« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月28日 (水)

親戚の人がMacBook Airを購入、セットアップなどを頼まれました

Macbook_air
新宿の量販店に一緒に行き、MacBook Airを購入しました。家に帰ってから

・セットアップ

・Apple IDの作成

・メールの設定

までを一緒に行ない、後は3日ほどお預かりして、いくつかの設定やアプリケーションのインストールをゆっくりと行ないました。

セットアップのときにApple IDを取得したつもりでしたが、うまくできていなかったようで、やり直しになりました。前回もうまく行かなかった記憶があります。

セットアップの後で取得した方が無難そうです。



その後、実施した主な内容

・ソフトウェアアップデート

・トラックパッドの設定など

・Firefoxのインストール

・Onyxのインストール

・ESETの購入、インストール、アクティベーション

・AppCleanerのインストール

・1 Passwordの購入、インストール



・Dock、Finderの設定など

・Safariの標準フォントをゴシックに変更


途中で、メール内に「ゴミ箱」が無いことに気づきました。これは、OnyXを実行したら出てきました。

ESETのアクティベーションでは、データベースのアップデートに大変時間がかかりました。



2014年5月26日 (月)

WiFiレンタル

Wifi

親戚の人から、急に1か月半ほど自宅でインターネットを使う必要ができたと、相談されました。もちろん、光ファイバーでプロバイダー契約をすれば良いのですが、次のような事情があるそうです。

・できるだけ早く使い始めたい
1か月半ほど使うだけで、その後は解約したい
調べてみると、WiFiレンタル屋さんが見つかり、とにかく急ぐと言うので、すぐに申し込みをしました。

金曜日の夜に申し込み、機器は日曜日の午前中に着きました。手持ちのWindowsネットブックを接続できるようにして、一緒に1か月半貸すことにしました。契約は、WiMAX2か月間です。
最低2日間のレンタルから3か月パックまであり、すぐに使えるのは便利です。


2014年5月15日 (木)

Kindle Paperwhiteのソフトウェアがアップデートされました

Kindle_users_guide_2_2

本日Kindleを見てみると、「お客様のKindle が更新されました」というレターが入っていました。
改良点は、
・より快適なPDF表示
・クラウドコレクション機能の強化
とあります。
購入時は、PDFファイルはとても読みづらかったのですが、最近はかなり良くなってきていました。もっと良くなるのは歓迎です。クラウドコレクション機能の方は未確認です。

Kindleユーザーズガイド第2版』をダウンロードできるということで、クラウドを見ると出てきたので、端末にダウンロードしました。これから読もうと思います。

2014年5月13日 (火)

朝日新聞の記事「ネットバンク不正 深刻」を読んで

2013年9月21日の記事にも、似たようなことを書きました。
大切なのは「どうすれば防げるのか」だと思いますが、記事内の図には次のように書いてあります。

被害を防ぐには(全銀協が呼びかけている対策)
・最新の基本ソフト(OS)やセキュリティー対策ソフトを導入
・PWを毎月変更
・送金限度額をできるだけ低く設定
この内、三番目の対策では被害を防げないのは明らかです。
二番目についても、偽サイトに誘導されているとしたら、効果はなさそうです。

前回の記事で書いた
・銀行側はワンタイムパスワードなどを用意する
については、今回これを使ったのに被害があったためでしょうか、対策から消えたようです。

前回の記事にはっきりしないと書いた疑問の内、
・最近は、被害にあった銀行名は公表されるようになりました
依然としてうやむやなのは、被害にあったパソコンについてです。
・パソコンのOSは何で、それは最新の状態にしてあったのでしようか(これは公表できると思う)
・セキュリティソフトは使っていたのか、もし使っていたのに被害があったならば、それはどのソフトか(これは公表すべきだと思う)
もしOSがすべて最新で、セキュリティソフトが使われていたとしたら、これらは対策にはならないと思います。

これまでの経緯を個人的に推測すると、次のようなことではないかと思われます。
・偽メールに騙されて、パスワードおよび乱数表を知らせてしまった。
これは、自分から進んで教えるのですから、基本的には防げないように思えます。自分から取引を始めるとき以外は、パスワードなどを入力することはありえないこと、を徹底するしかないでしょう。これについては、最近しつこく実施されています。
・偽メール対策ではダメになってきたので、偽サイトへ誘導する、いわゆるウイルスを仕込む手口が使われるようになった。
これは、全てのOSで最新にしてさえあれば、そして、どのセキュリティソフトを使っていても、防げるのでしょうか。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »