« VAIOハードディスクの交換とWindows 7の再インストール | トップページ | 安いWindows 7パソコンを買った友人がいました »

2013年5月 6日 (月)

Windows 8で古いソフトを使う

Gf0546

511日の記事で、Mountain LionWindows 8で古いプリンターを使う、について書きました。プリンターに限らず、新しいOSでこれまでの周辺機器を使うのは、対応したドライバーがあれば良いのです。対応したドライバーが無くても、LionWindows 7用のドライバーがあれば、あるいは使えていれば、Mountain LionWindows 8で使える可能性は大です。ソフトについても似たようなことは言えるのですが。

4
26日の記事でWindows 8で筆まめVer.21が動いたと書きました。こちらは、対応していないものです。
また、427日の記事で、ホームページ・ビルダー15が使えると書きました。こちらは、対応しています。
その他にも、Windows XPのときから使っているシェアウェアで、Windows 8でも使っているソフトがあります。このソフトが対応しているOSは、Windows XPMe20009895NTとなっていますが、Windows Vista7でも使っていました。ただし、Vista7ではHELPを表示するために、dllダウンロードの必要がありました。

ソフトの場合は、まずインストールできるかどうかです。次に動くかどうかです。ソフト作成側からすると、古いソフトが新しいOSで動く確認をするのは手間がかかりますし、新しいバージョンを販売するほうが、メリットは高いのです。実際に使えるかどうかは、ソフト作成側のさじ加減次第です。
対応していないとされているソフトでも、使えることがあるというのは、覚えておくと良いでしょう。


« VAIOハードディスクの交換とWindows 7の再インストール | トップページ | 安いWindows 7パソコンを買った友人がいました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36154/57324054

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 8で古いソフトを使う:

« VAIOハードディスクの交換とWindows 7の再インストール | トップページ | 安いWindows 7パソコンを買った友人がいました »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31