« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月30日 (金)

Windows 7パソコンを買うのは少し待った方が良いのかも

昨日、新宿の量販店をのぞいてみました。Windows 7パソコンがズーッと並んでいて、ノートパソコンの価格は、ほとんどが15万円くらいになっていました。
店員さんの話では、Vista発売時と同じような価格設定だそうです。もちろん、Vista発売時よりもハードの性能は高くなっていますが、かなり強気の価格設定のように思えます。

 

また、Vistaノートパソコンは、3万円くらい安く12万円くらいの価格でした。底値?だそうです。こちらはWindows 7へのアップグレード権(あと3千円位必要)が付いています。すぐにパソコンが必要な人や、自分でWindows 7にアップグレードできる人は、こちらの方が良いのかもしれません。

私は、デスクトップ・自作派なので、15万円のノートパソコンを買う気は全くありません。万一買うとしたら、価格が安定する12月中旬以降まで待つと思います。そして、良い機種があればVistaの方にするかもしれません。日本メーカーが販売しているノートパソコンの、VistaWindows 7へのアップグレード作業は簡単なのでしょうか。

2009年10月29日 (木)

Windows 7 でWindows Live メールを使う

Windows 7では、元々メールソフトはインストールされていません。ただし、メーカーによっては、Windows Live メールをプレインストールしたパソコンを、販売しているところもあるそうです。

自分でインストールする場合は、「スタート」→「はじめに」→「Windows Live」→「今すぐダウンロード」という手順がわかりやすいと思います。いくつかのソフトを選ぶことができますが、とりあえずはWindows Live メールだけをインストールするのがよいでしょう。

インストール後は、「表示」→「レイアウト」で『プレビュー ウィンドウ』の「メッセージ一覧の下に表示する」を選ぶと、Outlook ExpressWindowsメールで見慣れたレイアウトになります。

アカウント毎の表示は、私のように5つもアカウントを使っていると、あまり使いやすくはありません。とりあえずは、使うアカウントを4つに減らしました。一般には、使っているアカウントは一つか二つなので、問題にならないのだと思います。

 

メールの設定とアドレス帳は、Windowsメールからエクスポートして、Windows Live メールでインポートしました。メッセージは、Windowsメールのフォルダーごとに、手動で移行しました。
Windows
メールでは、数千件のメッセージを20ほどのフォルダー(3層)に分けて整理していました。今年の春にパソコンを変えたとき、元のパソコンのWindowsメールから『転送ツール』を使ったのですが、おかしな動作に悩まされました。そこで今回は、メッセージの移行は、すべて手動で行ないました。また、これを機会に独自フォルダの数を極端に減らし、保存メッセージも千件以下に減らしました。

2009年10月28日 (水)

Advanced System Optimizer 3(ASO3)のドライバアップデータは強力そうです

Windows 7のインストール時に、Advanced System Optimizer 3のドライバアップデータを使ってみました。
Windows 7
のインストール→Windows 7の最初のアップデート→Norton Internet Security 2010のインストール、アクティベーション→Advanced System Optimizer 3のインストールの順に進めました。

次にAdvanced System Optimizer 3のドライバアップデータを実行すると、チップセットドライバも含めて最新のものをインストールしたらしいです。確認は、Driver Detectiveで行ないました。
ただし、Advanced System Optimizer 3が最新のものとしてインストールしたものの内いくつかは、Driver Detectiveが最新ではないと判断しました。例えばNVIDIAのドライバがそれで、別途NVIDIAのサイトからインストールをし直しました。

マザーボード付属DVD以外からのドライバ自動インストールは、最新でも最適ではないものがインストールされることがありますので、注意が必要です。
Advanced System Optimizer 3
にはとても多くの機能があります。リリースされたばかりですので多くの機能を一度に実行しない方が良いかも知れません。例えば、初期画面で「Start Smart PC Care」をクリックすると、かなりの機能が実行されてしまいます。
最新ドライバへのアップデートだけを行なうときは、「Windows Optimizers」をクリックして、「Driver Updater」をクリックします。


また、ソフトを購入して登録しないと、ドライバのインストールは行なわれない、とあります。最新のドライバかどうかをチェックするだけならば、体験版で実行することができます。

2009年10月27日 (火)

Windows 7アップグレード版で64ビット版をクリーンインストールする

Windows Vistaの32ビット環境で、Windows 7アップグレード版を使って64ビット版をクリーンインストールする、こと自体は難しくありません。また、Windows Vistaがインストールされているのと同じハードディスク上の別パーティションにインストールすると、デュアルブートになりました。
ずーっとVistaWindows 7のデュアルブートを使うのであれば、これで問題はありません。では、そのうちにWindows 7だけで十分になり、Vistaはもう使わないので消したくなったときには、どうするのでしょうか。しばらくすれば、
VistaWindows 7のデュアルブートからVistaを消して、Windows 7だけにする方法が分かるのではないかと思います。

 

また、Windows Vistaがインストールされているのとは別のハードディスクに、アップグレード版を使ってWindows 7をインストールすると、どうなるのでしょうか。
私は、Vistaの32ビット版を新たに仮インストールしてから、同じハードディスクに、
Windows 7の64ビット版をクリーンインストールしました。

もしDSP版を使うのであれば、このようなことには全く悩む必要はないと思います。

2009年10月26日 (月)

Windows 7アップグレード版でアップグレードしようとしたけれどやめた

まずはVista 32ビット版からのアップグレードを試しました。すると、Windowsメールがあるのでアップグレードできない、とメッセージが出て終わりになってしまいます。指示に従って、Windows Liveメールをインストールすると、Windowsメールと置き換わって、メールについてはOKになりました。

また、Easy- PhotoPrint Itunesが文句を言われたので、これを削除するとアップグレードを開始できました。ところが、再起動のあたりでエラーになりました。(そばに付いて見ていなかったので、どこでエラーになったかは分からない、何のエラーかも良く見なかった、とにかく先に進めなくなった。)

アップグレードインストールを試したのは、Windows7をサポートしていないEP100とか、特殊なQuixunを使うのを、そのまま移行できれば楽だと考えたのですが、元々無理筋なのは承知していました。

アップグレードをもう一度やり直そうと思いましたが、こんどは準備途中でつまずいてしまいました。アップグレードをするためには、バックアップをとるなどの前準備が面倒なのです。

 

それならば64ビット版をクリーンインストールしようと、Vistaから実行しようとすると実行できません。仕方がないので、32ビット版をクリーンインストールすると、これは出来ました。
調べてみると、64ビット版のクリーンインストールはDVDから起動するそうです。(どこかで、アップグレード版はDVDからは起動できないと書いてあった気がする。)このとき、システムにアップグレード対象となるVista、などがインストールされている必要があるそうです。

2009年10月23日 (金)

Advanced System Optimizer 3

Avo3 Systweak社からAdvanced System Optimizerv2からv3になった、という購入を勧めるメールがありました。


ちょっと試してみたところ、最新ドライバのダウンロード・インストールも自動で行なうようです。Driver Detectiveはどうなるのでしょう。


ディスクのデフラグ、レジストリのメンテナンスもできるようですし、Windows 7対応となっているところが良さそうです。

2009年10月22日 (木)

Windows 7が届きました

Win7fp 本日午前中に Windows 7 Home Premiumアップグレード版ファミリーパックが届きました。

実は、626日にWindows 7 Home Premiumアップグレード版 7,777円をAmazonで予約したつもりだったのです。家族も予約したつもりだったので、2個です。ところが、10月になってAmazonのサイトを見ても注文した形跡がありません。


そこで、1018日から受け付けのファミリーパックを注文することになりました。自作パソコンなどでWindowsのライセンスは4個あります。Windows 7は2個で十分かもしれませんが、3個でも困ることは無いでしょう。

増設したハードディスクで BOOTMGR is Missingエラー

新しく増設したハードディスクをテストするために、Acronis True ImageWindows Vistaをリストアして、ブートしようとすると、BOOTMGR is Missingと出てブートができません。

MBRが壊れたのかと思ったのですが、Acronis Disk Director(わざわざこれを使わなくても良いのですがせっかくあるので)で見てみると、2つに分けたパーティション後半の、データ用パーティションがアクティブになっていました。そこで、前半のWindows用パーティションをアクティブにして、解決しました。

 

どうやら、パーティションを作るときに間違えたようです。

2009年10月20日 (火)

Windows 7に備えてハードディスクを増設しました

購入したのは、Western DigitalCaviar Green 1TB500GBプラッタ モデルです。

パーティションを切ってフォーマットしようとすると、「ディスクが初期化されてないため操作を完了できません」のメッセージが出ます。

Hddbi

まず「ディスク1」のところを右クリックして、初期化する必要がありました。
これまで、未使用のハードディスクをVistaで使い始めたことは、無かったようです。

2009年10月19日 (月)

VLCメディアプレイヤー1.0.2

Vlc102 久しぶりにVLCメディアプレイヤーを動かしたら、新しいバージョンのお知らせがありました。そこで、引き続きダウンロードしようとすると、なぜかエラーになりました。

仕方がないので、改めてVLCメディアプレイヤーのサイトから、ダウンロードしてインストールしました。

2009年10月16日 (金)

DELL XPS M1210のハードディスクを当初のものに戻しWindows XPだけで使う

M1210が届いたのは20061019日だったので、使い始めてから丁度3年になります。近頃は若干動作が遅く感じられるようになりましたが、まだまだしっかりと動いています。

当初、内蔵のハードディスクは東芝製80GBのものが付いていました。2006131日に、日立製160GBハードディスクとDSP版のWindows Vista Premiumとを購入して、M1210のハードディスクを80GBから160GBに交換しました。したがって、80GBのハードディスクには、2006131日時点の、Windows XPによるシステムが残っていました。

その後、M1210XPVistaとのデュアルブートで使い、Fedora9Ubuntuを入れたり、20096月からはWindows 7 RCとのトリプルブートで使っていました。

そろそろWindows 7も発売になるので、M1210のハードディスクを80GBのものに戻しました。今後は、M1210Windowsで使うときはWindows XPだけで使うつもりです。

2009年10月 9日 (金)

9300-ITXのver.4 PCBはGF-9300-G-Eとして10月中旬以降に入手可とか?

http://www.zotacusa.com/forum/index.php?/topic/1741-gf9300-itx-pcb-version-0304-release/

2009年10月 8日 (木)

キヤノンiVIS FS21がパソコンにうまくつながらないことがある

本日、久しぶりにiVIS FS21からパソコンへ映像を転送しようとすると、接続ができません。つまり、「ビデオカメラをパワーアダプタにつなぎ」「ビデオカメラを動画再生モードにして」「ビデオカメラとパソコンをUSBケーブルでつなぐ」を行なっても、ImageMixer 3 SEが起動しません。

この現象は、以前にも起きたことがあります。パソコン前面のUSBコネクタを使うと起こりやすいようです。今回はバックパネルのUSBコネクタに接続したのに、うまくいきませんでした。
一度パソコンをシャットダウンして、USBケーブルをバックパネルのUSBコネクタに接続し直したら、動くようになりました。

2009年10月 7日 (水)

GeForce 9300-ITX のSATAコネクタは3コになったのでしょうか

Mini-ITXマザーボードを調べていると、AOPENnMCP7AUt-Vというものもありました。これは、eSATAコネクタが無いようです。

ZOTACGeForce 9300-ITX WiFiについては、200962日版のユーザーマニュアルでは、SATAコネクタは3コ(ver.3ver.4のボード)となっています。最近買ったボードだと、3ポートあるのでしょうか。

Zotacsata

2009年10月 6日 (火)

Mini-ITXマザーボードでパソコンを作ってみたいとは思いますけれど

Atom搭載のMini-ITXマザーボードは、発売当時とてもたくさん売れたそうです。最近IONプラットホームのものが発売されてから、Atom2次ブームになっているとのことです。
元々ベアボーンファンだったので、Micro ATXマザーボードを使ったパソコンは、まだまだ大きく感じます。そこで、Mini-ITXマザーボードを使ったパソコンを作りたいとは思っています。

Atomパソコンは性能が中途半端なので、今のところ作る気はありません。さらに、IONマザーボードの高価なものは、まともなMini-ITXマザーボードを使うときと比べて、金額的に大きな差を感じません。

Mini-ITXマザーボードでまともなパソコンを作ろうとすると、ZOTACGeForce 9300-ITX WiFiまたはJ&WMINIX-780G-SP128MBくらいしかありません。しかし、この2つは最新CPUなどに対応していないところが気になります。
秋葉原で探してみると、ZOTACの方は4店くらいで見かけました。一方J&Wの方は置いてある店を見つけることができませんでした。

LGA1156対応のMini-ITXマザーボードは、来年の発売だそうです。AM3対応のMini-ITXマザーボードは、いつ発売されるのでしょうか。
ZOTAC
J&Wの価格が劇的に安くならなければ、Mini-ITXマザーボードを使った自作の開始は、来年の後半になりそうです。

2009年10月 5日 (月)

VAIO type F 『デスクトップフォルダ』は なかったみたいでした

VAIO type Fで、次の設定を頼まれました。

・インターネットへの接続
・セキュリティソフトを使えるようにする
Windowsメールを使えるようにする

設定については問題なく終わりました。
ふと見ると、デスクトップに『ユーザーアカウントフォルダ(現物)』があります。これを開くと、もちろん『ドキュメント
フォルダ』や『ピクチャフォルダ』が入っています。
ここで、『デスクトップ
フォルダ』を探してみましたが、見つかりません。

そのときは、SONY独自の仕様かと思ったのですが、あとで考えてみると やはり変です。
もしかして、『デスクトップ
フォルダ』を削除すると、このような状態になるのでしょうか。

VAIO type Fについての感想
これは全くのノートテレビです、おまけにパソコンが付いています。若い人ならばパソコンとしても十分使えますが、小さな字が苦手な人がパソコンとして使うのには、向いていないようです。

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »