« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月23日 (火)

Macのホームページ作成アプリRapidWeaver 6を使ってみました (2)

今日は、SandvoxとRapidweaverとの違いについて書きたいと思います。

Sandvox
日本語の資料はほとんどありませんが。メニューやツールバーは日本語化されています。また、各ツールには日本語の説明が付いているので、かなり使いやすいと思います。
ブログを作成している人や、ワープロソフトは使える人が、簡単にホームページを作成・公開するときに使うのが良いと思います。
Sandvoxでは、ページを作成するときに、テキストとイメージのレイアウト見ながら作成して行き、それがそのままページとして作成されます。
つまり、PagesやWordなどのワープロソフトで文書を作るのと同じ感覚で、Webページを作成することができます。
HTMLの知識はほとんど必要がありません。
フォントや文字の大きさの選択も、ワープロと同じ感覚です。

RapidWeaver 6 (KONITANとパソコン(Mac))

日本語の資料はほとんどありません。もともと日本語には対応していませんが、メニューを日本語に置き換える「日本語化ファイル」が提供されています。
(現在はお休み中のようです)
こちらも、HTMLの知識がほとんどなくても使うことができますが、HTMLの知識がある人が手を加えて使うのに向いていると思います。カスタマイズしやすいように色々と工夫されています。
典型的なホームページ作成ソフトで、編集画面でページを作成して、プレビューでレイアウトを確認します。
もちろんフォントは選べますが、単体ではワープロソフトの選び方とは違いますし、文字の大きさは、「大きく」、「小さく」で変更します。

2016年2月18日 (木)

Macのホームページ作成アプリRapidWeaver 6を使ってみました (1)

2014年3月3日、20日の記事で「MacのためのWebサイト作成アプリSandvoxを使ってみました」と書きました。
今回「MacのためのWebサイト作成アプリRapidWeaver 6」を若干安く入手できるチャンスがあったので、購入して使ってみました」。
まだ使い始めたばかりですが、続きの記事を書きたいと考えています。

Sandvoxで作成したWebサイト「KONITANとパソコン(Mac)」
http://leo-cat.g.dgdg.jp/
の内、とりあえず幾つかのページをRapidWeaver 6で作成してみました。
このサイトは期間限定です。
http://homepage3.nifty.com/leo-cat/
このようなサイトであれば、RapidWeaver 6本体だけで作成できることが分かりました。ただし、この程度のサイトを作るのには、高機能過ぎるソフトのようです。

RapidWeaverで作成したWebサイト「KONITANとパソコン(Mac)
RapidWeaverもSandvoxと同じように、日本語の資料がほとんどありません。
私は、次のサイトを参考にさせていただきました。
http://rapidweaverfan.net
http://my-rapidweaver.com
http://polo.m3.coreserver.jp/polo2009.com/RapidWeaver/
http://nochara.angelfire.com/page1/files/manual.pdf
http://matomerge.com/creating-website-using-rapidweaver-for-mac/

2016年2月15日 (月)

ESETファミリーをパッケージ版で更新する

Eset
2015年6月25日の記事で書いたように、これまで10年以上も使っていたNortonをやめて、ESETに切り替えています。

ESETファミリーの5台3年間のライセンスが今月切れるので、更新のご案内メールが来ていました。
キヤノンITソリューションの『次年度更新のご案内』で確認すると、「オンライン更新」の他に「パッケージ版での更新」もあり、アマゾンで『パッケージ版を購入する』場合の『更新手順はこちら』があります。
Nortonでは、パッケージ版を使うと新規登録となり、継続更新はオンライン購入でないとダメなのですが、ESETはパッケージ版でも更新OKです。
皆様ご存知のように、パッケージ版の方がオンライン購入よりも安く購入できるチャンスが多いのです。

更新手順は、サイト『更新手続きについて「ESET ッファミリー セキュリティ』に、とても詳しく書いてあります。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »