« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月25日 (木)

SAPPHIRE HD5770 1G GDDR5 PCI-Eのボードのビビり 一応止まったと思ったら

Gn0148
前回の時点ではビビりの原因として一番可能性があるのは、一週間ほど前に設定し直したBIOSのせいではないかと考えていました。翌日、パソコンの電源を入れてから観察していると、電源を入れた時点からではなく、Windowsが立ち上がってからビビりだすことが分かりました。これまでは、電源を入れてからWindowsが立ち上がるまでの観察をしていなかったので、どの時点からビビるのかを確認していませんでした。

念のためにここで再起動してみても、状況は変わりません。
そこでAdvanced System Optimizerを使って、『レジストリ クリーナー』を実行してから再起動すると、ビビらなくなりました。
ビビりは、その後数日間出ていないので、多分解決したのだと思います。

と思っていたら、本日再発しました。これはもしかして・・・。
一度シャットダウンしてから、再び電源を入れれば治まるのですが。毎朝二度電源を入れるのも面倒です。起動時に他の不具合で電源を入れ直すことはかなりあるのですが。

 

2010年11月24日 (水)

SAPPHIRE HD5770 1G GDDR5 PCI-Eのボードがビビる

Gn0203

先週、201057日の記事に書いたグラフィックボード、SAPPHIRE HD5770 1G GDDR5 PCI-E、のボードがひどくビビるようになりました。
朝一で電源を入れると、ファンがビビるような音がします。初めは、CPUクーラーのファンにケーブルが当たっているのではないかと思い、シャットダウンしてからPCケースを開けて、CPUクーラー近くのケーブルを留めてみたりしました。それから電源を入れて起動すると、音はピタリと止まりました。

ところが、次の日もそのまた次の日も同じ状況になりました。
その次の日の朝にまた何かがビビったので、電源を入れたままPCケースを開けて触ってみると、ビビっているのはSAPPHIRE HD5770 1G GDDR5 PCI-Eのボードでした。多分、ファンが最高速度以上?で回っているような感じでした。このときは何もしないで再起動すると、このビビりは治まりました。

もしかしてドライバのせいかもしれないと考え、ドライバを10.11にしてみました。10.10にしてから2週間ほど経ってからのことなので、多分関係はないと思いますけれど。

2010年11月23日 (火)

TMPGEnc MPEG Editor 3 を Ver.3.3.1.142にアップデートしました

Mpege331142n
アップデートのお知らせがあったので、アップデートをしてみました。

PCasTV3
対応が主体のようですが、『その他細かい修正』も行なわれているようなので、アップデートしておく方が良いと思います。

アップデート手順は、2010115日の記事に書きました。

2010年11月22日 (月)

COREGA CG-WLR300NMの不具合はファームウェアVer1.30で直った

Gn0231

 2010104日の記事に書いた『インターネットに接続できなくなる、モデムやルーターの電源を入れ直すと接続できるようになる』について、昨日連絡がありました。COREGA CG-WLR300NMのファームウェアをVer1.30にしてから1ヵ月半位になりますが、その後『接続できなくなること』は起こっていないそうです。

2010年11月18日 (木)

MSI 890GXM-G65と95W版1055T、オーバークロックから抜け出せなくなった

Gn0173

  以前は『OC GENIE lite』オーバークロックをやめたいとき、『Control Center』の「OC Genie Lite」ボタンを押すと、再起動されてオーバークロックが解除されました。ところが最近、この操作を行なってもオーバークロックのままになってしまいました。
試しにシステムパーティションをリカバリーしてみると、ブルースクリーンになり、警告に従ってWindowsの修復を行なっても状況は変わりません。つまり、Windowsが起動できなくなりました。

BIOSを確認すると、CPU Phase Controlが『Disable』、AMD Cool’n’Quietが『Disable』になっています。
一度Load Optimized Defaultsを実行してから、これらを『Auto』にしてみると、何事もなかったようにWindows 7を起動できました。オーバークロックも解 除されました。

2010年11月17日 (水)

MSI 890GXM-G65と95W版1055T、ユーティリティー『Control Center』でオーバークロックすると

Gn0182

2010728日の記事で、『MSI 890GXM-G65:ワンクリックのオーバークロックは良くできている』と書きました。この頃は、ユーティリティー『Control Center』の「OC Genie Lite」ボタンを押すと、再起動されてオーバークロックで動きました。ところが最近は、再起動するとWindowsが立ち上がらなくなり、修復するように警告されます。

Windows 7のインストールDVDで修復をすると、起動できるようになりオーバークロックで動きだします。

2010年11月16日 (火)

YouTubeからのダウンロードにはArea61、最新版はVer.6.4.1

Gn0170

Area61については、2008816日、26日の記事に書きました。このときはVer.4.2だったので、だいぶ進化しているようです。2009年頃まではiPod touchを使っていたのですが、その後に手放したので、Area61も使っていませんでした。

久しぶりに見てみると、Ver.6.4.1になっていました。動画をiPhone 4iPad用、Android用などに変換する機能が追加されています。
使い方については、「ヘルプ」→「サポート」から、『Area61 ビデオダウンローダー』の「簡単操作説明」をクリックすると、見ることができます。

2010年11月15日 (月)

クラウド ジャパン 秋

Gn0269_2

1回クラウドコンピューティングEXPO5月にあったばかりなのに、第2回クラウドコンピューティングEXPOがありました。今回は会場が幕張でした。幕張までは片道2時間かかりますし、電車賃もばかになりません。それでも年に1回か2回は出かけています。

昔からある「ノベル」、新鋭の「三三」、「ニフティ」も出ていました。これからは「エルザジャパン」が面白そうです。

2010年11月10日 (水)

Acronis True Image Home 2010 リカバリーでエラーになった6493:エラー

Gn0168

システムパーティション(C:)をリカバリーしようとしたら、エラーになりました。
Failed to prepare operations.
Error code: 9 'A file system error has been found.' with extended code: 458,780 'Run list is corrupted.'

6493:エラーというものらしいです。
Windows
を再起動したら、自動的にパーティション(C:)のディスクチェックが行なわれ、その後リカバリーすることができました。

続けてパーティション(D:)をリカバリーしようとしたところ、再び同じエラーになりました。こちらは手動でchkdskを実行してもだめでした。SnapAPI 571をインストールしてもだめでした。
リカバリー先となるパーティションを、どうせデリートしてから書き直すので、前もって削除すると大丈夫なようでしたが。

2010年11月 9日 (火)

Acronis True Image Home 2010でバックアップにかかった時間

Gn0139

Acronis True Imageでバックアップにかかった時間については、2009429日の記事にも書きました。
これらのかかった時間は、使っているパソコンの状況によって全く異なるので、単なる参考にしかならないと思います。

自作パソコン5号機(2010720日などを参照)で、USB 3.0接続したハードディスクにパーティションC:D:とをバックアップしたところ、かかった時間は22分くらいでした。C:のデータ量は36GB(パーティションは80GB)、D:のデータ量は71GB(パーティションは100GB)です。

2010年11月 8日 (月)

今回購入したスピーカーは、オーディオテクニカのAT-SPE7DB

Gn0157

夏に壊れたスピーカーはエレコムMS-75CH。価格は2,000円以下だったと思います。なんとなく音が小さいと思っていたら、片方のスピーカーから音が出ていませんでした。直そうと思いましたが、後ろカバーが簡単には外れず、直すのに手こずりそうなので、新しいものを購入しました。

購入したのは、オーディオテクニカのAT-SPE7DB BK、価格は10,000円ほどです。ダブルバスレフ方式でスピーカー径は52mmとあります。低音はとても良く出ますが、音質については、小さなスピーカーですし、マザーボードのオーディオ機能を使っているだけなので、良く分かりません。少なくともMS-75よりは、ずっと良いようです。

2010年11月 5日 (金)

TMPGEnc MPEG Editor 3がVer.3.3.0.138になっていました

Mpege3updn_3

TMPGEnc MPEG Editor 3を開いたときに、アップデートのお知らせが出ました。
「アップデータ公開」をクリックすると、アップデート内容が表示されます。
「詳細をブラウザで開く」をクリックすると、Ver.3.3.0.138のダウンロードサイトに移動します。
(ペガシスのサイトで、「ダウンロード」→「TMPGEnc MPEG Editor 3」→「アップデータ」と選んでも同じです。)

「ユーザー登録済のお客様はこちら」をクリック→『製品登録状況の確認とダウンロード』で「登録製品一覧」をクリック→「メールアドレス」、「パスワード」を入力して「ログイン」をクリック→「ダウンロード」をクリック。

『ダウンローしたセットアップファイル』を実行します。このとき、旧バージョンを削除しなくてもよいようです。また、再起動が必要です。ペガサスのソフトは、価格がちょっと高めでライセンスについては厳しいですが、アップデータで改良が行なわれるので、私は気に入っています。毎年のように新しいバージョンを出して、買い換えろと迫るソフトは嫌いです。

2010年11月 4日 (木)

SONYのラジオSRF-R600VとICF-EX5

Gn0145

夏に壊れた小型のラジオは、SRF-R600Vという小型のものでした。最近は外に持って出ることは全くなく、深夜に聞くくらいでした。そこで、少し大きくはなりますが、SRF-A300を購入しました。これは1993年に発売されたそうですから、17年前のモデルです。AMステレオ放送を受信できるという、何とも珍しいラジオです。使ってみると、暗いところでも手探りで電源を入れたり、音量を調節できるようにできています。また、ダイヤル盤には照明があります。

ついでですが、わが家にはSRF-A300と同じくらいの大きさのラジオがもう1台あります。こちらはICF-EX5で、1985年に発売されたものです。発売後間もなく購入したので、もう25年くらい使っていることになります。ICF-EX5はとてもAMの感度が良いラジオで、今でもマイナーチェンジモデルが販売されています。25年も経つと、ロッドアンテナは10年以上前から先の方が折れていますし、スピーカーを止めている金属棒のストッパーは欠けたのでテープで留めています。不思議とラジオの受信機能だけが健在です。

2010年11月 2日 (火)

Windows 7 1周年記念パッケージHome Premium アップグレードを買ってみました

Gn0143

Amazonからメールがあり、価格が11,000円よりも安かったので、注文しました。自作2号機のWindows XPがあるので、その内にこのXP7にアップグレードするつもりです。DSP版よりも若干安いですし、32ビット版と64ビット版の両方が付いているので、私はDSP版よりもアップグレード版の方を使います。

DSP版の方がインストールのときに何も考えなくて良くて簡単ですが、アップグレード版は何と言っても製品版です。アップグレード対象のWindowsを持っていればこちらの方が良いのではないでしょうか。

余談ですが、私はHome Premiumで十分だと思いますので、これを使っています。
Windows XP
ではProfessionalを使っていたのですが、管理が厳しすぎて個人ユーザーとしては使いにくいことがありました。

2010年11月 1日 (月)

Windows XPを再インストールしたら丸1日かかりました

Gn0098

826日の記事に、ディスプレイが壊れたと書きました。
今年の夏は暑かったせいか、その後も、スピーカー、キーボード、パソコンに関係のないところでは冷蔵庫の製氷機能、小型のラジオ、そして10月になってからは自作2号機のハードディスクが壊れました。

自作2号機はWindows XP20072月に再インストールしました。(200727日の記事)バックアップは6カ月ほど前に取ってあったので、別のハードディスクにリカバリーしましたが、エラーになってブートできません。インストールCDから修復を試みたのですが、Administratorのパスワードで引っ掛かりました。
解決策を調べるのも面倒なので、しばらくそのままにしておきました。

その後、自作2号機を使っていた家族から、iTunes関連だけでも使えるようにしたいと言われました。iTunes関連のファイルだけをリカバリーすることはできるので、他のパソコンで使ってもよいのですが、暇にまかせてWindows XPを再インストールしてみました。2号機が遅いせいもありますが、再インストールしてiTunesが使えるようになるまでに、丸1日かかりました。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »