« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月31日 (日)

ATI Radeon HD5770のドライバなどが10.10になっていました

Ati1010n

今回の図は、ダウンロードしたものです。それにしても、月に1回程度のペースで頻繁にアップデートされます。どこが改良されたのかは全く気にしないで、新しくなっているのを見つけると、アップデートしています。

HydravisionAvivo Video Converter(xcode)もダウンロードしています。インストール/アップデート手順は、201058日と1012日の記事にあります。

2010年10月29日 (金)

iTunesの音楽ファイルなどを整理する

Gn_0094

パソコンを変えたり、ハードディスクを変えたりしたのですが、昔から入れてあった音楽ファイルなどは整理しないままでした。そのために、iTunesライブラリ内に、ダブったファイルや見つからないファイルが混ざっています。
これまでは、一つずつ手直しをしたりしていたのですが、今回は全部を一括整理してみました。

(1)まず、ミュージック ライブラリ内の全ての曲を削除(もちろん音楽ファイルそのものは消さない)しました。
(2)
次に、「iTunes Musicフォルダー」内に、音楽ファイルが入っているフォルダーをすべてコピーしました。
(3)
「ファイル」→「フォルダーをライブラリに追加」を実行して、ミュージック ライブラリを作り直しました。
(4)
この後で調べてみると、最近は音楽ファイルを「iTunes Mediaフォルダー(内のMusicフォルダー)」に入れるようです。
そこで、「ファイル」→「ライブラリ」→「ライブラリを整理」とクリックして、「ファイルを統合」にチェックを入れて「OK」をクリックします。これで、「iTunes Musicフォルダー」内の音楽ファイルなどが「iTunes Mediaフォルダー(内のMusicフォルダーなど)」にコピーされます。
(5)
iTunes Musicフォルダー」内に音楽ファイルなどがダブって残っているので、これを削除しました。

これで一応は整理ができたので、あとは個別の手直しです。
一度「iTunes Musicフォルダー」内にコピーしたのは余計だったかもしれませんが、podcastなどもあったので悪くはない手順だったと思います。

2010年10月20日 (水)

IE9 betaだとTvRockの番組表が表示できない

Ie9betan

FireFoxを使うから良いけれど。毎度ながらIEには困ったものだ。

2010年10月19日 (火)

キヤノンiVIS FS21の映像をTMPGEnc MPEG Editor 3で読み込む

Gn_0085

2009624日の記事で、iVIS FS21の映像をパソコンに取り込むのは、付属ソフトのImageMixer 3 SE Ver.4を使うのが簡単だと書きました。また、iVIS FS21内の.modファイルをコピーして、拡張子を.mpgに書き直してもよい、と書きました。

TMPGEnc MPEG Editor 3は、元々TSファイルを.mpgファイルに変換するために使い始めました。使ってみると.mpgファイルの編集にはとても使いやすく、DVDやブルーレイディスクを作ることもできます。

もちろん、このTMPGEnc MPEG Editor 3を使って、iVIS FS21から直接に動画ファイルを読み込み、編集してDVDディスクを作ることができます。

iVIS FS21から読み込むには、『入力設定』で「追加ウィザード」をクリックし、「ファイルから追加する」をクリックします。
『ファイルを開く』の画面で『iVIS FS21のメモリーカード』を選び、『SD_VIDEOフォルダ』内『PRG001フォルダ』などの内にある「MOV00A.MOD」などを選び「開く」をクリックすると、『クリップの追加画面』になります。

直接読み込むときは、もちろんiVIS FS21とパソコンとを接続しておきます。また、前もって.modファイルをコピーしてから使うこともできます。この場合、拡張子を.mpgに直さなくても、TMPGEnc MPEG Editor 3で処理することができます。ImageMixer 3 SE Ver.4を使って読み込んだファイルや、拡張子を.mpgに書き直したファイルも同様に処理できます。

2010年10月14日 (木)

DELL XPS M1210を貸し出し用に変身する

Gn_0072_2

M1210200610月に購入し、OSWindows XPWindows VistaWindows 7と変えながら4年間使ってきました。メモリーやハードディスクの換装をしていますが、今でもWindows 7で快適に動いています。唯一つ気になるのは、メモリーを増やしたためだと思いますが、以前よりかなり熱を持つようになったことです。

