« SoftBank 705P 電池パック無料サービスは、ソフトバンクオンラインショップで申し込むのだって | トップページ | Windows Vistaで使うShuttle SD37P2 V2のXPC tools、1.7から1.6に戻した »

2008年10月27日 (月)

BIOSのSATA Mode設定がAHCIではなくIDEになっていました

なんとなくハードディスクの動きが遅いような気がしていたので調べてみると、BIOSの設定がIDEモードになっていました。もちろんすぐにAHCIに直しました。

先日BIOSを変えたときに、デフォルトのIDEモードになったままAHCIにするのを忘れていたのですが、もしかするとかなり前からIDEで使っていたのかもしれません。
別件でデバイス マネージャを見たときに 、IDEチャネルのプロパティがUltra DMAモード5になっていたので、気がつきました。

Ultra DMAモード6、ウルトラDMA133、シリアルATA3.0eSATA、・・・ややこしいですね。また、パソコンの世界ではデータを転送する速度に理論値を使うので、実際に使ってみると とても遅いのは、日常茶飯事です。

« SoftBank 705P 電池パック無料サービスは、ソフトバンクオンラインショップで申し込むのだって | トップページ | Windows Vistaで使うShuttle SD37P2 V2のXPC tools、1.7から1.6に戻した »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36154/42923457

この記事へのトラックバック一覧です: BIOSのSATA Mode設定がAHCIではなくIDEになっていました:

« SoftBank 705P 電池パック無料サービスは、ソフトバンクオンラインショップで申し込むのだって | トップページ | Windows Vistaで使うShuttle SD37P2 V2のXPC tools、1.7から1.6に戻した »