« PCIボードがまた緩んだ | トップページ | ディスプレイが壊れた、今度はEV2334W-TBKにしてデュアルディスプレイをあきらめた »

2010年8月18日 (水)

BIOSが起動しない、メモリーが壊れたのが原因

Gs2141

  普通に使っていて、一度電源を落として再起動しようとするとパソコンが動かなくなりました。BIOSが起動しなくなり、電源を入れたとき最初の『ピッ』が鳴りません。そこで、CMOSクリアを行なってみても、BIOSが起動しません。
てっきりCPUかマザーボードがやられたと思い込み、メモリーを疑わなかったので発見が遅れました。後で聞くと、「最初の『ピッ』が鳴らない」ときは、メモリーのせいだそうです。

以前メモリーが壊れたときは、Windowsまで起動して使っていると何かおかしい状態、だったのでメモリーを確認するのが遅れました。メモリー1本挿しで、2本のうち1本がおかしいことを確認して『Teamサポートセンター』に電話連絡、翌日秋葉原まで持って行って交換してもらいました。

« PCIボードがまた緩んだ | トップページ | ディスプレイが壊れた、今度はEV2334W-TBKにしてデュアルディスプレイをあきらめた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36154/49160231

この記事へのトラックバック一覧です: BIOSが起動しない、メモリーが壊れたのが原因:

« PCIボードがまた緩んだ | トップページ | ディスプレイが壊れた、今度はEV2334W-TBKにしてデュアルディスプレイをあきらめた »