« Norton Internet Security 2009 BetaのIDセーフ機能、前よりも少しは良くなったみたいだけれど | トップページ | コレガ無線ルーター CG-WLBARAGND『設定保存』不具合の犯人は「IE7」でした »

2008年9月 1日 (月)

バッファローのNAS(LS-W1.0TGL/R1)Ver2のファームウェア2.07が公開されていた

Nasfw207 2008430日の記事で、「ファンの回転数が上がって、音がかなりうるさくなった。(個体差かもしれない)」と書きました。
この件は、6月にVer2.05で改良されていたようです。


電源関係がなんとなくおかしいのではないかと思い、ファームウェアの更新を調べたところVer2.07が公開されていました。私が使っていたのはVer2.04だったので、早速2.07にアップデートしてみました。


2.07で追加された機能の確認はしていませんが、とりあえずファンの音はとても静かになりました。

« Norton Internet Security 2009 BetaのIDセーフ機能、前よりも少しは良くなったみたいだけれど | トップページ | コレガ無線ルーター CG-WLBARAGND『設定保存』不具合の犯人は「IE7」でした »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36154/42330837

この記事へのトラックバック一覧です: バッファローのNAS(LS-W1.0TGL/R1)Ver2のファームウェア2.07が公開されていた:

« Norton Internet Security 2009 BetaのIDセーフ機能、前よりも少しは良くなったみたいだけれど | トップページ | コレガ無線ルーター CG-WLBARAGND『設定保存』不具合の犯人は「IE7」でした »