« 1Password for Macが4.0になった | トップページ | Windows 7のInternet Explorer 10でやっと印刷できるようになった »

2013年10月15日 (火)

大容量ファイルを送る方法

Gigafile

最近の高画質デジカメで撮った写真は、JPEGでも1枚で5MB以上になります。RAWデータならば、10MB以上は普通です。動画の場合は軽く100MB500MB以上になります。これらのデータファイルをインターネット経由で相手に届けたいとき、メールでは容量制限のために、送ることができません。例えば、@niftyで送れるメールの最大容量は20MBです。

これらの大容量のファイルを届けるときは、「ファイル転送サービス」を使います。送り側がサービスのサイトに大容量ファイルをアップロードすると、URLアドレスが知らされるので、このURLアドレスを受け側にメールで知らせます。受け側は、このURLのサイトからアップロードされたファイルをダウンロードします。無料で使えるところがいくつかありますが、私が使ったことがあるのは、「firestorage」と「GigaFile便」です。
firestorage
では1ファイル250MBGigaFile便では1ファイル2GBまでのファイルを送ることができます。

これらの使い方についてはそのサイトに書いてありますが、無料で使えるということは広告などがとても多いので、余計なところをクリックして必要のないソフトをダウンロードしたりしない方が無難です。使うときは、アップロードだけ、またはダウンロードだけを心がけましょう。

また、Gmailで送れるのは25MBまでですが、Googleドライブを使うと、最大10GBまでのファイルを送れるそうです。

« 1Password for Macが4.0になった | トップページ | Windows 7のInternet Explorer 10でやっと印刷できるようになった »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36154/58390623

この記事へのトラックバック一覧です: 大容量ファイルを送る方法:

« 1Password for Macが4.0になった | トップページ | Windows 7のInternet Explorer 10でやっと印刷できるようになった »