« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月24日 (金)

デジカメEOS Kiss Digitalの買い替え

デジカメの買い替えを相談されました。
暫らくカメラで写真を撮ることも少なかったのですが、またデジカメで写真を撮りたいということです。
その人がこれまで使っていたカメラはEOS Kiss Digital、その前はPowerShotを使っていました。
撮影目的は、特別に素晴らしい写真を撮るほどではないようです。しかし、デジタル一眼カメラを使っていたので、画質はそこそこ良いものが希望のようです。EOS Kiss Digitalで撮った写真は、今でもかなり綺麗だと思います。
EOS Kiss Digital
2004年の発売です。フィルムカメラと違ってデジカメは電気製品なので、商品寿命は7年間くらいでしょうか。

私は、特にカメラマニアではありませんが、中学生のときから父のアサヒペンタックスを使っていました。その後、ニコンやキヤノンの一眼レフカメラも使いました。デジカメ時代になってからは、IXYPowerShotG7G9S95、現在はG15、およびミラーレスのEOS Mを使っています。

買い替え候補として、まず挙げられるのがデジタル一眼カメラです。カメラの大きさや重さに抵抗が無ければ、画質は十分すぎ、レンズが魅力的です。
お勧めは、20133月発売、一眼レフとしては小さく軽量の標準機種EOS Kiss X7です。

次に考えられるのが、ミラーレス一眼です。
画質は良いですが、ズームレンズを付けるとかなりかさばるし、軽くは無いです。
お勧めは、201510月発売の標準機種EOS M10 です。

一番良いと思われるのは、高級コンデジです。理由は、家庭内、散歩、旅行などでの、スナップ写真が主になると思われるので、とにかく機動性第一だと思います。お勧めは、2017323日発売のPowerShot G9 X MarkⅡです。旧機種の9 Xでも良いでしょう。
昨日実機を見てきましたが、S95より2mm弱厚いですが、一回り小さいです。これならば胸ポケットに入れられるでしょう。画質やその他の性能はG15以上でしょうし、Wi-Fi機能も有ります。

2017年2月16日 (木)

WindowsパソコンだけでFire HD 8にGooglePlayアプリをインストール

この記事は、「Kindle FireタブレットでGooglePlayアプリを使う方法」を参考にさせていただきました。

このサイトでは、他のAndroid端末を使う説明でしたが、私はAndroid端末を持っていません。

Windows上のAndroidエミュレータでもできるのではないかと考え、BlueStacksを使って実行してみました。いくつかのアプリをインストールすることができました。



・BlueStacksをインストールして、使えるようにします。

・ESファイルエクスプローラーをインストールします。

・HD 8にインストールしたいアプリのバックアップ作成は、「アプリのバックアップ、ESファイルエクスプローラーV3.2.1」を参考にしました。

・「backups」「apps」フォルダからWindowsフォルダへの移動は、File Commanderを使いました。
「apps」フォルダを開き、[apkを長押し]→[右上の3点から移動を選び]→移動先をWindowsにします。

移動すると、ファイル名が文字化けしたので、修正をしました。

2017年2月14日 (火)

MacとFire HD 8 をUSB接続してファイル転送する

多くのサイトに書かれているので今更ですが、確認して実行したことを忘れないように記事にしておきます。

MacにデジカメをUSB接続したときは、イメージキャプチャが必要です。同じようにMacをHD 8に接続しただけでは、使うことができません。
Android_ft

アプリAndroid File Transferをインストールします。

MacとUSB接続してAndroid File Transferを起動すると、HD 8の内部ストレージなどが見えるようになります。

ここで、転送するファイルなどをドラッグなどして、ファイルを転送できます。

2017年2月12日 (日)

Fire HD 8 のリセットで Wi-Fi と辞書の不具合が解消した

2017年2月9日の記事で、radikoやNHKラジオでWi-Fiが切れる件が、改善されたようだと書きました。3日間使ってみましたが、その後一度も切れていません。
これまでは、数十分おきに切れるので、その度に電源の入れ直しなどが必要でした。

また、辞書検索の件は、次のようにすると辞書がインストールされて、説明や翻訳が表示されるようになります。

例えば、漢字の単語を選択すると辞書の選び方が出るので、日本語ー日本語、日本語ー英語などを選びます。

ただし、リセットすると、購入アプリの再インストールや、一部の再設定が必要になります。
また、私の場合はSDカードを初期化したためか、Kindle本やMusicの再ダウンロードなども必要になりました。

OnyX 3.2.3 が公開されていました

Onyx323

2017年2月 9日 (木)

Fire HD 8を工場出荷時の設定にリセットしてみた

201719日の記事で、HD 8を購入したと書きました。
その後、Google Playストアのアプリをいくつかインストールしていましたが、使い方も決まってきて、Google Playアプリは無くても大丈夫なことが分かりました。
また、不具合に感じることの解決を期待して、工場出荷時の設定にリセットしました。
リセット自体は特に難しいことはなく、終了後アプリインストールや
設定をやり直しました。

不具合と感じていたのは、次の点です。
radikoおよびNHKラジオで、Wi-Fi接続が頻繁に切れる。
・日本語の辞書検索ができない。これはmicroSDカードにKindle本を移動したときからです。

リセットなどの操作手順
1.SDカードの消去
消去しなくても良いのかもしれませんが、日本語辞書検索の問題があるので消去しました。
ダウンロードした音楽、映画、本も、まだあまり多くはありませんでした。
2.Google Playなどのアンインストール
あとで分かったのですが、Amazon以外からインストールしたアプリは復元されないようです。
多分バックアップされていないのだと思います。
3.工場出荷時の設定にリセット
10分と出ました。その位だったと思います。
4.再起動後
言語で日本語を選択、Wi-Fi接続のパスワード入力、Fireの登録。
5.復元
クラウドへのバックアップは設定していたので、復元を選びました。
その後ダウンロードがなかなか終わらないので、バックグランドでダウンロードを選び、続行しました。
6.アプリの再インストール
Amazon
の購入履歴をみながらアプリを検索すると、ダウンロードできます。
7.その他
画面左上の端末名は、変更されたままでした。
ロック画面のキャンペーン情報は非表示にし直しました。
Amazon
ミュージックで、もたつくところがありましたが、その後自然に治りました。

リセット(再インストール)の結果として、
・辞書検索の件は解決しました。
radikoなどでWiFiが切れる件は、今のところ改善されたようですが、暫らく使ってみないと分かりません。

2017年2月 6日 (月)

Numbersで合計を求める

Photo
合計を表示したいセルを選択→ツールバーの[fx]をクリックして[合計]を選びます。

セルの範囲を変更したいときは、合計結果セルをダブルクリックして、セルの範囲の隅の色のついたドットをドラッグします。

表の中央部では、次の手順の方がやり易いと思います。

合計したいセルの範囲を選択→ツールバーの[fx]をクリックして[合計]を選びます。

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »