« Windows 7を より速い640GBハードディスクから起動するようにした | トップページ | 自作4号機のグラフィックボードをRADEONにする »

2010年5月 5日 (水)

自作4号機 2010年4月末現在の仕様

Gs1383

  自作4号機は、当初20095月のゴールデンウイークに、秋葉原で部品を集めて組み立てました。

1年後20104月末の主な仕様は、次の通りです。
GIGABYTE GA-EG45M-UD2H
IntelG45+ICH10R)、Core 2 Quad Q8400DDR2 800 2GBx2、玄人志向GF9600GT-E512HW2WD6401AALS、パイオニアDVR-217D、電源 abee SP-570EA、ケースTAO ST-565T。Windows 7 Home Premium 64bit版。

 

マザーボードは、当初GIGABYTE GA-G41M-ES2LIntelG41+ICH7)を購入したのですが、AHCI非対応が気に入らないのでGA-EG45M-UD2Hに換えました。
CPU
クーラーは静音化のためにMeOrbに換えました。ケースがSST-SG01B-Fのときだったので、これにしました。
グラフィックボードは、一時GIGABYTEのファンレスにしてみたのですが、余り静音効果が無かったので玄人志向に戻しました。
PC
ケースは、当初SST-SG01B-Fでしたが、暑いときには51℃くらいになるので、ST-565Tにしてみました。その後は44℃までになっています。

« Windows 7を より速い640GBハードディスクから起動するようにした | トップページ | 自作4号機のグラフィックボードをRADEONにする »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36154/48263831

この記事へのトラックバック一覧です: 自作4号機 2010年4月末現在の仕様:

« Windows 7を より速い640GBハードディスクから起動するようにした | トップページ | 自作4号機のグラフィックボードをRADEONにする »