« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月27日 (金)

DELL XPS M1210でGeForce Go 7400のドライバをアップデートする手順

GeForce Go 7400ドライバのアップデート方法を調べている人がいるようなので、M1210の場合について手順を書いてみました。

DELLのサイト「日本のホーム」から、「個人のお客様向け」(ポイント)で「ノートパソコン」(クリック)を選び、「サポート」をクリックします。次に「ダウンロード」をクリックして『モデルに基づいて製品を選択』、「製品の選択」で「ノートパソコン」→「XPS Laptop」→「M1210」→「確認」とクリックします。


「オペレーティングシステム」を選び(VistaXPでしょう)『ビデオ』の「+」をクリックして、出てきた表の中のGeForce Go 7400の右にある「今すぐダウンロード」をクリックします。
ダウンロードが終わったら、ダウンロードしたファイルを実行します。NVIDIAドライバのインストール・更新ソフトは良くできているので、とにかく実行すれば大丈夫だとおもいます。


ここで、既にインストールされているドライバが、ダウンロードしようとしたドライバと同じ、またはより新しいときは、ドライバを入れ直す必要は特にありません。


DELLのパソコンでない場合でも、noteちゃんとしたメーカーhappy01ならばメーカーサイトのサポートページにドライバがあるはずです。メーカーサイトに無いときangry、またはもっと新しいドライバを試したいときは、NVIDIAのサイトからダウンロードします。この場合、英語版かもしれませんが特に心配はいりません。また、新しくインストールしてから思うように動かないときは『ドライバを元に戻す』ことができます。


ディスプレイドライバのアップデートに失敗すると、なにも表示ができなくなってパソコンが全く使えなくなるのではないかと、考えるかもしれませんが、少なくとも私はそういう目には遭っていません。
心配ならば、Acronisなどでシステムのバックアップを取ってからアップデートすれば万全です。

2009年2月26日 (木)

DELL XPS M1210でUbuntu(2)空き領域にインストール

Par2 M1210では図のパーティションE:を削除して、そこにUbuntuをインストールしました。したがって、『ディスクの準備』のところで「最大の連続空き領域を使う」を選びます。このときに出てくる図が、いかにもディスク全体を使うように見えて、まことに分かりにくいです。


Vistaのブートマネージャを使うためには、GRUBPBRに(この辺は意味が良くは分かっていません)インストールしなければならないそうです。
したがって『インストール準備完了』で「詳細」をクリックして、ブートローダーをインストールするデバイスとして『ext3』とあるところを選びました。Parub2

2009年2月25日 (水)

DELL XPS M1210でUbuntu(1)再びインストール

Linuxが簡単に使えるかどうか、だいぶ前にはVine Linuxを、ここ数年はFedoraを時々試しています。Fedora 9については2008616の記事にあります。
Vine Linux
Fedoraはインストールして少し使ってみただけで、間もなくアンインストールをしています。結局あまり使いやすくはなかったようです。
使えるかどうかの一つの目安は、インストールをしただけで、特別な設定
(コマンドを一切使わずに)などをしなくてもインターネットができる、ということです。


Ubuntu1月にCDから実行してみたところ、かなり使えそうな感じだったのでM1210にインストールしてみました。M1210VistaXPとのデュアルブートで使っていたのですが、UbuntuをインストールしてUbuntuからブートすると、XPだけ起動できなくなってしまいました。したがって、このときもUbuntuをアンインストールしてしまいました。


最近、Vistaのブートマネージャで使えるということが分かったのでPC Japan3月号)、再びM1210にインストールしてみました。Parub1

2009年2月24日 (火)

新橋「竹はら」

Takehara 2009年の新年会は、「竹はら」でお上品に4人で行ないました。こちらは古くからの店ではありませんが、それでも開店から7年だそうです。居酒屋というよりも、小料理屋です。昨年の9月に同じ新橋内で今の場所に移転しました。食べ物については研究熱心で、美味しいものがいろいろあります。日本酒、焼酎も良いものをそろえています。小さなお店なので、入るのはなかなか難しいです。


写真は何年か前の、旧い店のものです。

新橋「魚金」

Uokin_2 2008年の忘年会は、新橋の「魚金」本店で行ないました。テレビに出たりする有名な店なので、ご存じの人も多いと思います。魚はとても美味しいし、量も多いです。日本酒も美味しいです。


