« Micro ATX用で背の低いPCケース(続き) | トップページ | Photoshop Elementsで写真にフレームを付ける »

2009年6月 8日 (月)

PCケースSST-SG01B-Fで使えるCPUクーラー

Sstsg01cpufan SST-SG01B-Fの大きさは、幅263mm、高さ212mm、奥行き393mmです。レイアウトは、CPUの真上に電源がきます。写真のCPUクーラーは、ThermaltakeMeOrb(106.8x94.6xH47mm)を取付けたところです。クーラーと電源との間は約25mmあるので、高さ72mm程度までのものであれば、高さ的には取り付け可能です。

SilverStoneのサイトには、『82mmを超えないこと』とあります。

 

最初に組み立ててからしばらく使ってみると、リテールCPUクーラーの音が気になりました。特にうるさいというほどではないのですが、回転音が気になります。そこで、クーラーをMeOrbに変えてみたところ、リテールのものよりも少しは音が気にならないようになりました。MeOrbの方が、リテールクーラーよりも若干冷却能力が高いようなので、回転数を抑えることが出来ることによる効果の方が大きいようです。

CPUクーラーは、TITANTTC-NK64TZ/PW(LD)(110x110xH65mm)の方が良かったかも知れませんが、たまたまお店にあったMeOrbにしました。
これまではベアボーンでしか自作していないので、CPUクーラーについてのノーハウは無いのですが、もしかしてZALMANCNPS7000C109x109xH63mm)などを使って手動で回転数を選ぶ方が、音は静かなのかもしれません。

« Micro ATX用で背の低いPCケース(続き) | トップページ | Photoshop Elementsで写真にフレームを付ける »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36154/45236307

この記事へのトラックバック一覧です: PCケースSST-SG01B-Fで使えるCPUクーラー:

« Micro ATX用で背の低いPCケース(続き) | トップページ | Photoshop Elementsで写真にフレームを付ける »