« コレガ無線ルーター CG-WLBARAGNDのファームウェアVer1.20が公開されていました | トップページ | 光ファイバー接続でルーターの設定をする »

2008年9月 7日 (日)

インクジェットプリンターは、しょっちゅう使っていないとダメになる

インクジェットプリンターは、長い間印刷に使わないでいると、インクの出が悪くなって正常に印刷できなくなることが多いようです。
長い間使わないと、プリントヘッドが乾燥・目詰まりします。こうなると、いくらクリーニング操作を行っても、インクが出ないままになることがあります。私は、使わなかったために印刷できなくなったキヤノンおよびエプソンのプリンターを見ています。

このことについては、例えばキヤノンPIXUS iP4300の操作ガイドを見ると、「長期間お使いにならない場合は、定期的に(月一回程度)印刷することをお勧めします」とあります。
プリントヘッドが詰まってしまうと、エプソンはメーカー修理となります。キヤノンは、プリントヘッドだけを販売しているので、印刷ができない原因がプリントヘッドだけのときは、これを購入して交換すると、動くようになる可能性大です。

実際には、インクの出が悪くなって直らないと、新しいプリンターに買い替えることが多いようです

« コレガ無線ルーター CG-WLBARAGNDのファームウェアVer1.20が公開されていました | トップページ | 光ファイバー接続でルーターの設定をする »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36154/42405325

この記事へのトラックバック一覧です: インクジェットプリンターは、しょっちゅう使っていないとダメになる:

« コレガ無線ルーター CG-WLBARAGNDのファームウェアVer1.20が公開されていました | トップページ | 光ファイバー接続でルーターの設定をする »