« Windows 7のInternet Explorer 10でやっと印刷できるようになった | トップページ | Start Menu 8 V1.3のインストールで、Windows 8.1をWindows 7やXPと同じ感覚で使える »

2013年10月22日 (火)

Mountain LionのParallels Desktop 8でWindows 8から8.1にした 結局、再びStart Menu 8のお世話に

Startmenu813_2

普段は、全くMetroを使わないのですが、例にしたがって[ストア]のクリックから始めました。
おかげで、ついにMSアカウントを作ることになりました。メールでの確認が2度ほどあって、やっとインストールが終わりました。かかった時間は45分程度だったでしょうか。

「スタートボタン」ができたということでしたが、使ってみると「なんだこれは」これまでのXP7とは違います。なぜこんなことをするのでしょうか、理解に苦しみます。
仕方がないので、またStart Menu 8をインストールしました。V1.3Windows 8.1に対応していると書いてありました。


« Windows 7のInternet Explorer 10でやっと印刷できるようになった | トップページ | Start Menu 8 V1.3のインストールで、Windows 8.1をWindows 7やXPと同じ感覚で使える »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36154/58435501

この記事へのトラックバック一覧です: Mountain LionのParallels Desktop 8でWindows 8から8.1にした 結局、再びStart Menu 8のお世話に:

« Windows 7のInternet Explorer 10でやっと印刷できるようになった | トップページ | Start Menu 8 V1.3のインストールで、Windows 8.1をWindows 7やXPと同じ感覚で使える »