ところで、このM1210を貸し出すことになりました。実際は単に、同窓会に持って行って、プレゼンテーションをする人が使うだけです。貸し出しには気楽に承諾したのですが、考えてみると普段使っているまま持って行くのは、万一のことを考えると良くはなさそうです。そこで、貸し出し用のシステムとして、ハードディスクを入れ替えることにしました。換装したときに外したハードディスクがあるので、これを貸し出し専用のシステムとして使うことにしました。

具体的にはWindows 7のシステムパーティションをAcronis True Imageでバックアップして、ハードディスクを入れ替えてからリカバリーをしました。起動したところブートエラーになったので、Windows 7のインストールDVDを使って修復をしました。その後は、ユーザーアカウントを作成し、これまで使っていたユーザーアカウントを削除し、使わないソフトをすべて削除しました

2010年10月13日 (水)

MSI 890GXM-G65のBIOS 1.7でCPUの温度が下がったのか?

Hmp22n

2010726日の記事で、125W1055Tの温度が高いと書きました。95W1055Tに換えてからも同じような状態が続いていました。ここでいう温度とは、『BIOSでみるCPU温度』≒『Control CenterCPU温度』≒『CPUID Hardware MonitorTMPIN0の温度』のことです。『CPUID Hardware MonitorCore温度』と比べて、15℃~20℃位高くなっていました。
実際の温度が高いのか、表示だけが高くなっているのかは分かりません。また、温度自体は致命的な高温ではありません。問題は、MSI 890GXM-G65CPUファン制御が、『BIOSでみるCPU温度』を元に行なわれる、ということです。

BIOS 1.7にしてからCPU温度を見たところ、『CPUID Hardware MonitorCore温度』と比べて5℃~6℃高くなっているようです。最近は78月と比べると室温が10℃くらい低くなっているので、温度については何とも言えないところです。一番言えそうなのは、CPUの温度が高く表示され過ぎていたのが、温度表示がほぼ実際のCPU温度に近くなった、というのではないでしょうか。

2010年10月12日 (火)

ATI Radeon HD5770のドライバなどが10.9になっていました

109dbkn_2 109dwhn_2

ダウンロードしようとサイトを追っていくと、これまでのように赤い字が出ません。見にくい黒い画面と、若干見やすい白い画面とがありました。
いずれにしても、「Display Driver Only(DD)と「Catalyst Control Center(CCC)の『Japanese』があるものをダウンロードします。
その後、使用中のバージョンをアンインストールして、ダウンロードした10.9をインストールします。

アンインストールは、『コントロールパネル』から『プログラムと機能』を選び、「ATI Catalyst Install Manager」をダブルクリックして、『全てのATIソフトの高速アンインストール』にチェックを入れて「次へ」をクリックします。
その後、『インストールマネージャー』も削除してから再起動します。

インストールでは、全て「インストール」→「高速」で良いようです。DDCCCの順にインストールしますが、DDはドライバなので、インストール後にいったん再起動する方がよいと思います。

201058日の記事を参照)

2010年10月 7日 (木)

MSI 890GXM-G65のBIOSを1.6から1.7にアップデートした

Bios17n

Live Update 4』で検索すると最新のBIOSバージョン1.7が見つかります。ところがダウンロードしようとすると、エラーになってダウンロードすることができません。したがって、Windowsからのアップデートをあきらめて、M-Flashを使うことにしました。

手順は、MSI「カンタンBIOS更新・保存ツール!『M-Flash(エムフラッシュ)』」の通りに行ないました。
USB
メモリーをFATでフォーマットして、ダウンロードして解凍したBIOSファイルだけを入れ、バックパネルのコネクターに挿しました。

更新の開始までに、しばらく(数分)の間、沈黙の時間になります。

アップデート後に、一応『Load Optimized Defaults』で設定を初期化してから、これまで行なっていたBIOSの設定を行ないます。これが結構面倒です。
その後、最初のWindows起動でエラーになり、Windowsの修復を求められました。これまでもオーバークロックの際などに何度か起った状況です。

2010年10月 6日 (水)

