« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月29日 (土)

Mac mini Mountain Lionで使ってみたキーコンビネーション

Vc4499l

これまで、次の4種類を使ってみました。キーを押しているのに通常起動してしまうこともあります。これは、ワイヤレス キーボードを使っているためではないかと考えています。

(1)起動時に[D]キーを押す
 Apple Hardware Testで起動。メモリー増設の前後、およびHDSSDに交換した後で実行しました。

(2)2度目の起動音が聞こえるまで、[option+command+R+P]キーを押し続ける
 NVRAMのリセット。2回ほど実行しました。

(3)
起動時に[option]キーを押す
 起動するボリュームの選択。
Carbon Copy ClonerHDSSDにコピーした後に、SSDから起動で
きることを確認するために実行しました。
また、MacではUSB接続のHDから簡単に起動できるので、テスト用のシステムHDを作成して、外部HDから起動するときに使います。

(4)
起動時に[command+S]キーを押す
 シングルユーザーモードで起動。AppleJackを使うときに使います。

2012年9月23日 (日)

Mac miniワイヤレス キーボード電池の減りと電源の切り方

Vc4481l
Mac mini Mountain Lion
で、ワイヤレス キーボードとトラックパッドを使っています。
電池の減り方は、ワイヤレス キーボードの方が断然速くて、1ヶ月ほどで電池残量50%くらいになりました。

これに対して、トラックパッドの方はその半分くらいしか減らないようです。しかし、この電池残量の表示はあまり正確ではないという噂もあるので、どこまで本当なのでしょうか。
実際にどのくらいの期間使えるかというのは、途中で電池を入れ替えてみたり、エネループに交換したりしているので、まだ分かりません。

ところで、これまではこれら2つの電源を、一度も切ったことがありませんでした。改めて付属の説明書を見たところ、右端のオン/オフスイッチ(なぜかトラックパッドではオン/オフボタンになっています)で電源を切ることができるようです。ネットで調べたりしてみると、このスイッチはMacやパソコンの電源スイッチと同じ使い方のようです。つまり、ちょっと押してインジケーターランプが点灯したときに押すのをやめるとオンになります。しばらくすると消灯しますがオンのままです。また、オンのときに、インジケーターランプが点灯してから消灯するまでスイッチを長押しすると、オフ電源断になります。


2012年9月22日 (土)

CrossOver Mac 11テストしてみましたが

20120922_104820
CrossOver Mac 11でホームページビルダー
15が使えるというのでテストしてみました。
たしかに、DVDからインストールして実行できるようです。しかし、このホームページビルダーは、アップデートモジュールによって、最新版にする方法を採用しています。アップデータプログラムは、Windowsで動く仕組みになっているようなので、Macでは動きませんでした。
ということは、最新版が使えないのではないでしょうか。ホームページビルダー15では、何回もアップデートが行われています。ホームページビルダーの最新版をMacで使うのにはどうすればよいのでしょうか。

発売時のバージョンしか使えないのでは、ほとんど意味がないと思います。

 

2012年9月21日 (金)

Mac mini Mountain Lion 10.8.2

Osx1082_2
ダウンロード後、止まったようになったので再起動をしました。間もなく再起動インストールが始まりました。ひたすら、じっと待っているのが正解なのでしょうか。

2012年9月18日 (火)

ココログにも不満、『同じものを使い続けるな』ということか

20120917_153134
ココログを
Windowsで使っていると、Internet Explorerでなければできないこと、Firefoxでなければできないこと、があります。以前はFirefoxでもできたのに、というのはFirefoxが頻繁にアップグレードされるのも、原因の一つかも知れません。
ココログはMacで使うときも、Firefoxではできるけれど、Safariではできないことがあります。たいした機能ではなくても、ユーザーとしては、フォントを変えてみたり、文字の色を変えてみたりしたいこともあるのです。ブログの機能に不満があるならば、やりたいことができるブログを使えば良いと言うことなのでしょうか。
少なくても2つのブラウザには対応してもらいたいものです。

いつまでもWindowsパソコンを使っていないで、Macを使ってみろ、いつまでもOfficeを使わないで、LibreOfficeを使ってみろ、と言うのと似たようなことなのかも知れません。
だんだんと、新しいことを覚えるのが面倒になってゆく気がしますが、パソコンなどを使い続けるのであれば、常に新しいことへの挑戦が必要なのかも知れません。

2012年9月17日 (月)

Mac mini Mountain Lionで無線はかなり速い

20120909_73223_3

Mac miniを使っている部屋には、auのホームゲートウェイと無線ルーターCG-WLBARAGNDが置いてあります。Mac miniは、最初暫らく無線で使っていましたが、有線ケーブル接続ができるので、その方がずっと速いと思い、その後は有線LANで使っていました。先日、再び無線にして速度を測ってみたところ、これがかなり速いのです。そこで、最近はずっと無線で使っています。
参考までに、無線は802.11aを使っています。これまでに何度か書きましたが、経験的には802.11aの方が速いと思います。802.11bの方は、電波は強いのですが遅いです。もしかして、家の周り中で802.11bを使っているからでしょうか。

LANもキーボードもトラックパッドも無線です。ただし、キーボードは、特殊起動のときなど、やはり有線の方が安心な気もします。Mac miniはUSBポートが4個なので、無線を使うメリットはあります。

2012年9月16日 (日)

Mac mini HDをSSDに交換しました

Vc4456

2012年9月9日の記事で、Mac mini HDをSSDに交換するときの注意点について書きました。この2点を知っていれば、とても簡単に短時間で交換できたと思います。
使用したのは、INTELの330 SERIES 240GBです。これまでWindowsではCrusialの64GB、128GBと使ってきたので、今回はINTELにしてみました。180GBか240GBで迷いましたが、結局240GBにしました。


交換の手順は次のようにしました。
(1)ディスクユーティリティでSSDをGUID、1パーティションにフォーマットします。
(2) Carbon Copy ClonerでHDをSSDにコピー。外付けハードディスクケースを使います。
このとき、ディスク修復をするようにメッセージが出ました。とりあえず修復して進めましたが、気持ちが悪いので、再度(1)のフォーマットからやり直しました。
Carbon Copy Clonerでコピーをすると、途中で隠しパーティションを作成して、リカバリー領域のコピーもしてくれます。
(3)コピーしたSSDから起動できることを確認します。
(4)ここで、HDをSSDに交換します。
(5)Mac mini本体だけで起動して確認します。
(6)Trim Enablerをダウンロード・インストールして実行します。
Trimサポートが『はい』になっていることを確認します。

電源ボタンを押してから、ログイン画面になるまで、22秒くらいです。起動・終了のときよりも、使っている途中の動きが素早くなりました。
参考までに、現在使っているWindowsでは39秒くらいですが、アニメーションなどを使っているので、こちらの方が起動時間が短いように見えます。

2012年9月15日 (土)

Mac mini Mountain LionでAppleJack

Applejack1
Applejack2
MackBookで使ってみて良さそうだったので、Mac mini Mountain LionにAppleJackをインストールしました。
ダウンロードした.dmgファイルをクリックして、表示された.mpkgファイルを右クリックして「開き」ます。
インストール ウインドウが表示されるので、「続ける」をクリックして、以下メッセージに従ってインストールを完了します。
 

実行開始して間もなく、『仮想メモリのディレクトリが違っている』という警告が出ましたが、「リターン キー」で実行できました。Mountain Lionには正式対応していないのかも知れません。

2012年9月14日 (金)

Mac 初めてのお仕事はメモリ交換など

Vc4465l
以前から、最近MacBookの動作が遅い、と言っていた人のMB403J/Aが「とうとう起動しなくなった」ということでお手伝いしました。電源を入れると、ブザーが3回鳴るのを繰り返し、起ち上がりません。メモリがおかしいらしいと言われていましたが、調べてみるとやはりそのようです。
2つあるメモリの内、左側だけにしてみると、起動しました。右側のメモリがダメなことがはっきりしたので、メモリを交換すれば動くようにはなるはずです。これまでは1GBx2だったのですが、2GBx2の4GBに交換することにしました。
メモリが届くまでに、出来ればMacをきれいにしておこうと考えたのですが、動作がものすごく遅いので、ほとんど何もできませんでした。

メモリを4GBにしたところ、少しは良くなったはずですが、まだかなり遅いです。そこでOnyXを使おうとしましたが、何故か実行できません。一方、SophosとCarbon Copy Clonerは、インストールして実行できました。仕方がないので、AppleJackをインストールして実行しました。
まだなんとなくすっきりしないのですが、とりあえずはこのまま使って頂くとして、Snow Leopardの再インストールをお勧めしようと思います。いくつか購入したソフトをお使いなので、これらが使えればLionにした方が良いかもしれません。

その他、ウィルス対応ソフトのインストールなど、一応できるだけのことをして、お渡ししたところ、『良い動きをするようになった』との評価でした。

2012年9月 9日 (日)

Mac mini HDからSSDへの交換で困ったこと

Vc4459l_edited1
Mac mini 500GB MC815J/A [2300]
のハードディスクを、SSDに交換しました。困ったのは次の2点でした。
(1)SDD
に交換後、電源を入れたところ、SSDを認識しない。
(2)
金属プレートが-ケースに当たって、両端のビスがとまらない。

MC815J/A
は、
1階と2階との間に仕切りがありません。その分SSDを入れるのは簡単でしたが、金属プレートをカバーに乗せて、ビスでSSDと固定してから「コネクタ」を接続しなかったので、コネクタが外れていました。
 
また、次のサイトの「養生テープ貼り」を使いました。
 
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000273077/SortID=13363550/ 

金属プレート(金網)については、円周部を上から押してはめようとしたのですがダメでした。次のサイトにヒントがあったので、ケースの円周の縁に沿って、金網のはじの穴に細いドライバを入れ、少し持ち上げるようにして金属プレートを外側に押すと、きっちりと はまりました。
http://hiroshism.com/2012/08/mac-mini-mid-2011-ssd.html

2012年9月 4日 (火)

Mac miniでMy Book Essentialを使うSmartWareはアンインストール

Mb2p

2012819日の記事で、My Book EssentialTime Machine用のハードディスクとして使っていると書きました。
最近ふと気がつくと、My Bookのパーティション方式が『マスター・ブート・レコード』になっていました。フォーマットするときに確認するのを忘れたようです。
そこで、『GUIDパーティションテーブル』で2パーティションに分けることにしました。当然、これまでのデータなどは消えてしまいます。

さらにこの際、SmartWareは使わないことにしました。Time Machine用に使うときは、SmartWareが無くても問題はありません。そこで、まずSmartWareをアンインストールしました。WD+TURBOは使った方が良いと思われるので、そのままにしてあります。(WD+TURBOのアンインストール方法は調べていません)


2012年9月 3日 (月)

Mac mini Mountain Lion外付けハードディスクにパーティションを追加

12
LionのときにTime Machine用に使っていた、320GBの外付けハードディスクがあります。ほんの短い期間しか使っていなかったので、まだ十分に空きがあります。もうLionに戻すことはないと思いますが、このLion Time Machineバックアップを、もう暫らく保存しておこうと思います。
そこで、1パーティションを2パーティションに分けて、第2パーティションサイズを240GBとしました。

『ディスクユーティリティ』で、パーティションを追加したいハードディスクを選び、「+」をクリックします。
追加するパーティションを選び、「名前」にパーティション名を入れ、「サイズ」に「240」と入力しました。「フォーマット」を確認して、「適用」をクリックします。『作成してもよろしいですか?』が表示されるので「パーティション」をクリックします。

2012年9月 1日 (土)

Mac mini 外付けのDVDドライブが使えることを確認

Vc4454l
バッファローの外付けDVDドライブDVSM-PN58U2V-WHをMac miniに接続しました。もちろんですが全く問題なく使えます。
DVDソフトを入れて接続すると『DVDのリージョン選択画面』になり、「2」を選び「ドライブのリージョンを設定」をクリック。『DVDプレーヤー』が起動して、全画面で再生が始まりました。
多分DVDからのブートもできると思いますが、必要になったときに実行してみましょう。

このDVDドライブは、光学ドライブ無しのWindowsパソコンで、ソフトのインストール用に用意したものです。2009年8月発売ですが、多分安くなった2010年以降に購入したものと思います。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »