« Mac mini Mountain LionでAppleJack | トップページ | Mac mini Mountain Lionで無線はかなり速い »

2012年9月16日 (日)

Mac mini HDをSSDに交換しました

Vc4456

2012年9月9日の記事で、Mac mini HDをSSDに交換するときの注意点について書きました。この2点を知っていれば、とても簡単に短時間で交換できたと思います。
使用したのは、INTELの330 SERIES 240GBです。これまでWindowsではCrusialの64GB、128GBと使ってきたので、今回はINTELにしてみました。180GBか240GBで迷いましたが、結局240GBにしました。


交換の手順は次のようにしました。
(1)ディスクユーティリティでSSDをGUID、1パーティションにフォーマットします。
(2) Carbon Copy ClonerでHDをSSDにコピー。外付けハードディスクケースを使います。
このとき、ディスク修復をするようにメッセージが出ました。とりあえず修復して進めましたが、気持ちが悪いので、再度(1)のフォーマットからやり直しました。
Carbon Copy Clonerでコピーをすると、途中で隠しパーティションを作成して、リカバリー領域のコピーもしてくれます。
(3)コピーしたSSDから起動できることを確認します。
(4)ここで、HDをSSDに交換します。
(5)Mac mini本体だけで起動して確認します。
(6)Trim Enablerをダウンロード・インストールして実行します。
Trimサポートが『はい』になっていることを確認します。

電源ボタンを押してから、ログイン画面になるまで、22秒くらいです。起動・終了のときよりも、使っている途中の動きが素早くなりました。
参考までに、現在使っているWindowsでは39秒くらいですが、アニメーションなどを使っているので、こちらの方が起動時間が短いように見えます。

« Mac mini Mountain LionでAppleJack | トップページ | Mac mini Mountain Lionで無線はかなり速い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36154/55662474

この記事へのトラックバック一覧です: Mac mini HDをSSDに交換しました:

« Mac mini Mountain LionでAppleJack | トップページ | Mac mini Mountain Lionで無線はかなり速い »