MSI 890GXM-G65 『LIVE UPDATE 4』で検索をすると

Msilu4n

890GXM-G65は、Windows 64ビット版で使っています。『LIVE UPDATE 4』で検索すると、ネットワークアダプタのドライバ『6.241.0721.2010』を見つけてきたので、ダウンロードしてインストールしました。

念のためにMSIのサイトを見ると、Windows 7用のドライバは7.026.0921.2010 2010/09/27』が最新版となっていたので、こちらをダウンロードしてインストールし直しました。

Windows 7用のドライバは『7.・・・』で、『6.・・・』はVista用ではないかと思うのですけれど。また『LIVE UPDATE 4』はBIOS1.7になっていると知らせてくれています。MSIのサイトを見ると確かにその通りなのですが。

2010年10月 5日 (火)

無線ルーターについて

Gn_0012

無線ルーターの記事は、カテゴリーの『無線ルーター』をクリックすると、記事の一覧が出ます。
こうしてみると、かなりたくさん記事を書いたものです。読み返してみると、結構良いことが書いてあったりします。
coldsweats01

無線ルーターのシェアは、1位バッファロー、2NEC3位コレガ、だそうです。
WEP
で使っている人は大変多く、また、11b/11gで使っている人が大半で11aを使っている人はとても少ないようです。

都内の住宅地では、自宅の周りにアクセスポイントが34個見つかることは普通で、チャネルが少ししかない11b/11gで、電波がだんだん強力になってきているということは、混信の恐れはないのでしょうか。

我が家では、自宅以外のアクセスポイントが34個見つかります。これと関係あるかどうかは分かりませんが、11b/11gは電波が強いのですが、やや弱い11aの方が速度は速いので、これをメインに使っています。

2010年10月 4日 (月)

インターネットに接続できなくなる、モデムとルーターの電源を入れ直すと接続できるようになる

Gn_0058

先日の『インターネットにつながらなくなることがある』の本題です。

無線ルーターはCOREGA CG-WLR300NMで、ノートパソコン2台を無線でお使いです。インターネット接続が使用途中で切れるというよりはむしろ、ノートパソコンを『起動したときにインターネット接続ができない』ということのようです。モデムとルーターの電源を切って入れ直すと、インターネットに接続できるようになるそうです。

 

お宅に伺ってみると、丁度直前にパソコンを起動したところインターネット接続できなかったので、そのままの状態にしてあるとのことでした。
モデムとルーターのランプは、正常に動作している状態です。
そのままの状態で有線接続にしてみても、インターネット接続できません。モデムの電源を入れ直してもだめ。無線ルーターの電源を入れ直したところでインターネットに接続できました。
また、インターネットにつながらなくなるようになったのは、無線ルーターを使うようになったからということなので、どうやらCG-WLR300NMが怪しいようです。
また雰囲気から、無線接続については特に問題がないようです。さらに、無線ルーターに詳しい方が何度も設定し直したということなので、おそらく設定にも問題はないと思います。

 

COREGAのサイトで調べると、ファームウェアVer1.30が公開されていたので、これをダウンロードしてファームウェアの更新を実行してみました。これまで使っていたファームウェアはVer1.00でした。

翌日確認したところでは、エラーは起きていないということですが、この先どうなるでしょうか。

2010年10月 1日 (金)

ノートン インターネット セキュリティー2006をお使いでした

Gn_0057

数年前にパソコンのお世話をした方から、「インターネットにつながらなくなることがあるので見に来てほしい」、と依頼がありました。

お宅に伺ってまず気がついたのは、ノートンインターネット セキュリティーの古いバージョンを使っていることでした。調べてみると2006です。おそらく、200612月頃に購入インストールして、その後アップデートしないで自動継続をしていたものと思われます。

 

そこで、ノートンアップデートセンターに接続して、ノートン インターネット セキュリティー2011にアップデートしました。また、ノートンアカウントを登録していなかったので、アカウントを作りました。有効期間は、あと80数日残っていました。

 

アカウントサービスをみると、何故か残りのライセンスが『なし』になっていました。
翌日、ノートンサポートに電話で確認したところ、3台まで使えるようになっている(残り2台)そうです。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »