« Windows 10のパソコン画面は汚い | トップページ | 自作6号機:マザーボード Fatal1ty Z370 Gaming ITX/ac »

2018年8月 1日 (水)

自作6号機:PC-Q21ケースで、再度組み立て

P3194
自作パソコンの組み立ては、Micro-ATXのマザーボードを使えるPCケースであれば、余裕を持って組み立てることができます。組み立てはあまり難しいことではないので、よほどのことがなければ失敗することはないと思います。



ただし、Mini-ITXマザーボードを使って小型のケースで組み立てるときは、注意が必要です。小型のケースでは、部品を取り付ける順番をよく考えて組み立てる必要があります。

今回のPC-Q21では、次のような順序で組み立てました。
・マザーボードにCPUを取り付ける。
・CPUクーラーを取り付ける。ファンケーブルもピンに差し込みます。
 「CRYORIG C7」は、上から見ると正方形ではなく長方形になっています。向きによっては、メモリーを取り付けられなくなります。また、バックプレートは使わずに、スペーサーとナットで固定しました。

・メモリーを取り付けます。

・マザーボードの裏にSSDを取り付けます。

・ケースFANを取り付けます。ファンケーブルは付属の延長ケーブルをマザーボードのピンに差しました。

・この時点で、ケーススピーカーや、パワースイッチ、LEDのケーブルを差し込みます。
 あとからだと、ピンセットを使う必要があるかもしれませんし、時間がかかります。
 電源ケーブルは、先にマザーボードに接続すると、マザーボードの取り付けがしにくいので、後で差し込むのが良いと思います。

・マザーボードを取り付けます。
 バックパネルは、意外に取り付けにくいので、注意します。

・マザーボードに電源ケーブルを取り付けます。

・USB3ケーブルを取り付けます。

・SATAケーブルをマザーボードに接続します。

・電源をケースに固定します。

・すべての電源ケーブルを電源に差し込みます。


PC-Q21では、両側の側板を取り外せるので便利です。側板は、上下を逆さまにすると、左右を入れ替えることができます。

« Windows 10のパソコン画面は汚い | トップページ | 自作6号機:マザーボード Fatal1ty Z370 Gaming ITX/ac »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36154/67008611

この記事へのトラックバック一覧です: 自作6号機:PC-Q21ケースで、再度組み立て:

« Windows 10のパソコン画面は汚い | トップページ | 自作6号機:マザーボード Fatal1ty Z370 Gaming ITX/ac »