« 自作4号機のケースをTAO fit ST-565T-Bに変えてみました | トップページ | ラブロック(RUBLOC) »

2009年9月 7日 (月)

自作4号機のケースを ST-565T-Bに変えてみました(続き)

新しいケースに移行するときに、パーツは全てこれまでのものを使いました。ただし、ケーブルは若干換えています。また、SST-SG01B-F8cmファン、ST-565T-B12cmファンです。

Gentletyphoon 付属の12cmファンはうるさいという感想もあったので、ファンはGentle Typhoonに換えました。音が静かな方が良いので、前面800rpm、背面1150rpmにしてみました。
ところが、2009831日の記事にあるように、背面のファンはここ数日間710790rpmで回転しています。
ファンについては、まずは付属のものの回転数を下げて使う方法も、あったと思います。

ST-565T-Bはケース自体が少しビビルようなので、昔から使っている『RUBLOC MINI』(ラブロック ミニ)を足の下に敷きました。
ラブロックは、20年近くも前に購入したものを、今でもいろいろな機器の振動防止用に使っています。

« 自作4号機のケースをTAO fit ST-565T-Bに変えてみました | トップページ | ラブロック(RUBLOC) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36154/46125301

この記事へのトラックバック一覧です: 自作4号機のケースを ST-565T-Bに変えてみました(続き):

« 自作4号機のケースをTAO fit ST-565T-Bに変えてみました | トップページ | ラブロック(RUBLOC) »