忘年会の日は写真を撮っていなかったのですが、昨日たまたま撮るチャンスがありました。

DELL XPS M1210で何故かnvsvc.dll読み込みエラー

Dller1_2 昨日M1210の電源を入れると、何故かnvsvc.dll読み込みエラーになりました。グラフィックボードを入れ換えたりするときに、出ることがあるエラーのようです。M1210で起こるのは信じられないのですが、sign01パソコンは生き物みたいなところがあるので、こんなこともありえます。sign03

NVIDIA GeForce G0 7400のドライバを入れ直したところ、治まったようです。

2009年2月23日 (月)

Advanced System Optimizer v2は、マイナーアップグレード

Asov2 Advanced System Optimizer v2のマイナーアップグレード、こちらのほうは無料だそうです。

これまで、通常はVista Optimizer を使い、System Optimizerはレジストリー関係だけに使っていました。また、Vista Optimizer のデフラグはあまり気に入らないので、使っていませんでした。今回のアップグレードで、デフラグもかなり良くなったように感じられます。
これからは、System Optimizerを使わなくてもVista Optimizerだけがあればよくなったようです。

2009年2月20日 (金)

Advanced Vista Optimizer 2009

Avo2009a Systweakから、Advanced Vista Optimizer 2009にアップグレードするように、との案内メールが来ました。2008 のユーザーは$39.95のところが$18.95になるそうです。細かくは見ていませんが、Advanced Vista Optimizer 2008よりはだいぶ改良されているようです。

15日間のトライアル版がありますので、試してみるのもよいと思います。VistaだけではなくXPでも使えるとの記述があります。Avo2009b

2009年2月19日 (木)

Windows Vistaここがおかしい(起動できない、開けない)再び

昨年12月に、SD37P2V2Windows Vistaを再インストールした直後は、もちろん普通に動いていました。その後しばらく経って、ふと気がつくと再び次のようになっていました。

・スタートメニューから「Microsoft Office Word 2007」をクリックしても、ワードを起動できなくなりました。
ワードのデスクトップアイコンをダブルクリックすれば、またはワード文書をダブルクリックすれば、ワードを起動できます。

・スタートメニューから「コンピュータ」を右クリックして、「プロパティ」クリックすると、システムの画面になります。ここで「タスク」の「デバイスマネージャ」をクリックしても、「デバイス マネージャ」を起動できなくなりました。
「デバイス マネージャ」を起動するためには、「スタート」⇒「コントロールパネル」⇒「システムとメンテナンス」とクリックして、「デバイス マネージャ」をクリックします。

この件については、2007103日の記事にもあります。

また、2008320日の記事では、「多分Advanced Vista Optimizer 2008の『シングル クリック ケア』を実行した結果、ではないかと思いますが、・・・直りました。」と書きました。
今回Advanced Vista Optimizer 2008の『シングル クリック ケア』を実行してみても直りませんでした。(前回もほかの理由で直ったのかもしれません)致命的な欠陥ではないので、そのままにしてありますが、Vistaの完成度はこんなものなのでしょう。

2009年2月18日 (水)

DELL XPS M1210 Vistaでは遅くなった

私が使っているM1210の仕様は、CPU Core DuoCore 2 Duoではありません)、メモリ1GBです。
前に、Vistaで使っても速いと書いたことがありますが、最近は遅く(時間がかかるようになったと)感じることがあります。
特に遅く感じるのは次の2つです。
・電源を入れてから使えるようになるまでの時間
・電源が切れるまでの時間
アプリケーションソフトを開始してから使えるようになるまでの時間も、少し長くなった感じがします。

その他の動作、例えばバックアップなどについては、特に遅くなったとは感じられません。

ちょっと見た感じでは、メモリのメーターがよく振り切れるので、メモリ1GBでは足りなくなってきているのかもしれません。


そういえば、最近のノートパソコンでは、主力の普及機種でもCPUはCore2 Duo P8600 2.4GHz、メモリは4GBPC2-6400になっています。2009129日の記事

sign01これくらいのパワーがないと、Vistaは快適に動かなくなってきているのでしょうか。それにしても、「メモリの使用可能な領域は最大3GB」とあるのですが、残りの1GBはどうするのでしょうか。sign02

2009年2月17日 (火)

光回線の速度(3) ユーザーのパソコンなどによっても違う

速度についての、プロバイダや回線業者が決めた、規定がどういうものかは知りませんが、ユーザーからすると、期待するのは例えばあるファイルをダウンロードするときの速度でしょう。
このとき速度に影響するのは、ファイルを提供する側のサーバーなどの能力、プロバイダの設備、回線業者の設備、ユーザーのパソコン、ルーターなどが考えられます。

まずユーザーパソコンの回線インタフェースが最大100Mbpsであれば、これ以上の速度は出ません。次に、パソコンの性能が低ければもちろんだめですし、性能は十分でも通信の設定によって速度は落ちます。また、ルーターを使っていればそのルーターの処理能力以上の速度は出ません。少し古いルーターでは、最大処理能力はせいぜい80Mbpsくらいでしょう。
これについては、NTTKDDIが提供するルーターを使うと速度は100Mbps以下になる、と考えてよさそうです。

また、パソコンやルーターがどんなに速く動くものであっても、メディアコンバータの出口が100Mbpsであれば、これ以上の速度は出ません。
例えば「ひかりone Tシリーズ」の場合、提供されるメディアコンバータの出口は100Mbpsになっています。多分フレッツでも同じではないかと思われます。

このように考えてゆくと、光回線の最低速度保証の前に、速度を測るための条件や測り方を決めなくてはなりません。そうすると、日本では何年かかるか分からなくなりそうですね。

余談ですが、業者の人は電話で1Gbpsは「ベストエフォート」ですと言っていました。この言葉は最近このようにも使うみたいですが、私が15年前くらいに初めてこの言葉を使ったときは、『トラブルのときには、お客様のところに2時間「ベストエフォート」、どんなに遅くとも4時間以内に伺います』というように使いました。sign01人が何の努力もしないで、理論的には最大1Gbps、実際は数Mbps以下かもしれない、つまり使ってみなきゃ速さなんかわからない、ことが何故「ベストエフォート」なのでしょうか。sign03

2009年2月16日 (月)

光回線の速度(2) 最大1Gbpsとは

インターネットでは、最大1Gbpsなどという言葉をよく耳にします。パソコンの世界では、この『最大速度』を使うのが大好きな人たちが多いようです。いかにも速いような感じを受けるこの『最大速度』ですが、『最大風速』ではなくどちらかと言うと『最大瞬間風速』のほうに似ています。一般的には、理論的に一番速く動くときのことを言うので、実際に私たちが使うときの速度は『最大速度』よりもズーット遅くなります。
ただし実際には、この最大速度が速いということも大切なことです。

一般にインターネット回線で最大1Gbpsというのは、『1Gbpsの回線を最大32ユーザーで共有するもの』なので、これだけからでも、最大1Gbpsの速度を期待するのは無理なように見えます。
他の31ユーザーがまだ居ない場合や、他のユーザーがほとんど使っていない場合は、速度が1Gbpsに近づくことがあるのかもしれません。
また、最近のフレッツではユーザーが使うときの最大速度を最大100Mbpsに制限しているようです。

その前に、元々速度を測ることが難しいという問題があります。個人では測定器などは無いので、速度測定サイトを使うことになると思います。しかし、速度測定サイトもたくさんありますし、サイト内でも測定の仕方がいくつかあります。私は、Radishで「東京」→「測定精度 高」、「データタイプ 圧縮効率低」にして測定しています。
http://netspeed.studio-radish.com/

2009年2月13日 (金)

光回線の速度(1)最低速度保証

私が使っているのは「@niftyひかりone Tシリーズ」です。@niftyは以前から使っていましたが、「ひかりone Tシリーズ」は東京電力だから申し込んだTEPCO光が、なぜかKDDIだかauになってしまいました。TEPCO光は100Mbpsの回線を占有ということで申し込んだもので、速度は今でも下り90Mbps以上は出ています。

ところで、最近何度かKDDIから「ひかりone」への切り替えを勧める電話がありますが、お断りしています。「ひかりone」は皆様ご存じのように、『1Gbpsの回線を最大32ユーザーで共有するもの』だそうで、基本的にはフレッツも同じです。
お断りしている理由は、「ひかりone」に変更しても「ひかりone Tシリーズ」と同じ速度が出る保証をしてほしいというと、『それはできない』と言われるからです。

韓国では、回線の最低速度保証の動きがあるのに、日本ではそのような動きは無いのでしょうか。

http://pc.nikkeibp.co.jp/article/column/20081029/1009261/

2009年2月12日 (木)

Murdoc CutterのOption

Murdoc Cutterで編集しようとして、「← C」や「C →」ボタンを押すと、どうも動きが変です。「←15」や「15→」よりも大きく動いてしまいます。

 

Mccb Mccs 念のために「Option」ボタンを押してみると、Option Editcustom move button countが(確か)120とかになっていました。もちろん、数値を変えた記憶などはありません。(多分元の)1になおして正常になりました。

この記事は、KONITANの勘違いです。「←C」ボタンなどは初期値120になっています。「←」ボタンなどと混同していました。

Murdoc Cutterについては、 2010316日の記事『久しぶりにMurdoc Cutterを使ってTSファイルの前後をカットしてみました』で、まとめてみました。

2009年2月10日 (火)

Murdoc Cutterの使い方

Murcutq Murdoc CutterquestionにしたがってGOPファイルを再作成した後、ファイル名をダブルクリックすると、Time Codeのところが----・・・になります。Murcuttc

このときにファイル名を再びダブルクリックすると、Time Codeが入るようです。Murcuttc2 これに気がつかないで、Murdoc Cutterを再起動していました。

Murdoc Cutterについては、 2010316日の記事『久しぶりにMurdoc Cutterを使ってTSファイルの前後をカットしてみました』で、まとめてみました。

2009年2月 9日 (月)

IMEで『ローマ字入力』から『かな入力』になった

この件については、20071215日の記事にも書いてあります。
Office IME
の日本語入力には『ローマ字入力』と『かな入力』とがあります。『ローマ字入力』というのは、通常は『ローマ字でひらがなを入力してから変換する』ことです。
『ローマ字入力』にしてあるパソコンで、ワードなどで日本語入力ができる状態で、キーボードの「Alt」キーと「カタカナ/ひらがな/ローマ字」キーとを同時に押すと、1回押すごとに『ローマ字入力』と『かな入力』とが切り替わります。

特に、小さいお子さんがキーボードをたたくと、「Alt」キーと「カタカナ/ひらがな/ローマ字」キーとは並んでいるので、簡単に切り替わってしまします。
Imebn_2 Imebf Imeof 『かな入力』になっているときは、言語バー内のKANAのところの色が変わっているのですが、Windows XPの既定のデザイン青色ではとても見にくいです。
Windows Vista
IME2007)では警告のメッセージが出るので、切り替
わりにくいと思います。

2009年2月 6日 (金)

Office 2007オールドスタイル メニュー アドイン

W2007p_2 W2007p1_2 W2007p2 Office 2007Office 2003風に使えるフリーソフトがあるというので、インストールしてみました。


Word 2007の例では、上が元々の画面、中央が『リボン』も出せるようにしている画面、下が「リボンを隠す」にチェックを入れたときの画面です。


これまでOffice 2003などを使っていて、もしこれからもOffice 2007を使う人は『リボン』も出せるようにしておくのがよさそうです。

2009年2月 5日 (木)

Friioで録画ができなくなったりしたけど直った

Tvrock Friioのソフトがバージョンアップされたり、TvRockの最新版が出たりするので、これらのソフトを入れ直したりしていたためか、気がつくとWindows Vista側で録画ができなくなっていました。
Windows XP
側で確認したところ、こちらでも録画できませんでした。

Windows XPでもダメだということは、もしかしてハードの故障かと思ったのですが、Vista側でFriioのソフトを入れ直しているうちに、予約の時だけ録画することができるようになりました。それでも、録画中に途中で止まったりしました。
その後、TvRockの最新版をインストールし直したところ、問題なく録画できるようになりました。

sign01Friioは、メーカーが『ちゃんとしたソフト』を作って、それを『しっかりフォロー』すればかなり良い機器だと思いますが。現状では誰でもが気軽に使うのは、難しいのかもしれません。sign03

2009年2月 4日 (水)

Windows XPのデスクトップパソコン、Office 2003を購入したい

Windows XPのデスクトップパソコンを購入したいと相談されました。
現在使っているデスクトップパソコンからの買い替えです。出来れば、これまで使っているOffice と似ているOffice 2003を使いたいそうです。

まず、中古パソコンならばWindows XPOffice 2003付きのものがあるはずですが、探すのも手間ですし、新品のほうが安心できると思います。
そこで少し調べてみましたが、Office 2003の新品を買うのは無理なようです。もし、今お使いのOfficeソフトがパソコンとは別に購入したものであれば、新しいパソコンでも使うことができるのですけれど。

Windows XPのデスクトップパソコンも、新品を販売しているメーカーは意外と限られているようです。無難なのは、DELLのパソコンを購入することだと思います。

DELL Inspiron 530で、3年間保証、Windows XP Office Personal 200720インチモニタ、グラッフィックボード、メディアリーダー、ノートン2009、スピーカーなどを付けると、13万円台になります。この仕様ならば、もしWindows Vistaを使いたくなっても(いつでもVistaにすることができます)大丈夫だと思います。(相談された人には、見積書を送付しました。)
また、DELL
のパソコンを購入するのが初めてであれば、新宿ビックカメラのDELLコーナーで、実物を見て担当者に確認しながら購入することをお勧めします。

もし、Windows VistaOffice 2007でよければ、もう少し選択肢が増えます。
ただし、日本メーカーのデスクトップパソコンは、普通のユーザーには、高スペック過ぎで高価格になっています。happy01もしかして、期末に大安売りがあるかもしれませんが。heart04
sign01デスクトップの場合、一番お勧めなのは、自作することなのですけれど。sign03

2009年2月 3日 (火)

最新のiPod touch用ソフトウェアは2.2.1

Ipod221_2 iPod touch しばらくの間、使っていませんでした。coldsweats02

気になるパソコン用語の使い方

Mswindows ココログでは、『検索のときに使ったワード/フレーズ』が分かるようになっています。それによると、英字キーワードの大文字と小文字を、あまり気にしないで使う人が多いようです。また、これらの英字は基本的に半角ですが、全角を使う人もいるようです。

『検索して探したいものが見つかったのだから、それでいいじゃないか』と言われれば、それまでなのですが。
昔コンピュータでデータベースらしきものを作ったことがある私としては、sign01この辺の用語の使い方はとても気になるところです。sign03コンピュータからみると、1文字でも違うと別のデータです。もちろん、大文字と小文字とでは違う文字です。

例としては、Windows VistaまたはVistaのことを、
断然多いのはvista、次に多いのはVISTAwindows vistaWINDOWS VISTAWindows vistawindows Vista、ビスタ、もあります

Windows XPのことは
WindowsXP
windows XPxp、Xp、などです。

図はマイクロソフトのサイトの一部です。

2009年2月 2日 (月)

パソコンが遅いということ

『パソコンが遅い』というのはよく聞き言葉ですが、ほとんどは『買ったときにはそうでもなかったけれど、この頃遅くなったと感じる』ということだと思います。
もちろん、最近の5万円ノート(3万円ノート)のように、買ったときから遅いパソコンもあります。この場合は、初めから遅いことがかなり分かっているので、あまり問題にはならないはずです。
sign01では『パソコンが遅くなった』というのは、どういうときに遅いと感じるのでしょうか。sign03

まず、
・電源を入れてから使えるようになるまでの時間が長くなった
・電源が切れるまでの時間が長くなった。
・アプリケーションソフト、例えばブラウザを開始してから使えるようになるまでの時間が長くなった。
などが考えられます。

一方、
・メールを書くときの動作が遅くなった。
Internet Explorerの動作が遅くなった。
という感じは、比較的少ないと思います。

もう一つ考えられるのは、
Windows Updateにすごく時間がかかる。
・バックアップを取ったらすごく時間がかかった。
などです。ただし、バックアップについては初めて使ってみたらという場合が多い、つまり初めから速くはなかった、のではないかと思います。

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »