« Windowsメールでの宛先選択 | トップページ | 今年のミントブッシュは元気です »

2009年4月21日 (火)

無線LANのセキュリティ設定、無線LANの危険性

先日、NHKニュースウォッチ9で『無線LANの危険性』について放映されていました。自宅の無線LANを、勝手に使われることに対する備えはしたいものです。

WEPは安全性に問題』については、WPA-PSKまたはWPA2-PSKで暗号化をするのが、より安全とされています。ただし、使っている機器がWEPにしか対応していないときは、WEPを使うしかありません。
問題は、無線ルーターなどのメーカーが提供する『簡単設定』を使ったときに、WEP以外の設定ができるようになっているかどうかです。確実なのは、パソコンで無線ルーターなどの設定を自分で行なうことです。

放送では ふれていなかったようですが、『MACアドレスフィルタリング』によるアクセス制限は、最低限設定しておきたい項目です。こちらは、どうしてもパソコンで無線ルーターなどの設定を自分でしなければなりません。

パソコンを使った無線ルーターなどの設定は、決して難しいことではないのですが、何も設定しなくても簡単に簡単に使えると思わせて、たくさん売ろうとするメーカーさんのおかげで、設定ができないユーザーが増えているようです。
使っている無線ルーターの設定を確認していない人は、ぜひ一度設定内容を確認してみてください。設定を見るだけで、変更したりしなければ何も問題ありません。

« Windowsメールでの宛先選択 | トップページ | 今年のミントブッシュは元気です »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36154/44729744

この記事へのトラックバック一覧です: 無線LANのセキュリティ設定、無線LANの危険性:

« Windowsメールでの宛先選択 | トップページ | 今年のミントブッシュは元気です »