« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月17日 (火)

PIXUS MG6230のファームウェアをVer.3.020にアップデートしました

Bbb
MG6230のファームウェアアップデータを見つけたので、実行してみました。
Google Cloud Printへの対応を追加したということで、今のところ使っていないので関係はありません。
アップデートするためには、USBケーブルで直接接続する必要がありました。アップデート後、パソコンの再起動も必要でした。無線LAN接続で使っているので、「スタート」⇒「デバイスとプリンター」から、不要なプリンター設定を削除しました。

2012年7月13日 (金)

ユーザーID、ユーザーIDのパスワード、メールのパスワード、無線LANルーターなどのパスワードを確認しておきましょう

Vc4206

2008418日の記事で、『ユーザーIDとパスワード』を書いた資料を大切に保存しましょう。と書きました。また、2008419日の記事で、『ルーターのパスワードとマニュアル』も大切に保存しましょうと書きました。これらに加えて、『メールのパスワード』も大切に保存しましょう。

せっかくこの記事を読んだのですから、もしこれらのパスワードが分からない場合は、プロバイダーに『ユーザーIDとパスワード』および、『メールのパスワード』の郵送をお願いしましょう。
『ルーターのパスワード』については、パスワードを設定しなくて良いメーカーのものもありますが、良識ある人が設定したのであれば、マニュアルなどに記入してあると思います。

これまで、パソコンの買い替え、プロバイダーの変更、ADSLから光回線への契約変更などのお手伝いをしてきました。ところが、ほとんどのケースでは、これらのパスワードが分からなくなってしまっていました。

まず、パソコンの買い替えの場合、新しいパソコンでメールソフトの設定をします。このときに『メールのパスワード』が分からないと、メールソフトの設定ができません。ただし『ユーザーIDとパスワード』が分かっていれば、主IDのメールについては自動設定できるようです。また、これまで使っていたパソコンから、設定を移行することもできます。実際的に困るのは、メールのパスワードを変更できないことです。

次に、無線LANルーターのパスワードは、パソコンをの買い替え、買い足しのとき必要になります。無線のセキュリティをかけていない人や、非常に弱いセキュリティのままで使っている人が多いので、何とかつながるケースがあるかもしれません。しかし、例えば無線LANの常識とされているMACアドレスフィルタリングは、設定できません。

『ユーザーIDとパスワード』がなぜ必要かについては省略しますが、これを知らないで使っている人は、大変おおらかな人です。インターネットを使うだけであれば、au光では『ユーザーIDとパスワード』を知らなくても良いですし、フレッツでは業者が設定のときに使っただけです。

2012年7月12日 (木)

So-netサポートの女性に感謝します

Rakuraku

昨日、Windows 7パソコンにメールを移行するお手伝いに行きました。Windows Liveメールの設定で、1つ目のアカウントを終って、2つ目のso-netのメールアカウントで引っかかりました。これまで使っていたパソコンでは、ユーザーアカウントを切り替えてOutlook Expressで使っていたそうです。その後アカウントの切り替えがうまくいかなくなり、最近はWebメールでお使いでした。
10
年前のSo-netからの資料にしたがって、メールの設定を行ないましたが、パスワードが違っているようなエラーになります。「メールのパスワードは変えていない」ということで、設定を何度も確認しましたが違っているところはないようです。資料では、ユーザーIDのパスワードとメールパスワードは同じになっています。途中から、メール用のパスワードを変えたかもしれないということで、記憶していたパスワードにしてみましたが、それでもだめです。

結局、So-netサポートに電話をしてメール設定の確認をしました。設定は特に問題ないようでしたが、やはり送受信できません。次の手段として、ユーザーIDとパスワードが分かるので、サポートの指示に従ってログインしてWindows Liveメールの自動設定『らくらくメール設定』を行なうと、メールの送受信ができるようになりました。

サポートの女性の方に迷惑をかけたのは、次の2つです。我慢強く、丁寧に対応していただき誠にありがとうございました。
1.電話がかかった直前に、丁度Windows Updateが9コ始まってしまい、終了して再起動して、また終了するまで待っていただきました。
2.自動設定の直後に、メール受信が始まり送信できるか確認するのに、約1,200通のメール受信が終わるまで、待っていただきました。ADSLなのでかなり時間がかかりました。

当初、パスワードは最初の設定から変更されていない、ということでしたが、どうもメールパスワードが変更されているようでした。メールパスワードを郵送していただくようにお願いしました。

2012年7月11日 (水)

My Book Essential のSmartWare_Windows_Upgrader_1.6.0.19が実行できない

Smartware

WDUSB3.0に対応した外付けハードディスク、価格が比較的に安かったので、購入してみました。1TBモデルWDBACW0010HBK-JESNKです。

SmartWareをインストールして実行すると、『WD SmartWareのアップデートを使用できます』というメッセージが出ます。「アップデートする」をクリックして、Firmwareのアップデートv1.003⇒v1.012は問題なく実行されました。
次に、SmartWare_Windows_Upgrader_1.6.0.19をダウンロード・解凍して、実行しました。ところがメッセージも何も出ないで無反応、全く実行された形跡がありません。WDソフトウェアアップデータはインストールされました。OSWindows 7の64ビット版、最近毎日のようにアップデートがありますが、もちろん最新にしてあります。また、インストールされていたSmartWareは、バージョン1.45.24つも前のものです。

WDのサポートに電話で問い合わせしたところ、「自分の知っている範囲では、そのようなトラブルは聞いていない」、「セキュリティソフトが邪魔していることが考えられるので、それを止めたり、アンインストールして実行してみてください」とのことでした。セキュリティソフトはNorton Internet Security 2012を使っています。ペガシスのソフトの例では、インストールできないときなどは、NISがメッセージを出すはずですがそれも出ません。
以前はセキュリティソフトが邪魔をしたりしたことがありますが、最近では何も反応なしになることは経験していません。他の原因のように思えますが、「そのようなトラブルは聞いていない」と言われればそれまでです。

元々、NISを止めてみたりして確認するのは当たり前のことで、そういうことでは解決できないのでサポートに聞いているのです。

また、WindowsSmartWareを使うつもりはないので、どうでも良いことなのですが、解決していないという情報を書いてみました。普通は解決してから記事にしています。
アップデーターだけでなく、新しいバージョンのソフトも提供するべきだと思います。おそらく、既にバックアップされたデータのことを気にしているのではないかと思いますが。

2012年7月 7日 (土)

センチュリー 裸族の一戸建てUSB3.0eSATAプラス CRIS35EU3 ファームウェアアップデート

Centurya

USB3.0のドライバを最新のものにすると、動作が怪しくなるので、以前から気になっていました。たまたまCENTURYのサポート⇒ダウンロードを見てみると、ファームウェアアップデータがあったので、ダウンロード・実行しました。結果は良好のようです。
ファームウェアダウンロードのときに「ほとんどダウンロードされていない」と警告が出ました。この『裸族の一戸建てUSB3.0eSATAプラス CRIS35EU3』は、私が使っている外付けハードディスク ケースの内で、一番よくできていると感じているものです。それでもあまり使われていないのでしょうか、あるいはファームウェアのアップデートをしていないだけなのでしょうか。
図はアップデート後のものです。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »