« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月19日 (水)

OS X El Capitan Public Beta.appを削除して再ダウンロード

エル・カピタンのパブリックベータは、7月10日に開始の連絡メールが来ていたのですが、1ヶ月以上何もしないでいました。やっとインストールしようとして、ダウンロード開始が分かりにくかったので、いじっていたら、また「このコードは使用済です」が出ました。2014年7月31日Yosemiteの記事と同じです。よく見ると、今回はダウンロード中でした。
インストールを開始するとエラーになったので、AppCleanerを使って削除し、再度ダウンロードしてインストールしました。
Msg
バージョン2、バージョン3とアップデートしてやっと落ち着きました。
当然ですが、メールソフトを実行すると、@niftyメールサーバーからメールを持ってくるので、注意が必要です。
昨年は、Mac miniの外付けハードディスクにインストールしましたが、今年は使用中のシステムSSDに、直接インストールしました。

2015年8月18日 (火)

シルバー世代のパソコン買い替えはiMacがおすすめ

Imac21
先日、70才前後の友人2人と話していたら、2人ともWindows Vistaを使っているそうです。発売から8年になるので、そろそろ買い替えの時期だと思われます。幸いMicrosoftが宣伝しているWindows 10には、アップグレードできません。
私の身近では90才過ぎでパソコンを使っている人が2人います。70才前後ならば、少なくともあと10年はパソコンを使うと思います。

これまで知人がパソコンを買い替えるときは、Macを勧めてきました。最近Macに買い替えた60代、70代の人の例から、デスクトップのiMac 21.5インチ基本モデルが一番良いようです。ディスプレイ一体型モデルで、画面はかなり大きく、ハードディスクモデルなので、これまでのパソコンと同じ感覚で使えます。
もちろん、持ち歩くことが多いようならばMacノートが良いと思います。また、写真やビデオが趣味の人はiMacの上級モデルが良いと思います。しかし、Windows Vistaを使っている人ならば、iMac基本モデルで十分です。

WindowsからMacへ乗り換えるのは、大変ではないかと考えている人が、まだ居るかも知れませんが、Windows 8への乗り換えより楽かも知れません。
http://leo-cat.cute.coocan.jp/

Macには低価格モデルがないのですが、Windowsパソコンも最近は高価格なものが多いようです。デスクトップパソコンではiMac 21.5インチ基本モデルは、同じようなWindowsパソコンと比べても価格性能比が優れていると思います。

個人的には、Appleは儲け過ぎなので、もう少し安くしても良いのではないかと思います。しかし、これまでのMicrosoftの儲け過ぎ、高過ぎと比べると、可愛いものなのかも知れません。







2015年8月12日 (水)

iMac Photoshop Elementsで LINE スタンプをスマートに作る相談

3
2014年9月12日の記事で書いた、WindowsからiMacに買い替えた友人から連絡がありました。Photoshop Elements 11でLINEスタンプを作成しているが、相談したいことがある、ということで訪問してきました。


前回、Numbersの使い方でおじゃましたのが3月なので、まずTime Machineのバックアップを確認しました。外付けHDの電源が切れていたので、接続して確認してみると、6月中旬以降のバックアップがありません。また、Macintosh HDのはずのドライブ名が、おかしな名前に変わっています。

そこで、ハードディスク名をMacintosh HDに直して、Time Machineが動くようにしました。
その後、余った時間で、OnyXをインストールして自動処理メンテナンスを実行しました。

さて、本題のLINE スタンプについてですが、この友人は絵やデザインの心得があり、これまでにも自分で描いたイラストをスキャナで読み込んでPSEで加工をしていました。
伺ってみると、LINEスタンプ用のイラストが、色を付けテキストと合成されたpngファイルが数十個も作成されていました。

そして、相談内容は、「画像サイズの変更」、「透過処理」などについてでした。

以下、オススメの処理などについて順不同でメモとして残しておきます。
・処理の途中結果は、全てPhotoshop形式 .psdファイルとして保存する。
・スタンプの大きさは全て320x320 pixelの正方形で良いのではないか。
・その場合、まず600x600のカンバス上でイラストを作成する。
ーーー処理を進めるとき、300x300では小さすぎるので、縦横2倍で処理する。
・イラストができたら、イメージ→サイズ変更→カンバスサイズ、で640x640として周りに20 pixelの透明な部分を付ける。
・ファイル→Web用に保存→PNG-24を選び、変更後のサイズを320x320として保存する。
ーーーイラストが完成して、pngに変換するこの段階で、目的のサイズにする。
・今回のイラスト手描き原紙はハガキ大で、スキャンするときは線の太さなどから150dpi程度が良さそうだ。

2015年8月11日 (火)

また一人、シルバーの友人がWindowsからMacに買い替え

640
7月末バタバタしているところに、8月初めからの猛暑。記事にするのが、すっかり遅れていましたが、7月15日にMac仲間がまた一人増えました。

以前からWindowsパソコンのお世話をしている友人が、遂にiMacに買い換えました。
これまで使っていたのは、2010年1月12日の記事で書いたAcerのデスクトップパソコン、2012年12月11日の記事ではWindows 7を再インストールしています。最近、また調子が悪くなっていました。ハードソフト共に、Windowsパソコンに対する不満がたまっていました。

購入したのは、21.5インチiMacの基本モデル、2014年9月12日の記事で書いた友人と同じモデルです。トラックパッドのモデルを勧めたのですが、なぜかマウスもありました。即納の店頭モデルはマウス付属だけなので、どうやらトラックパッドを別途購入したようです。

セットアップ終了後、Firefox および Office for Mac 2011 DVD版をインストールしました。また、これまで使っていた2TBの外付けHDをTime Machineとして使えるようにしました。
Word、Excel、PowerPointで作成したファイルが多くあり、これは今後も編集することがあるということでした。WindowsパソコンではInternet Explorerを使わないで、Firefoxを主に使っていたので、とりあえずはiMacでもFirefox主体に使うということでした。
メールは、これまでWebベースで使っていたので、とりあえずは同じように使ってみるそうです。

この友人も70才を過ぎていますが、これまでWindowsパソコンを使っていたので、セットアップ終了後、3時間程度の説明で、Macを一通り使えるようになりました。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »