再接続しないときは

パソコンがスリープ状態から復帰した時に、無線LANへの接続が復帰できずに切れたままになってしまう、ことがあります。

つながっていた無線LANへの再接続は、『ワイヤレスネットワーク接続』をいったん『無効』にして、その後に『有効』にすると接続できることが多いです。それでもだめなときは、パソコンを再起動するのが簡単で確実です。

Windows Vistaでの具体的な手順は、例えば「スタート」→「ネットワーク」→「ネットワークと共有センター」→「ネットワーク接続の管理」とクリックすると、『ネットワーク接続』ウィンドウになります。

ここで、『ワイヤレスネットワーク接続』を右クリックして、「無効にする」を選びます。その後に、再び『ワイヤレスネットワーク接続』を右クリックして、今度は「有効にする」を選びます。

« SSIDのステルス化、良いのだろうが つなぎにくい | トップページ | これまで使っていたUSBコネクタと違う場所のUSBコネクタを使うと、接続機器が動かなくなることがある »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36154/41278625

この記事へのトラックバック一覧です: スリープから復帰した後で、無線LANに自動再接続しないときは:

« SSIDのステルス化、良いのだろうが つなぎにくい | トップページ | これまで使っていたUSBコネクタと違う場所のUSBコネクタを使うと、接続機器が動かなくなることがある »