« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

購入4ヶ月後にメモリーが壊れた(2006年1月の記事より)

Gs0176

  このときは、CDのコピーが出来なくなったり、Windows XPが止まったり、ディスクエラーが出たり、起動しなくなったり、色々とおかしな現象が続きました。ハードディスクの復元も途中で止まり、Windowsの再インストールも途中で止まってしまいました。

パソコンの動作が、このように あちこちで おかしいときは、Windows Memory Diagnosticなどでメモリーテストを行なってみると良いと思います。

ハードディスクのエラーではなく、メモリーの故障のときにも、ハードディスクの内容がおかしくなることもあるので、大切なデータがあるときはディスクのバックアップが大切です。

2009年11月29日 (日)

森下町「山利喜」、神田駅近く「岩波」 (2005年11月の記事より)

Yamaiwa

2009年11月28日 (土)

DSP版Windows XPのライセンス認証(2005年11月の記事より)

Gs0543

  20051123日の記事
『本日、マイクロソフトから、ライセンス認証をするようにとの、お達しがあった。早速Web上で行なおうとしたが、断られてしまう。 指示に従って電話をして、FDドライブと一緒ということにして、再発行を許可された。 考えてみれば、購入時と比べると、ベアボーンを変え、それに伴いCPU、メモリーを変え、ハードディスク、DVDドライブ、迄変えているのだ。結局、購入時のものをそのまま使っているのは、FDドライブだけになっていた。 また、このFDドライブが壊れてしまうと、今使っているWindows XPは使えなくなるそうだ。』

 

上記は自作2号機についてであり、Windows XPのライセンス認証はインターネット経由で200588日に一度クリアしていた。2号機購入時に、お店の人から『ベアボーンとCPUとを同時に換えると、(1号機のときに購入したDSP版XPをそのまま使うと)ライセンス認証は電話でなければだめ』とは言われていた。しかし、1度許可されて3カ月たってからチェックが入ることは知らなかった。たぶん、その後に色々と換えすぎたためだろう。
また、FDドライブは壊れても接続してあればOKのようだ。

2009年11月27日 (金)

2005年9月の記事より

残しておきたいのは、居酒屋研究会についての記事、曳舟「赤坂酒場」くらいです。

 

Akan 『今回の研究会は、曳船の「赤坂酒場」。
個人的な感想では、食べ物よりも、珍しい酒のある店。フランスの焼酎、赤米のお酒などがあった。
食べ物は、美味しいものもある、普通の店。この店で有名らしい。「おっぱい」は結構美味しかった。以前、調布で食べたときは噛み切れなかったのだが、この店のは噛み切ることが出来た。きっと、下ごしらえの差だろう。


居酒屋研究会は、年に数回の不定期です。』

2009年11月26日 (木)

2005年8月記事のまとめ

これから、2年分くらいの記事だけを残して、古い記事を少しずつ整理していきたいと思います。

 Soltekaopen_2 2005年8月、自作1号機(写真左)Soltekベアボーンが動かなくなったので、自作2号機Aopenベアボーン(写真右)を組み立てました。ベアボーンとCPU以外のパーツは流用しています。その後、ハードディスクを80GBのものから160GBに換えています。このとき、Windowsとデータの移行にはNorton Ghostを使いました。


また、この月にACCA ADSLに替ってTEPCO光を使い始めました。

2009年11月25日 (水)

無線ルーターを初期化・工場出荷時の状態に戻す うまくいかないことがある

Gs0548_2

  無線ルーターを使っていて、『設定を初めからやり直したい』、あるいは、『設定変更をしたいのにパスワードを忘れた』などのときには、無線ルーターを工場出荷時の状態に戻さなければなりません。

 

この工場出荷時の状態に戻す手順は、メーカーごと機種ごとに微妙に違います。したがって、付属の説明書に従って、その通りに実行しなければなりません。また経験では、その通りに行なっても初期化できないことがありました。そのときは、ブラウザでログインできる状態だったので、そちらから『工場出荷時に戻す』を実行して、初期化することができました。


初期化・工場出荷時の状態に戻すのがうまくいかないときは、うまく初期化できるまで繰り返し操作するしかありません。手順は、説明書にしたって、ステップごとに確認しながら実行します。RESETスイッチや初期化ボタンを押すときは、ゼムクリップを伸ばしたものを使うと便利です。

 

2009年11月24日 (火)

ルーターを使うときPPPoE接続はルーターが行なう

Ix2608

プロバイダーへの接続がPPPoE接続でルーターが存在する場合、接続手順はルーターが行ないます。したがって、例えばこれまでルーターを使っていなかった環境から、ルーターを使うようになったときは、ルーターに『PPPoE接続』の設定を行なわなければなりません。
PPPoE
接続でも、なんの設定もしないでインターネットが使えるようになることがあり得るのですが、『何もしないでも使えるようになった』ときでも、必ずルーターでPPPoE接続の設定をすることが原則です。

 

最近の無線ルーターなどでは、PPPoE接続かどうかを自動識別してくれるので、接続設定は難しくありません。注意するのは、『接続ユーザー名』などが、プロバイダーから指定された『ユーザーID@nifty.com@niftyのとき)のように、@以下が必要なことです。

 

さらに、プロバイダからのPPPoE接続ツールなどをインストールしている場合は、これをアンインストールします。PPPoE接続があればこれを削除します。

2009年11月20日 (金)

Norton Internet Security 2010のIDセーフにログインを手動で登録する

Gs0432

色々なWebサイトでログインのための『ユーザーID』『パスワード』を自動入力してくれる、IDセーフ機能はとても便利です。しかし、昔のNorton Password Managerの方が、『パラメータ』入力が出来る分だけ、上だと思います。

『ユーザーID』『パスワード』のログイン情報は、自動的に登録できるサイトが多いのですが、手動で登録しなければならないサイトがあります。その手順は、次のようになります。

Norton Internet Security メインウィンドウ『Web』ペインで『ログイン情報』をクリックします。
・『ログイン情報の管理』ウィンドウで「新しいログイン」をクリックします。『新しいログイン』ダイアログボックスに、このログインを使いたい Webサイトの URLを入力します。あらかじめログインしたいサイトを開いておき、URLをコピー、ペーストするのが便利です。
・「OK」をクリックします。
・「新しいユーザー名を入力」フィールドに、そのサイトにログインするときに使う『ユーザーID』を入力して、「OK」をクリックします。
・確認ダイアログボックスで「OK」をクリックします。
・追加したログインが選択されていることを確認します。
・『ログイン情報の管理』ウィンドウで『詳細』の「パスワード」フィールドにそのサイトにログインするときの『パスワード』を入力します。
・「OK」をクリックします。

2009年11月19日 (木)

BIOSがハードディスクを認識しない(その3)直ったみたいだ

Gs0187n

『だめもと』で、問題のハードディスクをUSB接続して、バックアップしておいたWindows 7のパーティションおよびMBRの『Recovery』を行ないました。
その後再起動すると、なんとBIOSがハードディスクを認識するようになりました。どうやら、ハードディスクのMBRあたりがおかしくなっていたのが原因だったようです。

BIOSがハードディスクを認識しないのは、ハードディスクのエラーだとばかり思い込んでいましたけれど、それだけではなかったようです。
今回問題になったハードディスクは、20091020日の記事にある、Western Digital Caviar Green 1TB500GBプラッタ モデル、M2Bです。他のハードディスクでも全く同じ使い方をしているのですが、なぜかこのM2Bだけで問題が起こりました。

 

認識しなくなった原因は、Acronis True Image Homeのせいかもしれませんし、ハードディスクとマザーボードとの相性問題かもしれません。どちらにしても、今回はAcronis True Image Homeで正常なシステムディスクを『Backup』『Recovery』することで解決できたようです。

2009年11月18日 (水)

BIOSがハードディスクを認識しない(その2)状況の確認

Gs0037n

そこで、ハードディスクをハードディスクケース(200943日の記事)に入れ、まずeSATA接続をしました。Windows起動後にハードディスクの電源を入れると、
Windows 7では認識しません。たしか、元々どのハードディスクでも認識しなかったと思います。
Windows Vistaでは、なんとハードディスクを認識しました。
次に、USB接続で確認をしました。こちらは、
Windows 7
Windows Vista共に認識しました。もちろん、読み出し・書き込みが可能です。

つまり、ハードディスクをSATAeSATA接続したのでは、起動時にBIOSが認識できないために止まってしまいます。Windowsが起動した後に、ハードディスクをUSB接続すれば、使うことができます。

また、AcronisのサイトにAcronis True Image Home 2010のアップグレード版が、113日の日付で公開されていたので、インストールしてみました。

2009年11月17日 (火)

BIOSがハードディスクを認識しない(その1)再発

Gs0010n

2009114日の記事に書いた『ハードディスクが初期不良』で交換したハードディスクを、BIOSが再び認識できなくなりました。今回の『BIOSがハードディスクを認識しない』は、ハードディスク、マザーボード、Acronis True Image Homeの組み合わせで起こったことのようです。もしかして、前回も初期不良ではなかったのかもしれません。

前のときと違って、今回はパソコンの動作を見ているときに不具合が再発しました。
具体的には、Windows7 64bit版をインストールしたパーティションの『Recovery』を行ない、直後の再起動から、SATAに接続したハードディスクをBIOSが認識できなくなりました。

ウェブで調べてみると似たような例が見つかりました。また、起動時にBIOSで認識できなくてもWindowsを起動した後でハードディスクを接続すると、認識できるケースもあるようです。

2009年11月12日 (木)

クイックサンQRS-UT100Bが、Windows 7 64bitで動いた

QRS-UT100BWindows 7 64bitで動かそうとしたのですが、ドライバのインストールでつまずいていました。
原因は、説明をよく読んでいなかったので『Extractフォルダ』にあるドライバをインストールするところを『Downloadフォルダ』のものをインストールしようとしていたためです。『
Quixun QRS-UT100Bまとめ TVTest+TvRockで快適生活』に感謝です。『Windows7での導入例』にしたがってすんなりとインストールでき、TvRockで使えるようになりました。

2009年11月11日 (水)

Advanced System Optimizer 3 がマイナーアップデート

Avo3nu

Systweak社から、Advanced System Optimizer 3 がマイナーアップデートした、というメールが来たので、アップデートを実施してみました。


Systweak
社からのお知らせメールは、多くも少なくもなくかなり的確です。ソフトを購入しても、アップデートを知らせてこない会社や、広告メールばかりを送ってくる会社には、見習ってほしいと思います。

2009年11月10日 (火)

WinDVDお前もか ならばVLC media playerだ

WinDVDも、かなり長い間使っているソフトです。最近まで使っているのは、WinDVD 8 Goldです。これは、少し前Widows XPのときに、動作がおかしくなったことがあります。このときは再インストールを繰り返して、なんとか解決しました。
最近、DVDを見ようとしたら、何とWinDVDが動かなくなっています。再インストールをしてみても、症状が変わりません。パソコンでDVDを見ることはほとんどないのですが、やはり見ることができないのは困ります。

そこで、フリーソフトのVLC media playerで試してみると、チャント見ることができました。VLC media playerは、これまでファイル単位の再生にしか使っていなかったのですが、フォルダー毎あるいはDVDメディアからも、再生することができました。

2009年11月 9日 (月)

B’s Recorder もこれまでか これからはImgBurnでも使おうか

B’s Recorderシリーズは、ずーっと前WindowsでCDに書けない頃から使っています。最近まで使っているのは B’s Recorder GOLD9です。このソフトは、使い慣れているためか操作方法がわかりやすいと思います。
BHA
社のときは新しいドライブによく対応していましたが、ソースネクストになったせいでしょうか、昨年5月に購入したパイオニアのドライブに、いまだに対応していません。
別に書き込みができないわけではないのですが、書き込み速度などが固定されてしまうようです。

試しに、ImgBurnをインストールしてみると、こちらはもちろん使っているパイオニアのドライブに対応しています。ImgBurnはフリーソフトで、B’s Recorderよりも良くできているようなので、これからはImgBurnを使ってみようかと思います。使い方に慣れるまで少し時間がかかるかもしれませんが、B’s Recorderのときも『2つ』の操作通しか使っていなかったので、たいしたことはないでしょう。

2009年11月 6日 (金)

4GBのSDHCメモリーカードが読めなかった

デジカメの4GB SDHCメモリーカードをカードリーダーで読み込もうとしたら、いきなりブルースクリーンになりました。パソコンとカメラとをUSBケーブルで接続すれば、読み込むことができます。
カードリーダーの仕様を確認すると、SDメモリーカード(16MB1GB)とありました。古いカードリーダーでは、容量の大きなSDカードや、SDHCメモリーカードなどを読むことができないようです。これまで、デジカメのメモリーカードは512MBのものしか使っていなかったので、読めないものがあることには全く気がつきませんでした。

ついでに確認すると、M1210の内蔵カードリーダーも、4GB SDHCメモリーカードを読むことができませんでした。

そこで、無くても何とかなるのですが、あると便利なカードリーダー/ライターの新しいものを購入しました。これは、SDメモリーカードは2GBまで、SDHCメモリーカードは32GBまで使うことができます。

Mcreader


写真は、左が古いカードリーダー、右が新しいものです。

2009年11月 5日 (木)

Windows 7 64bit版 でいくつかのソフトをインストール

いくつかのソフトをインストールして、少しずつ使い始めました。
Firefox---最近は、IEよりもこれを使うことが多い。

・Lhaplus---たしかVistaへの対応が早かったので、これを使っていた。
Acronis True Image Home--- Windows 7からもバックアップできないと不便なので。
Office Standard 2007---ワード以外はあまり使わなくなったが、一応入れておく。
・オールド スタイル メニュー アドイン---も忘れずに。
Easy PhotoPrint EX---写真の印刷はこれで。
Adobe Reader--- これは必須。
Java---これも必須。
Flash Player---これは気がつかないうちにインストールされていました。Afp

2009年11月 4日 (水)

ハードディスクが初期不良

1020日に購入したハードディスクが、突然認識できなくなりました。再起動すると、BIOSでこのハードディスクのポートを見に行ったところで止まってしまいます。ディスクを外して、外付けの箱に入れてeSATA接続しても同じです。また、ディスク自体は回転しています。

というわけで急遽 秋葉原まで行って、初期不良ということで同じものと交換をしてもらいました。ロット不良だと嫌なので他のモデルに変えることも考えましたが、他に不良は出ていない・他のモデルに換えるのは面倒、とのことなので止めました。

 

このハードディスクは、3つのパーティションに分けてWindows 7 64bit版をインストールして整備中でした。Windows 7を入れたパーティションは、故障直前のものをバックアップしていましたが、他のパーティションには若干のインストール用データがあり、こちらは少し前のものしかバックアップしてありませんでした。

 

余談ですが、初期不良交換のためにサポートセンターで待っている間に、初めて自作したパソコンが動かないということで、持ち込んできた人がいました。マザーボードはATXでトリプルチャネルのもの、動かないのはたぶん高価そうなビデオカードの、補助電源が挿してないせいだろうとのことでした。それにしても見るからに高価な構成で、羨ましかったです。

2009年11月 2日 (月)

Windows 7 64bit版 でEP100を使うのは止めて プリンター共有にしよう

これまでは、プリントサーバーNet Hawk EP100を使って、PIXUS iP4300をネットワークプリンターとして使っていました。
EP100
は、『2008年度以降に発売されるプリンターには対応しない』、『64bit版のWindowsには対応しない』、『Windows 7には対応しない』ということを明言しています。したがって、EP100を使い続けることは、そろそろあきらめた方が良さそうです。

最近は、自作4号機の電源は入れっぱなしのことが多く、プリンターも近いところに置いてあります。したがって、今後は
EP100などのプリントサーバーを使わないで、『Windowsのプリンター共有』で使うつもりです。
Win7ip4300

そこで、自作4号機(Windows 7 64bit版)に接続したPIXUS iP4300を使って、ノートパソコン(Windows Vista32bit版)からプリンター共有で印刷しようとしました。ところが、Vista32bit同士で共有するときと同じ手順では、接続することができませんでした。

調べてみると、Vista32bit側『プリンターのプロパティ』で、
Windows 7 64bitパソコン名』と『共有プリンター名』によるポートを追加すればよいことが分かりました。


2010114日、25日の記事にあるように、私はEP100を使うのはやめて、ETG-DS/USを使っています。



« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »