« Mac miniで Parallels Desktop 8 for Macを使ってWindows 7を実行する | トップページ | Parallels Desktop 8 for MacのWindows 8で印刷 »

2013年4月23日 (火)

Mac miniで Parallels Desktop 8 for Macを使ってWindows 8をインストール

Parawin8

418日の記事に書いたように、気が進まないのですがWindows 8が必要になりました。そこで、Parallels Desktop 8 for Macを使って、Mac miniWindows 864ビットDSP版をインストールしました。
Mac mini
の外付けDVDドライブからのインストールは、すんなりと終了です。途中でパソコン名の設定やMicrosoftアカウントを作ることもありませんでした。
『デスクトップ』でしか使うつもりはないので、まずは[デスクトップ]をクリックします。
参考までに、Parallels DesktopWindows 8を使うときは、シャットダウンをすることはできます。

続いて、次のようにしました。
・IEでgoogleをホームページにする
・セキュリティソフトESETのダウンロードとインストール
StartMenu8のダウンロードとインストール
⇒これでやっとスタートボタンができ、Windows 7と同じように使えます
・隠しファイル、拡張子を表示するように設定
⇒見えないと困ることがあるのです

ここで、メッセージが出ました。
Windows Updateを設定しろ⇒ハイハイ自動にします
Windows Smart Screenを有効化しろ⇒ハイハイ

インストールなどの続き
・パフォーマンスの評価
Windows Live メールのダウンロードとインストール
・その前に.NET Frameworkをインストールしろ⇒ハイハイ
・アカウント画像の変更―――ライセンス認証していないと変更させない⇒どうして?
・ライセンス認証


« Mac miniで Parallels Desktop 8 for Macを使ってWindows 7を実行する | トップページ | Parallels Desktop 8 for MacのWindows 8で印刷 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36154/57231543

この記事へのトラックバック一覧です: Mac miniで Parallels Desktop 8 for Macを使ってWindows 8をインストール:

« Mac miniで Parallels Desktop 8 for Macを使ってWindows 7を実行する | トップページ | Parallels Desktop 8 for MacのWindows 8で印刷 »