2007年11月 8日 (木)

Windows Vistaは売れているのか その後(1週間のデータでは)

Os071107 データの数が2以下のもの(一つあるいは二つ)はカットしてあります。

2007年11月 7日 (水)

ディスプレイの解像度(1週間のデータでは)

Col071107 この1週間は訪問者が少し多かったので、再びディスプレイ解像度のデータを見てみました。96%以上の人は1回だけの訪問なので、比較的に良いデータだと思います。データの数が2以下のもの(一つあるいは二つ)はカットしてあります。 

4位以下は、111日のデータと比べて、微妙に順序が入れ替わっています。

2007年11月 4日 (日)

ブラウザ

Br071101 同じく111日のデータです。

Internet Explorerが断然1位で 68%というのはうなずけますが、
Firefox
20%位というのには、少しびっくりです。
また、当然ですがNetscape
は、ほとんどなくなってきたようです。

カブドットコム証券も11月下旬からやっと、Firefox2をサーポートするようです。そのためか、最近2度ほどフラッシュが動かなくなった日がありましたが、私のところだけだったのでしょうか???

2007年11月 3日 (土)

Windows Vistaは売れているのか その後

Os071101 2007417日の記事で、Windows Vistaが売れているような記事を書き、その後823日の記事で訂正しました。

111日のデータで見てみると
Windows XP
パソコンからのアクセスは 67.0%

Windows Vista パソコンからのアクセスは 22.3%となっています。

Windowsの記事がほとんどなので、Macが少ないのは当然だと思います。何日か分のデータを見ても全体の内でVista22%前後です。したがって、使われているWindowsパソコンの内の5台に1台以上がWindows Vistaになっていると思われます。

このデータにはありませんが、未だにWindows 95Windows Meも時々顔を出します。

2007年11月 2日 (金)

ディスプレイの解像度

Col071101 2007417日の記事で、ノートパソコンディスプレイの解像度について書きました。昨日111日は訪問者が少し多かったので、ディスプレイ解像度のデータを見てみました。 

1024x768 が1位。23年前までの主流なので、多いのは当然です。

2位は1280x1024。これは、ほとんどがデスクトップだろうと思います。

3位は1280x800。これは、ほとんどが比較的に新しいノートでしょう。

4位以下、より解像度の高いディスプレイも意外に多いですね。

2007年10月29日 (月)

Windows Vista ノートパソコン こんなに動作が遅い機種があったんだ その後

Akinomi 1012日に、遅いノートパソコンについての記事を書きました。
その後の対応については、知人にお任せしたのですが、結果の報告がありました。
1.ウイルスバスター2007?を購入されていました。
2、メモリーの増設はしませんでした。

1.については、Norton Internet Security 2008の購入をお勧めしたのですが、何故か、ウイルスバスターを購入されていたとのことです。したって、数分で済むはずの作業の代わりに、再度アンインストール、インストール、アップデート、スキャンなどを行なったようです。

私が、Norton Internet Security 2008の購入を勧めた理由は、次の二つです。

l 2007と比べて、反応速度が22%、クイックスキャンが39%高速化、メモリ使用量は69%減少、完全スキャンは12%高速化などと発表されていました。また、私も使ってみて早くなった実感がありました。

l Norton Internet Security 2008をインストール後、2時間かけてアップデートおよび完全スキャンなどを行なったので、あとは数分かかるプロダクトキー入力だけで、当分使える状況になっていた。

2.については、1GBまたは512MBの増設をお勧めしたのですが、お店の人に1GBの話をしたところ、「512MB+1GBはバランスが悪い。1GB+1GBが良く、それには2万円かかる」と言われて、断念したそうです。お店の人は、デュアルチャネルのことを気にしたのでしょうが、それならば512MB+512MBを勧めてほしかったと思います。

1GBまたは512MBのメモリ増設をお勧めした理由は、次のとおりです。

l 「1GBのメモリを増設したところ、とても速くなった」と言う口コミがありました。ただしこの方は、1GBのメモリを4,000円を切る価格で購入したとのことです。デスクトップ用のメモリを増設するのでなければ、この価格でノート用の新品1GBメモリを購入するのは、大変難しいと思うのですが。

l デュアルチャネルの効果については、条件によって一概には言えないようですが、「あまり効果がない」とか、「デュアルチャネルよりも容量の多い方が効果がある」という意見があります。

2007年10月12日 (金)

Windows Vista ノートパソコン こんなに動作が遅い機種があったんだ

Karasuuri 今年5月の連休前に購入したWindows Vista ノートパソコンが、「とても動作が遅いので見てほしい」と言われたので確認をしてみました。
機種は、NEC LaVie LL370/HDWindows Vista Basic)でしたが、本当に遅いです。例えば、キーボードを押してもすぐには文字が現れませんし、変換キーを押すと暫く考えてから変換します。
あまりに遅いので、購入店に持っていったところ、「こんなものです」「しばらく使えば早くなります」と言われたそうです。

とりあえずは、ウィルスバスターの使用期限が切れていたので、Norton Internet Security 2008体験版をインストールしてから、2時間ほど延々とWindows Updateなどを行ないました。その後ざっと見たところでは、特に問題はなさそうなので、元々こういう性能なのでしょう。

Webで調べてみると、メモリー512MBを+1GB増設したら早くなったという記事がありました。(実施していない、書いただけの記事のようですが)
購入後5カ月経っているので、交換・返品は難しいと思いますので、増設メモリーの購入および、Norton Internet Security 2008の購入をお勧めしました。果たしてどの位早くなるでしょうか。

ところで、今日は秋葉原の「ヨドバシカメラ」をのぞいてみたところ、パソコンの秋冬モデルが大体出揃っていました。気がついたのは、国産メーカーのものにはWindows Vista Basicモデルがないことです。
今年の春に、Windows Vista Basicならばメモリーが512MBで、Celeronでも大丈夫と思って発売したところ、評判が悪かったということではないでしょうね。

10月29日に続きの記事があります。

2007年8月 3日 (金)

ADSLはダメか?

知人が、最近ADSL3Mタイプから、50Mタイプに契約変更しました。当然かなり速くなることを期待したのですが、実効で4Mbps強の速度しか出ないそうです。

念のためにプロバイダーに確認して、モデムで通信速度を見ると、5Mbps位でつながっていたそうです。「局から3Km程度離れていて、ノイズもあるので、速度はそんなものです」と言われたそうです。

動画を見るとカクカクになって、見られたものではないそうです。やはり光にするしかないようです。

2007年7月 4日 (水)

@niftyが用意している迷惑メール対策を利用する

迷惑メール、最近は本当に多いです。迷惑メールを出す方も、差出人メールアドレスを毎回変えるので、差出人メールアドレスなどでは、ブロックをすることができません。

私は、プロバイダーが@niftyなので、迷惑メールを判定して「迷惑メールフォルダー」に振り分ける機能を、無料で使うことができます。
このような機能は、So-netでも無料ですが、OCNでは有料のようです。

「迷惑メールフォルダー」に振り分けられたメールは、パソコンで受信することもできますが、一般的には「受信しない」を選ぶのが良いと思います。注意しなくてはいけないのは、間違って迷惑メールとされたメールでも、標準で7日経つと消されてしまうので、週に1度は「迷惑メールフォルダー」を確認した方が良いでしょう。
設定はWebメールで行ないます。設定の説明は旧Webメールで書いてあるようなので、少しわかりにくいですが、オプションの『迷惑メールフィルター』から設定できます。

また途中で気がついたのですが、@niftyの通常のメールボックス容量が、5GB5120MB)に、保存期間は無制限に、改良されていました。調べてみたら、5月の連休明けからでした。
5GB
になったので、主にOutlook Expressで使う場合は、
「サーバーにメッセージを置く」が良いのかもしれませんが、使い方に工夫が要りそうですね。

2007年5月 1日 (火)

Windows XPのプリンター共有は、ワークグループが異なっても可能?

私が3ヶ月に1度ほどお手伝いしている、パソコン教室でのことです。ここでは、Windows XP ProfessionalのパソコンをLANで使っています。元々は、私が設定したネットワークで、全てのパソコンを同一ワークグループ名にしてありました。使用方法は、主にプリンター共有だけで、ファイル共有はほとんど使われていません。1ヶ月ほど前から、突然にネットワーク経由の印刷ができなくなったそうです。その後、印刷はできるようになったそうですが、先日教室に行く機会があったので、確認をしてみました。

確認してみると、なんと2つのワークグループができていました。そこで、異なるワークグループのパソコンに接続された、共有プリンターで印刷してみたところ、印刷することができました。

プリンター共有については、これまで、周辺機器メーカーの『ワークグループ名はどのパソコンも統一しておく必要があります』という記述を信じていたのですが、必ずしもそうではないようです。
Windows Vista
についての記述なのですが、マイクロソフト社は次のように書いています。『ホームネットワーク上のすべてのコンピュータを同じワークグループ名で構成することを強くお勧めします。・・・』

我が家では、NetHawk EP100プリントサーバーを使っているので、全く関係ないのですが、少し気になったので書いてみました。
このNetHawk EP100は、通常の共有とは少し違った方式をとっているのでしょうか、WP100/EP100ユーティリティ-を使わないと、設定ができませんでした。

より以前の記事一覧