« Amazon Fire HD 8 タブレット 16GB | トップページ | Mac 同じブラウザを複数個起動する »

2017年1月17日 (火)

WZR-900DHPとWZR−600DHP2のファームウェアを更新

2013年12月2日の記事に書いたように、BUFFALO WZR-900DHPを無線LAN親機、WZR−600DHP2を中継機として使っています。最近、無線の調子が良くないことがある、ような気がしていたので、調べてみると新しいファームウェアが公開されていました。2016年5月26日の公開です。

不具合の修正内容とは関係ないようですが、ファームウェアアップデートを行ないました。

WZR-900DHP
エアステーション設定ツールを使って、[自動更新]を実行してもダメだったので、[ファームウェアのダウンロードサービス]、からファームウェアをダウンロードしました。

ダウンロードしたファイルを実行すると、WindowsではCドライブのBUFFALOフォルダに、ファームウェアファイルができます。

[ローカルファイル指定]→[参照]「ファームウェアファイル名」を入力して、[更新実行]をクリックします。

WZR−600DHP2
LANケーブルで接続して更新しようとしたのですが、動作が異常に遅いので、リセットで初期化してから実行しました。

その後、中継機としての設定も「エアステーション設定ツール」で行ないました。中継機設定は、WZR−600DHP2を「中継機モード」にしておかないとダメなことに気づかず、時間がかかりました。

« Amazon Fire HD 8 タブレット 16GB | トップページ | Mac 同じブラウザを複数個起動する »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36154/64773928

この記事へのトラックバック一覧です: WZR-900DHPとWZR−600DHP2のファームウェアを更新:

« Amazon Fire HD 8 タブレット 16GB | トップページ | Mac 同じブラウザを複数個起動する »