« RAW画像の欠点・デメリットはあるのか | トップページ | VLC media player 2.0.1にアップデートした »

2012年3月27日 (火)

PIXUS iP4300が故障、PIXUS MG6230を購入して無線LAN接続をした

Vc3429l

iP4300の前に使っていたiP4100は、約2年間使って印刷枚数がA47,000枚以上になったところで故障しました。iP4300は、約46か月使ったところで、あちこちおかしくなり、印刷できなくなりました。丁度インクも切れたので、MG6230を購入しました。

MG6230は無線印刷機能があるので、これを使うことにしました。したがって、ETG-DS/USは不要になりました。MG6320の無線LAN接続設定は、ガイドにしたがって手順を進め、割合すんなりと印刷できるようになりました。
AOSSとか、らくらく・・・は使っていないので、「手動設定」で行ないました。
・パスフレーズ入力では、シフトや数字・記号への切り替えが分かりにくかったです。
MACアドレス フィルタリングを使っているのですが、プリンターのMACアドレスが分からなかったので、一時的にMACアドレス フィルタリングを解除して接続しました。
これについては、後で調べると、MG6230MACアドレスの確認方法が出ていました。
・簡単に書くと、「セットアップ」⇒「本体設定」⇒「LAN設定」⇒「LAN設定情報の確認」⇒「無線LAN設定表示」で『MACアドレス』が表示されます。

・また「手動設定」については、『手動設定での無線LANセットアップ方法 MG6230』で検索すれば、詳しい設定手順が見つかります。

« RAW画像の欠点・デメリットはあるのか | トップページ | VLC media player 2.0.1にアップデートした »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36154/54324178

この記事へのトラックバック一覧です: PIXUS iP4300が故障、PIXUS MG6230を購入して無線LAN接続をした:

« RAW画像の欠点・デメリットはあるのか | トップページ | VLC media player 2.0.1にアップデートした »