« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月28日 (木)

SoftBank iPhone4の16GBモデルを830Pより安く使う

Gn1065
これまで2年間使っていたSoftBank 830Pを、3月にiPhone 4に買い替えました。iPhone 4に変更しても、料金は830Pよりも安く使えそうなことが分かったためです。もちろん、安く使うためにはいくつか機能制限をする必要があるので、誰にでも薦められるという訳ではありません。
買い替えから4か月ほど経ったので、使用料金がはっきりしてきました。いくつか条件が変わっているので正確なところは分かりませんが、830Pでは1か月3,500円くらいだったのが、iPhone 4では1か月3,000円くらいになりました。

iPhone 4を安く使うために、プライスプランはパケットし放題forスマートフォンにします。設定では、『一般』『ネットワーク』で『モバイルデータ通信』を「オフ」にします。さらに、『MMSメール』を「オフ」にして、『メール設定(MMS)』を受信拒否にします。
設定手順は、『iPhone 4を最低料金で使うには!』のサイトを参考にしました。

機能制限で一番不便なのは、3Gでパケット通信ができないことです。しかし、自宅ではWi-Fiが使えますし、ソフトバンクWi-Fiスポットも無料で使えるので、私自身はなんとか我慢できます。
また、MMSが基本的に使えないので、713日からのSMS相互接続サービスは、とても役に立ちます。

2011年7月25日 (月)

TvRockで予約ができない 7月24日

Gn1076

 

TvRockで予約ができない」ことに気が付いたのは、724日の午後10時過ぎになってからでした。
調べてみると、TvRock0.9t8aにすれば良いことが分かりました。録画予約は、725日早朝の「コパアメリカ決勝」だけでしたので、そのままにしておくか悩みましたが、午後1130分頃に、0.9t8aにダウングレードすることに決めました。手順について、私がいつも頼りにしているのは「ぬるま湯さん」のサイトです。

「ぬるま湯さん」のサイトにしたがって、ダウンロード・解凍してできたTvRockフォルダー内のファイルを、使っているTvRockフォルダー内に上書きしました。
ウイルスソフトはノートンを使っていますが、特に何もしませんでした。
「番組情報取得スケジュール」の予約が消えてしまったので、予約し直しました。

2011年7月23日 (土)

ETG-DS/USのファームウェアおよびnet.USBクライアントが1.10になっていました

Etgdsus110

印刷は、USB接続機器ETG-DS/USを使って、プリンターiP4300で行なっています。(2010年、114日、25日の記事)本日、何故か印刷できなくなっていたので、ソフトを入れ直そうとしてIOデータのサイトを見たところ、ファームウェアおよびnet.USBクライアントが、バージョン1.10になっていました。

これまで使っていたものは、バージョン1.02だったので、1.10にアップデートしました。途中ファームウェアのアップデートでパスワードを求められました。設定した記憶が全くなかったので焦りましたが、やっとパスワードを思い出すことができました。

2011年7月19日 (火)

TMPGEnc Authoring Works 4ディスク ライティングツールの不具合が解決したらしい

Gn0863

2011429日の記事で、「TMPGEnc Authoring Works 4ディスク ライティングツールの不具合」について書きました。4.1.0.47および 48DVD-Rのファイナライズができないのです。
ペガシス サポートセンターとメールをやり取りしましたが、結局解決できないままでした。

715日の記事で、SATAのドライバも最新にしたので、再度4.1.0.48で確認したところ、ファイナライズまでできました。
どうやら、
SATAのドライバを最新のものにすることで、解決できたようです。チップセットドライバとBIOSも最新のものにしたのですが、これは多分関係ないと思います。

2011年7月18日 (月)

突然テレビが見えなくなった PT2、TVTest、TvRock

Gn1047
いつものPT2ボードの緩みかと、思いましたが違いました。画面を右クリックすると、「再生オフ」にチェックが入ったままになって、取れません。
「設定」で、「デコーダ」を適当に選ぶと、テレビが見えるようになりました。こうなったのは初めてですし、理由も分かりません。

2011年7月16日 (土)

MSI 890GXM-G65のBIOSを1.7から1.B(1.11)にアップデートした

Bios1b

チップセットドライバをアップデートしたので、ついでにBIOSのアップデートを行ないました。
手順は、2010107日の記事のとおりです。今回も、Windowsの修復が必要でした。

2011年7月15日 (金)

チップセットドライバのアップデート

Ati_sb8_driver

チップセットドライバのアップデートについては、だいぶ前に色々と調べてみたことがありますが、結局は分かりませんでした。この件については、雑誌や本にも明確に書いてあるのを見たことがありません。
以前、「チップセットドライバは、Windowsインストールの直後にだけインストールできる」と書かれていたようです。実際に、その後チップセットドライバが新しくなったので、アップデートしようとしても、アップデートできませんでした。

ところが、最近は最初のインストール後でも、チップセットドライバをインストールしてアップデートできるようです。

本日、MSI 890GXM-G65ATI System Drivers for SB8xxが、2011-07-14に新しくなっていたので、ダウンロード/インストールしてみると、アップデートできたようです。

2011年7月14日 (木)

Internet Explorer 9 (IE9)で印刷できた

Ie90714

201164日の記事で「Internet Explorer 9 (IE9)で印刷ができない」と書きました。
そして、629日の記事で、「Internet Explorer 9 (IE9)IE8に戻した」と書きました。

本日、714日にWindows Updateが沢山あったので、再度IE9をインストールしてみたところ、何故か印刷できるようになりました。

2011年7月 7日 (木)

第18回国際ブックフェア

Gn1041

昨年の記事で、「来年からは、『文具・紙製品展』、『雑貨EXPO』の方を見に行こうと思います」と書きました。しかし今年も結局は、毎年行っている『洋書バーゲンコーナー』を見てから、『国際ブックフェア』をぐるっと一回りして、『電子出版EXPO』もざっと一回りしました。(株)アート絵本の「大人の絵本」が面白かったです。

2011年7月 6日 (水)

初めてパソコンを自作する友人へ(その4)その他のパーツ

Gn1034

ハードディスク:

当初は、あまり大容量でなくても良いと思われるので、WD5002AALX [500GB SATA600 7200] Western Digitalの黒500GB7200rpmがお勧めです。もちろん青でも十分です。

電源:

500Wのもので十分だと思います。450Wでも大丈夫でしょう。80PLUS認証取得のもので、プラグインタイプのものがベターです。奥行140mmとか123mmの短いものの方が、どんなケースにも使えるので、良いと思います。電源は中古で売れないので注意が必要です。

メモリー:

DDR3-13334GBx2→計8GBが今の標準のようです。お店で店員と相談して決めるのが良いと思います。

DVDドライブ:

これも店で決めましょう、一番よく売れているものが無難です。ブルーレイを使うことが決まっているならば、初めからブルーレイドライブにします。この場合、ソフトは付属しているものを選びます。

PCケース:

これを選ぶのは難しいですが、最終的には個人の趣味で選びましょう。価格的には、電源なしで8,000円以上のものが無難です。規格は、Micro ATX用のもので十分ですが、必ず現物を確認して、説明をよく聞いて納得してから決めます。PCケースも中古で売れないので注意が必要です。

グラフィックスボード、地デジチューナー、SSD、水冷パーツなど:

使い始めてから、もし必要であれば考えましょう。とりあえずは不要です。

その他:

初めに不満に思うことが多いのがファン、ケースファン、CPUファンの音です。したがって、ファンを替える人も多いです。替える前に、設定で回転数を変えられるので、そちらで確認してから考えます。

2011年7月 5日 (火)

初めてパソコンを自作する友人へ(その3)INTELかAMDか

Gn1031_2

CPUおよびマザーボードは、INTELAMDの選択肢がありますが、最初の1台はINTELを使うのが無難だと思います。例えば、628日に紹介した本を見ても、INTELのことしか書いてありません。AMDの方が安くて性能が良いと思いますが、ここではINTELを勧めたいと思います。

CPU: ソケットは1155が最新で、これを選ぶしかないでしょう。実際のCPUは、これまでノートパソコンを使っていて特に不便を感じなかったのであれば、Core i3-2100で十分です。Core i5-2400Sならば、普通の使い方で遅いと感じることは無いでしょう。この二種類はTDP65Wの省電力型です。

マザーボード:最新チップセットはZ68なので、出来るだけこれを使ったものが良いと思います。
特に大幅な機能追加も考えていないようなので、Micro ATXのもので十分だと思います。

 ということで調べてみると、GIGABYTEGA-Z68MA-D2H-B3 Rev.1.0および、ASRockZ68 Pro3-M位しかありません。初めての自作では、GIGABYTEの方が扱いやすいと思いますが、PCIスロットがないのが不満です。したがって、Z68 Pro3-Mを選ぶしかないようです。
この時点で、
628日に紹介した本でASRockの マザーボードが使われている理由が分かりました。

2011年7月 1日 (金)

TSファイルから直接DVDを作る

Gn0984

TMPGEnc Authoring Works 4を使うと、TSファイルから直接にDVDビデオを作ることができます。

 

ただし私の場合は、2011429日の記事にあるように、現在このソフトではDVD-Rのファイナライズができません。

719日の記事に書きましたが、この件は解決したようです。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »