« Driver Detective最新版はバージョン6.3.2.7 | トップページ | 無線LANに自動再接続しないときは(補足) »

2008年6月 5日 (木)

無線LANに自動再接続しないときは(続き)

2008521日の記事で「『ワイヤレスネットワーク接続』をいったん『無効』にして、その後に『有効』にすると接続できることが多い」と書いたのですが、

我が家のDELL XPS M1210では、『ネットワークと共有センター』で、『タスク』の「診断と修復」をクリックした方が、再接続しやすいようです。

どれが効くかはパソコンによって違うかもしれないので、自分のパソコンのクセを知るのが良いと思います。

この件については、最終確認をしてから記事にしようと考えていたのですが、M1210は昨日今日とスリープから復帰した時に、少し時間はかかるのですが、無線LANへの接続も毎回復帰します。したがって、とりあえずは最終確認なしです。

« Driver Detective最新版はバージョン6.3.2.7 | トップページ | 無線LANに自動再接続しないときは(補足) »

コメント

Vista無線LAN。スリープ後の再接続は、悩ましい限りです。
所有するHPノートも現在自動再接続ができません。
真相は如何にですが、当PCの新品時の最接続は、時間がかかりつつも自動で接続しており、1回目、2回目のマザーボド交換後のスリープ復帰後は、どうゆう訳か毎回瞬時に自動接続し、3回目、4回目のマザーボード交換後は、不運にも現状にいたっております。
っで、この1年の軌跡から、Windowsの設定よりもPCの個体差があやしく、無線LAN親機もシロだなぁとわかりました。
はてさて、解決の切り札は誰が見つけてくれるのやら…
ちなみに、電源設定は最大パフォーマンスでも進展なし。今日もまた、Wirelessのスライドスイッチにて再接続を試みています。

くぼっち さん、コメントありがとうございます。
Vista無線LAN、スリープ後の再接続についてですが、もしWirelessのスライドスイッチで再接続できるのならば、それを使うのが無難です。
私の個人的な見解ですが、お使いのHPノートでスリープ後自動接続できないのは、もちろんPCの個体差だと思いますが、今のハードで一度でも自動接続したことがあれば、これは100%ソフトの問題です。
したがって何回マザーボードを交換しても、解決しないのではないかと思います。
説明するのは難しいのですが、全く同じハード(例えば100台)でも、100人が使ったとすれば、ほんの少しずつですがソフトが変わってゆきます。おまけにWindowsやその他のソフトも変わってゆきます。そうすると、100台の内の何台かは自動接続できなくなってしまいます。一度できなくなると、なかなか出来るようにはなりません。
経験的な解決策ですが、何度も何度も同じ設定をし続けていると治ることがあります。接続の設定をVistaに任せるか無線ハードメーカーのソフトに任せるかでも変わります。
また、例えばハードディスクにエラーがあったり、Windowsにエラーがあると うまくいかないことがあります。この場合はディスクチェックをしたり、Norton System Worksなどで治ることもあります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36154/41438137

この記事へのトラックバック一覧です: 無線LANに自動再接続しないときは(続き):

« Driver Detective最新版はバージョン6.3.2.7 | トップページ | 無線LANに自動再接続しないときは(補足) »